日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高浜祐特集

夏が楽しみな清宮君

話題の怪物1年生早実清宮君と横浜高の教え子DeNA筒香を比べてみた


同じく日ハムの新人・浅間大基と高浜祐仁も1年春から主力。浅間は入学早々の春季関東大会で立て続けに盗塁を成功させ、凄い1年が入ってきたと感心したものだ。 1年の春や夏からレギュラーを任せるには守備力が重要。当時、三塁手だった筒香は送球が安定していた。3年間の在籍中にほとんど暴投を見たことがないほどだ。 清宮君は春の段階で一塁手。一塁専任はプロから敬遠される傾向がある。ライバルが外国人選手になること…

None

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割


10月23日のドラフト会議で横浜高校最後の教え子、浅間大基と高浜祐仁が、ともに日本ハムから指名を受けた。 このチームには、先日のクライマックスシリーズでもスタメン出場した同校OBで高卒3年目の近藤健介がいる。「2人の面倒は見ますから安心してください」とすぐに電話があった。横浜の歴代の主将の中でも面倒見がいい男。その点は良かった。 3位の浅間のウリは肩と足。瞬発力が特徴の選手だから、同校OBの多村…

歓喜に湧く大阪桐蔭ナイン/(C)日刊ゲンダイ

大阪桐蔭・西谷監督が明かした“日本一のスカウティング”


同じチームには同級生の高浜祐仁(横浜高)がいた。西谷監督は福島が試合で投手として投げる姿に将来性を感じ、横浜高をはじめ、他校が捕手として誘う中、投手として“オファー”した。 「スライダーに光るものがあった。少し肘を下げて投げれば、スライダーにもっとキレが出てくるなと。『投手として育てたい』と声を掛けさせてもらった」(西谷監督) 野球部員は58人。1学年20人程度の部員のほとんどは西谷監督自らグラ…

“同志”の渡辺監督と/(C)日刊ゲンダイ

甲子園62勝の小倉清一郎コーチ激白「さらば横浜高校」


4番の高浜祐仁(3年)はこの日4三振。試合前、私は「インコースを攻めてくるぞ」とアドバイスした。が、序盤に大ファウルを打った後は外一辺倒。広い外角のストライクゾーンをうまく使われているのに、高浜は配球が変わったことに最後まで気が付かなかった。 私は09年に部長を退き、ベンチを外れたが、ベンチに入らないと、かゆいところに手が届かない。最後の試合もヤキモキすることになった。 「ドラフト上位候補」と騒…

「和製大砲」の爆発はあるか/(C)日刊ゲンダイ

滑り込めるか…評価急落したドラフト候補「横浜高の元怪物」


17日の神奈川大会2回戦で2打席連続本塁打を放った浅間大基外野手(3年)が脚光を浴びる中、1年春の関東大会から名門で4番を張ってきた高浜祐仁内野手(3年)の影がすっかり薄くなっている。 1年夏の県大会初戦で初打席初スイング場外弾デビュー。「怪物1年生」と騒がれたが、故障などもあって伸び悩んだ。高校通算31本塁打。三拍子型の浅間が30本だから、4番としては物足りない数字だ。セ・リーグの某スカウトが…

None

夏に明るい材料なし 一度チームを解体する


まだまだ実力は足りないものの、プロ注目といわれる1番・浅間大基(3年)と4番・高浜祐仁(3年)は大阪入りしてからも付きっ切りで打撃指導した。2安打ずつ放ったのはまずまずといえるが、はっきり言って夏への明るい材料は見当たらない。 2年生主体のチームで出場した昨夏の甲子園メンバー9人が残っていたにもかかわらず、ただ出るだけのチームになってしまった。神奈川県内の高校に「横浜に勝てる」とスキを見せたも…

None

ベスト4のノルマ達成に立ちはだかってきそうな要注意6校


4番の高浜祐仁(2年)を中心とした打線にもある程度の手応えを感じている。新聞紙上で「優勝候補」と言ってもらえるのはありがたいが、甲子園は甘くない。ベスト4がノルマだと思っている。 甲子園のベンチ入りメンバーは18人。これから選定することになるが、昔は14人だったところが、15人、16人、03年夏から18人となって約10年。部員数が多い高校にとって、1人でも多くベンチに入れられるのはありがたいとい…

None

桐光松井君は我々にとっても大きな存在だった


4番の高浜祐仁(2年)の同点ソロ、浅間の逆転2ランの2本塁打で3─2。よく勝ったが、松井君はやはり本調子ではなかった。 ■準備していた「秘策」 実は土壇場で1点をもぎ取る「秘策」も用意していた。2死一、三塁で三塁走者が足が速い選手の時限定の作戦だ。松井君は一塁へ緩い牽制球をよく放る。ホワーンと投げるか投げないかの時、三塁走者がスタートを切る本盗だ。 応用編もある。一塁走者がおとりとなって、リード…

None

腹立たしい そして、虚しい


1年夏からレギュラーを任せている高浜祐仁(2年)、浅間大基(2年)、川口凌(2年)の3選手は、ここまで150試合以上、他のレギュラーも130試合以上の経験を積んでいる。これほど経験豊富なチームは横高の歴史でも、他校を見渡してもあまりない。にもかかわらず、臨機応変に状況判断ができるようにならない。 今の2年生は入学してから20カ月が経過。今できないものは残り7カ月でできるようになるのか。答えはNO…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事