日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

加瀬邦彦特集

加瀬邦彦さんの訃報にファン衝撃

がんと闘い…ザ・ワイルドワンズ 加瀬邦彦さん「自殺」の謎


「当時は自宅に一人で、帰宅した家族が発見して110番通報したそうです」(関係者) 「想い出の渚」で知られるグループサウンズ「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーで音楽プロデューサーの加瀬邦彦さんが21日、都内の自宅で亡くなっていたことがわかった。享年74。港区内の自宅前や経営する銀座のライブハウスには報道陣が集まったが取材対応はなく、22日の昼に所属事務所が自殺だったことを発表した。 加瀬さんは慶応高…

故・加瀬邦彦さん

テニスに凝っていた加瀬さん、Vのラインの入ったパンツを買ったのに…


リーダーの加瀬邦彦が昨年4月に亡くなり、現在は3人で音楽活動を続けている「ザ・ワイルドワンズ」が語りつくす半世紀。第2回はリーダー加瀬邦彦の思い出。 ◇ ◇ ◇ 植田芳暁 昨日のイタズラ話もそうだけど、加瀬さんっていう人は面白がるのが上手な人だったね。 島英二 ステージで、わざとマイクを1本だけ置いて、鳥塚さんと2人がその1本で歌ってみたり。 鳥塚しげき その方がステージ上で動きが出るんだよね。…

(写真右から)鳥塚しげき、植田芳暁、島英二

グループサウンズ時代のイタズラに「ごめんなさい」


リーダーの加瀬邦彦が昨年4月に亡くなり、現在は3人で音楽活動を続けている「ザ・ワイルドワンズ」。4月と5月には結成50周年記念&加瀬邦彦追悼コンサートを予定している。彼らが語るワイルドワンズの半世紀。第1回はGS全盛時代の思い出を話してもらった。 ◇ ◇ ◇ 鳥塚しげき 加瀬さんがメンバーを公募して僕らが集まって、デビューしたのが66年。「想い出の渚」が大ヒットして、アマチュアだった僕らがあっと…

「蒼い月の唄」を褒めた加山雄三

新曲を聴いて「これ、いいね」と言ってくれた加山雄三


昨年、リーダー加瀬邦彦を亡くし、3人で再出発した「ザ・ワイルドワンズ」が結成50周年を語るシリーズ最終回は、これからの活動について語ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 植田芳暁 去年、加瀬さんが亡くなった後、3人で「想い出の渚」の新録盤を出しました。なんだか加瀬さんに「おまえら、悲しんでないで早く3人で出発しろよ」って言われてる気がして、みんなで力を合わせてレコーディングしたんです。 鳥塚しげき 50年…

「蒼い月の唄」の入った最近のCD

加瀬さんが亡くなった後 自宅から未発表の譜面が見つかって…


「ザ・ワイルドワンズ」結成50周年の歴史を語るシリーズ第4回は、リーダー加瀬邦彦が亡くなった後に発見された遺作「蒼い月の唄」秘話。 ◇ ◇ ◇ 植田芳暁 加瀬さんが亡くなった後、マネジャーが加瀬さんの自宅で、未発表曲の譜面を見つけたんです。12月の追悼コンサートでこの曲を披露するには時間的制約もあって、どうしようかみんなで話し合ったんです。 鳥塚しげき すごくいいメロディーで、アレンジを僕らで考…

楽屋を訪れ言葉をかけた沢田研二

ライブを見に来てくれた沢田研二「安心した」の一言


第3回では、リーダー加瀬邦彦亡き後の1年を語ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 植田芳暁 加瀬さんが亡くなった時はもう驚いて、頭が真っ白になっちゃった。 鳥塚しげき 3人でやっていかなきゃならないということになって気付いたのは、加瀬さんの存在の大きさ。加瀬さんがいた時は、演奏する曲のアレンジから何から全部加瀬さんが最終決定していた。加瀬さんがいなくなってからは、それを3人でやらなきゃならないんだけど、ど…

加瀬邦彦さんの後半生は病気との闘いだった

自殺者の4人に1人は70代…変わりゆく「命あって」の時代


20日に自宅で自殺していたことが分かった「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーで、音楽プロデューサーの加瀬邦彦さん(享年74)。突然の訃報にファンからは驚きの声が上がっているが、加瀬さんは今月に入り体調が優れず、精神的に不安定だったという。 「加瀬さんは昨年2月に下咽頭がんを発症。“恩師”の加山雄三さんの助言で同3月に声帯を切除したそうです。ミュージシャンにとっての命である声を捨て、苦渋の選択で『延命…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事