日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋はるみ特集

高橋知事と恫喝したスタッフ

当選後に恫喝…高橋はるみ知事スタッフは“チンピラ”顔負け


脱原発派の野党共闘候補との一騎打ちとなり、35万票差で4選を果たした北海道の高橋はるみ知事(61)。13日、知事公邸で報道陣に囲まれると「今まで以上に気を引き締めて道政運営に当たりたい」と笑顔を浮かべていたが、激戦のウラでチョットした騒動が起きていた。 道知事選を取材していたジャーナリストの横田一氏がこう憤る。 「告示日には札幌市内の高橋陣営の選挙事務所で取材できたのに、私が高橋知事に質問したり…

大阪で大苦戦の公明党・山口代表

統一地方選 “最大の波乱”は常勝関西で6人落選危機の公明党


「北海道知事選も現職の高橋はるみ知事が圧勝かと思ったら、とんでもなかった。北海道新聞の世論調査で最初は15ポイント差だったのが10ポイント差まで追い詰められた。北海道のみのもんたこと、フリーキャスターの佐藤のりゆき氏が追い上げている。そこにもってきて、内閣府が地元紙に地方創生フォーラムの広告を出して、そこに高橋はるみ知事が実名コメント付きで登場したものだから、野党が『選挙中におかしい』と追及す…

節操なし

娘と共に“自民合流” 鈴木宗男氏の狙いは「北海道知事」


しかも、現職で4期目の高橋はるみ氏は引退が濃厚で、チャンスなんです」(自民党関係者) しかし、北海道の有権者は宗男氏の行動を認めるのだろうか。…

前滋賀県知事と会談した佐藤のりゆき氏(左)と現職・高橋はるみ氏/

北海道知事選 道産子は現職知事の“原発二枚舌”を許すのか


自公が推薦する現職・高橋はるみ知事(61)と、野党共闘で支援を受ける佐藤のりゆき氏(65)が大接戦を演じているが、高橋知事が勝てば、安倍政権は原発再稼働に向けイケイケドンドン。原発推進派の高橋知事は“二枚舌”を使ってけむに巻いている。 河合弘之弁護士(70)がメガホンを取った映画「日本と原発」の上映会が5日、札幌市内で開かれた。終了後に河合氏と佐藤候補、嘉田由紀子・前滋賀県知事(64)が、約10…

演説で有権者を魅了

「佐賀の乱」の再来も? 道知事選の“情勢変化”に焦る自民党


現職で4選を目指す高橋はるみ知事(61)に挑むのは、北海道の“みのもんた”こと、フリーキャスターの佐藤のりゆき氏(65)。佐藤には民主党北海道と市民ネットワーク北海道が支持、共産党道委員会、新党大地、維新の党道総支部、社民党道連が支援しているが、こうした野党連合のパワーに加えて、佐藤の演説がうまいのだ。 「政策討論会で、高橋知事は私(の主張)に『それは夢ですね』と言いました。私は大変憤りました…

二階氏は党内きっての実力者だが…

道知事選にも波及 中川政務官“路チュー不倫”の重すぎる代償


自民党は、中川氏を含め道内で4人の衆院議員を持つ二階派が中心となって、4選を狙う現職の高橋はるみ知事(61)を支援してきた。今後は、中川氏が選挙の“顔”として、先頭に立って応援演説する予定だったが、計算が狂った。 「中川氏は北海道自民党で、数少ない女性国会議員のひとりです。ただ、路上キス報道で、もう表に出てこないでしょう。参議院には、フィギュアスケートの高橋大輔とのキス写真が出た橋本聖子氏もい…

15日付で民主党道連会長を辞任した横路孝弘氏/(C)日刊ゲンダイ

自民に4連敗の焦り 北海道知事選が「与野党一騎打ち」の様相


4選を狙う現職の高橋はるみ知事(61)との事実上の一騎打ちの公算大。すでに「新党大地」は佐藤支援を決めていて、これに民主だけでなく共産も乗っかる可能性が高い。自公の推薦する高橋知事との与野党激突の構図になりそうなのだ。 「現状は現職の高橋知事が頭一つ抜けていますが、佐藤氏は元北海道放送のアナウンサーで『北海道のみのもんた』と呼ばれるほどの地元の有名人。与野党対決の構図になれば、知名度があるだけに…

4選目指す高橋知事/(C)日刊ゲンダイ

佐賀に続き道知事選で惨敗も 終わらない自民vs農協バトル


道知事選は現時点で、4選を目指す高橋はるみ知事(61)と、元北海道放送アナウンサーで、フリーキャスターの佐藤のりゆき氏(65)が立候補を表明。高橋知事は前回(2011年)、約185万票を獲得し、次点に130万票もの大差で勝利した。自民道連は早々と高橋知事の推薦を決定。今回も圧勝と思われたが、昨年末の沖縄、今年1月の佐賀の両知事選に続き、野党が猛烈に巻き返している。 「佐藤支持派は当初、道内で強…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事