日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

谷原秀人特集

ゴルフW杯では誰をペアに指名するのか

W杯代表松山英樹と“ペア候補”谷原秀人との気になる相性


そのためボールが同じ契約メーカーで同ランク日本人2番手(60位)の谷原秀人(37)になる公算が大きい。 ゴルフジャーナリストの児島宏氏がこう言う。 「なかには人物を優先する選手もいますが、やはりプロは微妙な感覚を気にしますから、ボールで選ぶケースがほとんどです。日本が優勝した02年、丸山茂樹は国内賞金ランク10位で、その年未勝利の伊沢利光をあえて指名しました。高校の1学年先輩で気心の知れた仲であ…

逃げ切った谷原は今季初優勝

谷原秀人 ドラマなし“パープレー優勝”で3000万円の不相応


【長嶋茂雄インビテーショナルセガサミーカップ】 4打差リードで単独首位発進の谷原秀人(37)が2バーディー、2ボギーの「72」で回り、今季初優勝、ツアー通算12勝目を挙げた。国内8戦目で日本人プロの優勝はやっと3人目となり、ツアー関係者の多くは胸をなでおろしたはずだ。 「ヘタすぎて、疲れました。真逆に吹いた風にアジャストできなかった。でも周りの人に喜んでもらえてよかった」(谷原) 谷原は3日目を…

谷原秀人

谷原秀人 両肩とグリップでつくる三角形を変えずにストローク


谷原秀人プロの魅力は、小気味よく転がり、勢いよくカップインするパッティングのうまさにあります。2012年から3年続けて平均パット数部門で1位になり、昨年も2位と好調を維持しています。 もちろん谷原プロのラインの読みは抜群ですが、それを支えているのが、常にフェースの芯でヒットする安定したストロークです。 両腕を真っすぐに伸ばし、両肩とグリップでつくる三角形が、まったく変わらずにストロークしているか…

谷原秀人はWR129位

締まりなし谷原秀人 WR489位の“格下”に土壇場で逆転食らう


そんな典型的な負けを土壇場で食らったのが谷原秀人(37=写真)だ。 4日間ともプロアマ形式で行われる今大会。最終日、単独首位発進の谷原は1打リードで迎えた最終18番パー4でパーオンを逃すと、4メートルのパーパットも決められずボギー。このホールでバーディーを決めたマシュー・グリフィン(32・豪)に逆転されたのだ。 「残念でしたね。(ISPSとスポンサー契約の)ホストプロとしては勝ちたいという思いも…

賞金王へ王手

池田勇太が今季3勝目 「賞金王レース」へ王手でニンマリ


1位池田と2位谷原秀人(38)との賞金差は、3076万6429円。谷原は最終戦に勝って4000万円を手にする以外に、逆転で賞金王タイトルが手に入る可能性はない。池田は単独3位以内なら賞金王が決まる。…

大会新記録で初出場初勝利のケプカ

池田も谷原も 日本ツアー賞金王で終わってはいけない


さて日本男子ツアーも残り2試合になり、池田が再び谷原秀人を逆転して賞金レースのトップに立ちました。 こうなるとリードしているほうが強い。谷原は残り試合数が少なく、目標設定を高くしなければならず、重圧になります。 池田は左肩にちょっとしたピリピリがあるのでしょうが、賞金王になりたい気持ちが強ければ、痛さも吹っ飛んでしまう。 結果はどうであれ、2人には最後の一打まで最大のパフォーマンスを見せてもら…

1打差2位に「これ以上は無理だ」と池田(左は初優勝のケプカ)

谷原抜き首位浮上も…池田勇太に問われる賞金王の資質


賞金レースでは谷原秀人(38)に472万円差をつけて再び首位に立った。 「池田はプレー中に胸をはだけてアイシングをしていたがみっともない。もっと歯を食いしばってやって欲しかった。杉原輝雄プロは“決して殴り合いじゃないがゴルフは格闘技”と、試合中は常にポーカーフェースだった。プロは皆、どこかに古傷を抱えながら戦っているが口には出さない。戦っている相手に左肩が痛いと弱みを見せれば不利になる。それに熱…

左肩をアイシングしながらプレーする池田

賞金王レース終戦…池田勇太が左肩痛明かし棄権の可能性


賞金ランクトップの谷原秀人(38)は初日64で回り首位タイに並んでおり、ランク2位の池田との賞金差は現時点で864万円あまり。 今季残り3試合は優勝賞金4000万円と高額大会が続く。だが左肩が痛くちゃ、これから先もまともにプレーができず、池田の逆転での賞金王タイトル取りは難しくなった。 日本オープン、三井住友VISA太平洋マスターズと2戦2勝の松山英樹が大いに盛り上げた日本ツアーも、スター選手…

練習ラウンドで弱音

「疲れた…」2週連続優勝かかった池田勇太の“腰抜け”発言


池田はトッププロとしての自覚が足りないですよ」 池田は初日、谷原秀人と昨年覇者の小平智と7時44分に10番からスタート、6ホールを終えて1オーバー。…

ひとたび風が吹けば選手に牙をむく(ロイヤルトゥルーンGC)

強風も難敵 全英OPのタフなリンクス攻略は“転がし”が鉄則


日本人選手は米ツアーで戦う松山英樹(24)はじめ、谷原秀人(37)、宮里優作(36)、小平智(26)、池田勇太(30)、今平周吾(23)、塚田陽亮(31)、市原弘大(34)の8選手が出場する。 会場は2004年以来、12年ぶり9度目の開催のロイヤルトゥルーンGCオールドC(スコットランド)だ。前回の04年大会は日本ツアーに参戦していたトッド・ハミルトンが優勝した。 すべてのホールでマイナーチェン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事