日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松吉信特集

とても23歳とは思えないプレーぶり

石川遼にピタリ…“不気味な相手”黄重坤は見た目と大違い

黄のマネジャーを2年間務め本紙でもお馴染みの松吉信プロコーチが「何を考えているのか分からない」と、こう続ける。 「とにかく父親の存在が絶対で、『ゴルフの方がカネを稼げるから』という一言で、プロテニスプレーヤーの道をあきらめ、プロゴルファーになったほどです。父親はスパルタ指導で、手から血が出るほどの練習をさせられるのは当然で、キャディーをした時は試合中にバーディーパッ…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

スライスOBが必ず止まる

(ゴルフドクター・松吉信) ●まつよし・まこと 1963年生まれ。日本におけるプロキャディーの草分け的存在。近著「グリップを直すだけでゴルフが変わるから『もう一度練習してみよう』と思える」(東邦出版)はゴルフ本では異例の大ベストセラー。http://blogs.brash.jp/golf/…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

飛距離が伸びるグリップ

(ゴルフドクター・松吉信) ●まつよし・まこと 1963年生まれ。日本におけるプロキャディーの草分け的存在。近著「グリップを直すだけでゴルフが変わるから『もう一度練習してみよう』と思える」(東邦出版)はゴルフ本では異例の大ベストセラー。http://blogs.brash.jp/golf/…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

ダフリ、チョロが必ず止まるグリップ

お試しあれ! (ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

バンカーから一発で脱出できるグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

グリーン回りからピンに必ず寄るグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

グリーン回りから絶対にトップしないグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

1メートルのショートパットが必ず入るグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

ショットを曲げたくない時のグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

スライスが止まらなくなった時の応急グリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

チーピンが一発で直るグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

ランニングアプローチでカップインさせる

ぜひ、グリーン回りからチップインをしてください! (ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

手ごわいラフからでも一発で脱出

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

シニアがビックリするほど飛ぶグリップ

(ゴルフドクター・松吉信=http://blog.glam.jp/golf/)…

None

100の壁をブチ破れ

敢えてスコアをつけないでラウンドする

「100切りのためには、スコアカードを記入しないコースラウンドが必要」と提唱するのはプロコーチの松吉信氏だ。 「アマチュアの場合、だいたいコースでは練習場よりもヘッドスピードが10%以上ダウンするといわれています。スコアを優先するために思い切ったプレーが出来ず、こわごわとクラブを振っているからボールも飛びません。それが100の壁破りに苦労しているビギナーだと、さら…

None

100の壁をブチ破れ

ラウンド後は風呂より練習場に直行

それが日ごろの練習よりも数倍の効果をもたらし、100切りの近道です」とアドバイスするのはプロコーチの松吉信氏だ。 プロがラウンド後に練習するのは、試合で出た悪いクセやミスをすぐに解決したいからだ。 フェードヒッターが、その曲がり度合いが大きくなったり、ドローヒッターがフックになったりすると、その日のうちにしっかり修正。問題点をすっきりさせて、翌日のラウンドに臨むわけ…

None

100の壁をブチ破れ

左足のつま先を開かないでスイングする

ただプロコーチの松吉信氏は、「スコア100も切れないレベルなら左足ツマ先を開く必要はありません」と続けてこう解説する。 「よく知られているところでは、ベン・ホーガンが左足ツマ先を開いたことからゴルフレッスンに取り入れられて広く知れ渡り、それがアドレスでの定説になっています。もっともベン・ホーガンがツマ先を開いたのは、自身が極度のフッカーで、腰を早く切りたいという思…

None

100の壁をブチ破れ

やさしいクラブ、やわらかいシャフトを使う

「難しいクラブを使って、スコアに伸び悩むアマチュアが多い」 プロコーチの松吉信氏は、クラブのオーバースペックが100の大台超えを難しくさせていると指摘する。 「さすがにXシャフトは見かけませんが、スコア100も切れないのにSシャフト装着のタフなドライバーやアイアンを使う人は多いですね。Rシャフトだと軟らかい、オジサンみたいで格好が悪い、非力なゴルファー向け――という…

None

100の壁をブチ破れ

アドレスでボールを顎を上げ鼻先から見る

「スイング中にボールをじっと見る必要はありませんよ」 こうアドバイスするのはプロコーチの松吉信氏だ。 スコア100の壁を突破できないゴルファーの多くは、ボールを食い入るように睨み付けてスイングを乱しているとこう解説してくれた。 「ミスショットの原因はヘッドアップだと呪文のように唱えて、ボールから目を離さなければ絶対にうまく打てると勘違いしているゴルファーが多い。しか…

None

100の壁をブチ破れ

プロのスイングの連続写真は見るな

「ゴルフ雑誌をむさぼるように読むのは問題ですね」 上達指導で人気が高い松吉信プロコーチのアドバイスだ。スコア100の壁を破れずに、いつも大たたきというゴルファーの多くは、「クラブをしっかり振り切ることが出来ていない」(松吉氏)と分析する。 ゴルフ雑誌のレッスン内容を無条件に取り入れて頭でっかち。ゴルフ雑誌をうのみにする情報過多がクラブをビュンと振り切れない大きな原因…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事