日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

萩原健一特集

元刑事役のショーケンが悩める客のために腕をふるう

萩原健一主演NHK「鴨川食堂」は「孤独のグルメ」の進化系


出演しているのは、ショーケンこと萩原健一(65)と若手女優の忽那汐里(23)ら。 知らない人のためにあらすじを紹介すると、ショーケン演じる鴨川流は元刑事で、現在は京料理店「鴨川食堂」の主人。ただしお店には看板ものれんもなく、「思い出の食、探します」という1行広告を見つけてやってくるのは仕事や家族、人間関係などに悩みを抱えた人たち。彼らの悩みを、忽那演じる看板娘・鴨川こいしが聞いて、客が本当に求め…

SMAP解散で年間70億円が消える

キムタクだけでコンサートは無理 SMAP“バラ売り”収入激減


たとえばタイガースだったら沢田研二が、テンプターズだったらショーケン(萩原健一)が単独でもコンサートが開けましたが、キムタクだけでは厳しい。香取慎吾や稲垣吾郎はソロCDも出してますが、いずれも企画ものの範疇。それだけで1本のショーを成立させるのは無理です」(前出の肥留間氏) 事情に詳しい関係者によると、SMAPという大きな枠組みがあるからこそ自分たちは成立しているし、生かされているということをメ…

俳優として自信があるからこそ

佐藤浩市 ショーケン「ヘタクソ」の罵倒にも冷静に対応


そこへ、別のスタジオで仕事をしていたショーケンこと萩原健一がフラリと入ってきた。「用意、スタート」の声がかかり、シーンとした中で佐藤がセリフを語り出した。 と、それを見ていたショーケンが、スタジオ中に響くような大声で「親父に似て、ヘタクソだなあ」と叫んだのだ。そしてプイッと外へ行ってしまった。 スタジオは大騒動である。カットとなったのはもちろん、みんなどうしていいのか分からない状態で、「佐藤さん…

64歳で初入籍した桃井かおり

64歳で初入籍 桃井かおりの「男性遍歴」はまるで“トラブル史”


噂になったのは伊集院静、荒木一郎、萩原健一、松田優作、つかこうへいなど、いずれもひと癖もふた癖もある男たちばかり。 「中でも印象に残っているのは荒木一郎との件ですね。私がまだ駆け出し時代、別件で荒木さんを取材したら、それをはぐらかすように『俺とかおりとの関係を書けばいいじゃない』と言われ、その場に桃井まで呼んでくれた。おかげで思わぬスクープをモノにできました」(肥留間氏) 別の関係者によれば、荒…

「今回は大丈夫」との声も…

なぜNHKが白羽の矢? 萩原健一14年ぶり連ドラ出演への不安


俳優で歌手の萩原健一(65)が14年ぶりにテレビの連ドラに出るというので話題になっている。出演するのはNHKの「鴨川食堂」(BSプレミアム)で、主演は忽那汐里(22)。ショーケンはその父親役を演じるというが、関係者からは「大丈夫なのか?」の声が上がっている。 「あまり報じられていませんが、例の恐喝未遂事件(05年)以後もショーケンはさまざまなトラブルを起こしています。13年には朗読活劇『空海』の…

つちやかおり(本人ブログから)と事故現場/(C)日刊ゲンダイ

つちやかおり人身事故で問われる夫・布川敏和の“覚悟”


いしだあゆみと萩原健一の離婚も、飲酒した夫の人身事故が一因だった。 ■噂の彼氏は逃げ腰 それでは、つちやと布川、“つちやの彼氏”との関係はどうなるか。一部女性誌によると、つちやとの手つなぎデートが報じられた割烹料理店の店主には、恋愛感情がないという。むしろ、つちやの気持ちにも困惑しているのだとか。 これが本当なら、落ち込む妻を夫や子どもが励まし、ヨリが戻る可能性もありそうだが、芸能評論家の肥留間…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事