日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

村山富市特集

第81代総理大臣を務めた村山富市氏

20年ぶり演説の村山富市元首相 「国民に主人公意識芽生えた」


著者の佐高信氏

「自民党と創価学会」佐高信氏


その後、細川政権は下野、羽田政権を経て、自民党は社会党の村山富市を担ぐというウルトラCの“野合”で政権に復帰する。 連載が書かれたのはその頃で、公明党と創価学会の政教一致の危険性や強引な金集め、池田大作名誉会長の横暴ぶりなどが余すところなく描かれている。 「第1回のタイトルは『権力の中枢に巣食う宗教家至上主義集団』で、〈国家国民よりも宗教家を大切にする公明党という政治集団が存在することを認識しな…

著者の鈴木哲夫氏

「期限切れのおにぎり」鈴木哲夫氏


過去、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災で政府や被災地で対応に当たった関係者、たとえば、石原信雄元官房副長官、村山富市元首相、森民夫長岡市長、久保信保元消防庁長官、村井嘉浩宮城県知事、小泉進次郎前復興政務官らが、自らの失敗、反省、教訓を語り、東日本大震災から5年の節目に本書がまとまった。その直後に今回の熊本地震が起きた。 「過去の教訓に照らしていえば、政府はまだまだやれることはありま…

小沢一郎氏(左)と小林節氏

対談:小沢一郎×小林節 こうすれば安倍政権は倒せる!


小沢 そりゃあ政権を取るために村山富市さんを首相に担ぎ、社会党内閣をつくったんですからね。党内には反対もあったけれど強行した。手段を選ばないということの善し悪しは別として、権力への執念が違う。だから長期政権なんです。野党はそこが全然ダメです。 小林 でも野党が本気になれば、ドリームチームがつくれるんですよ。安倍さんに代わり得る首相候補が野党にいるのか、とよく聞かれますが、岡田内閣だったらどうで…

マスコミOBも結集(「歴代首相の提言」発表会見)

細川氏、羽田氏…元首相5人も決起で広がる「安保法案NO!」


11日、回答があった細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の5氏の提言書を公表した。 連日、高校生から高齢者まで幅広い国民が安保法案に「NO!」を突き付けている。「マスコミ九条の会」は「危機を一番鋭く感じているのは、戦後一貫して平和主義の維持に最高責任を負ってきた歴代首相であろうと気づき、現役首相に暴走を止めるよう率直な提言を求めた」とした。 細川氏は文書で「憲法前文に『政府の行為によつ…

小沢一郎氏

国会議員はもっと闘う姿勢を見せるべき


他にも、村山富市元首相が「与党が法案を強行に成立させるならば、野党全員が議員辞職を」と言っていたが、国民に覚悟を示すには、例えばそういう方法もある。安倍政権に対する国民の批判がこれだけ高まっているのだから、絶対に廃案にできる。いま野党の本気度が問われている。…

集会で挨拶する村山元首相

「指南者がいる」「特定政党の系列」飛び交う根も葉もないデマ


24日には、村山富市元首相がマイクを握った。 「総理大臣をやっている時、中東の国を訪問して私は誇らしく挨拶しました。『どこに紛争があっても戦争があっても、そこに使われている兵器にメード・イン・ジャパンはありませんよ。日本は戦争しない国なんです』と僕は胸を張って演説しましたよ。あの戦争を経験した日本の国民はもう二度とあんなことを繰り返してはいかん。大分には安心院という所がありますけども、そこから…

安倍首相と公明党の山口代表

「安保」参院審議入り “創価学会に異変”で公明党の造反あるか


すでに、村山富市元首相は、「安保法案には創価学会の会員でもたまらない気持ちの人は多い」と挑発しはじめている。創価学会関係者がこう言う。 「もし、反対に回る時は、まず関西の婦人部か、沖縄の婦人部が“反対”の声明を発表することになるでしょう。それが合図になると思います。ただ、公明党は安保法案に反対することはない。反対はしないが、参院での強行採決も、“60日ルール”を使う衆院での再可決にも応じない。公…

日比谷公園に「反対」のシュプレヒコールがこだました

国会周辺にデモ7万人…「打倒安倍政権」の声がさらに拡大


村山富市元首相が「この法案を廃案にするのに老いも若いも関係ない」と声を張り上げたほか、参加者たちが「戦争させるな」「国民を殺し合いに巻き込むな」とシュプレヒコールを上げた。…

自らマイクを握った村山元首相

国会前デモ参加 村山元首相を奮い立たせた“反戦派”の手紙


老いてなお矍鑠――御年91歳の村山富市元首相が23日夕、国会前で開かれた「戦争させない1000人集会」のデモに参加。「居ても立ってもいられなくなってね」と、参加者たちのシュプレヒコールに合わせ、本人も「反対」と拳を掲げ、聴衆に訴えた。 「安倍総理の独裁を許さない!」 はるばる地元・大分から馳せ参じたのにはワケがある。実は、北海道在住の93歳の男性から、<国会前の若者たちのデモを見て、ジッとしてい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事