日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

谷原秀人特集

ゴルフW杯では誰をペアに指名するのか

W杯代表松山英樹と“ペア候補”谷原秀人との気になる相性

そのためボールが同じ契約メーカーで同ランク日本人2番手(60位)の谷原秀人(37)になる公算が大きい。 ゴルフジャーナリストの児島宏氏がこう言う。 「なかには人物を優先する選手もいますが、やはりプロは微妙な感覚を気にしますから、ボールで選ぶケースがほとんどです。日本が優勝した02年、丸山茂樹は国内賞金ランク10位で、その年未勝利の伊沢利光をあえて指名しました。高校の…

逃げ切った谷原は今季初優勝

谷原秀人 ドラマなし“パープレー優勝”で3000万円の不相応

【長嶋茂雄インビテーショナルセガサミーカップ】 4打差リードで単独首位発進の谷原秀人(37)が2バーディー、2ボギーの「72」で回り、今季初優勝、ツアー通算12勝目を挙げた。国内8戦目で日本人プロの優勝はやっと3人目となり、ツアー関係者の多くは胸をなでおろしたはずだ。 「ヘタすぎて、疲れました。真逆に吹いた風にアジャストできなかった。でも周りの人に喜んでもらえてよか…

谷原秀人

谷原秀人 両肩とグリップでつくる三角形を変えずにストローク

谷原秀人プロの魅力は、小気味よく転がり、勢いよくカップインするパッティングのうまさにあります。2012年から3年続けて平均パット数部門で1位になり、昨年も2位と好調を維持しています。 もちろん谷原プロのラインの読みは抜群ですが、それを支えているのが、常にフェースの芯でヒットする安定したストロークです。 両腕を真っすぐに伸ばし、両肩とグリップでつくる三角形が、まったく…

谷原秀人はWR129位

締まりなし谷原秀人 WR489位の“格下”に土壇場で逆転食らう

そんな典型的な負けを土壇場で食らったのが谷原秀人(37=写真)だ。 4日間ともプロアマ形式で行われる今大会。最終日、単独首位発進の谷原は1打リードで迎えた最終18番パー4でパーオンを逃すと、4メートルのパーパットも決められずボギー。このホールでバーディーを決めたマシュー・グリフィン(32・豪)に逆転されたのだ。 「残念でしたね。(ISPSとスポンサー契約の)ホストプ…

今週はグリーン上でイラ立ちをよく見せる松山

「やっぱり入らない…」松山英樹のパット不調の原因は?

また決勝ラウンドに進出した日本勢は谷原秀人(38)が松山と同じ通算11アンダー27位、小平智(27)が通算8アンダー49位だった。…

稲森佑貴

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

稲森佑貴 手首を使わずシャットフェースをアッパー気味に振り抜き方向性抜群

今年のHEIWA・PGM選手権で、賞金王争いを繰り広げていた池田勇太プロ、谷原秀人プロという大物と最終日、最終組で回り、ツアー初優勝は逃したものの、しっかり3位に食らいついた稲森プロのプレーぶりは立派なものでした。 稲森プロが、あの難しい総武CC総武コースでスコアがつくれたのは、やはりフェアウエーを外さない自分の持ち味を生かし切ったからにほかなりません。昨年に引き…

各界の2017年注目アスリートたち

さようなら2016年⇔ようこそ2017年

どこよりも早い! 国内主要スポーツの優勝を大予想

※16年賞金ランキング ①池田勇太 ②谷原秀人 ③金庚泰 ④宋永漢 ⑤片岡大育 ■大相撲 九州場所は11勝4敗。夏以降、白鵬(31)は元気がなかった。 「7月場所の後に右足親指を痛め手術したのが原因。9月場所を欠場し、右をかばううちに左ひざを痛めた。力士にありがちな悪循環です。これでようやく“並の横綱”になったわけで、年齢的にも年間4~5回の優勝は難しい。となると…

タイトル狙う谷原秀人(左)と池田勇太

谷原と池田で賞金王争奪も ツアーとファンの埋まらない溝

逆転で初の賞金王を目指すランク2位の谷原秀人(38)が首位タイ発進。一方、ランク首位に立ち、3076万円差で逃げる池田勇太(30)は3打差7位タイにつけたからだ。 ともに賞金王は初めてだが、谷原がタイトルを獲得するには賞金4000万円の優勝が絶対条件になる。池田は単独3位か、2位タイ(3人まで)なら、谷原が勝ってもタイトルが手に入る。いずれにしろ池田有利は変わりな…

賞金王へ王手

池田勇太が今季3勝目 「賞金王レース」へ王手でニンマリ

1位池田と2位谷原秀人(38)との賞金差は、3076万6429円。谷原は最終戦に勝って4000万円を手にする以外に、逆転で賞金王タイトルが手に入る可能性はない。池田は単独3位以内なら賞金王が決まる。…

練習ラウンドで弱音

「疲れた…」2週連続優勝かかった池田勇太の“腰抜け”発言

池田はトッププロとしての自覚が足りないですよ」 池田は初日、谷原秀人と昨年覇者の小平智と7時44分に10番からスタート、6ホールを終えて1オーバー。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事