日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

いとうあさこ特集

ニッチェの近藤(右)と江上/(C)日刊ゲンダイ

「ニッチェ」近藤くみこ 6万円を援助してくれた社長に感謝


いとうあさことオッパイ相撲で気張らし 半年ほど毎月6万円をくれた社長には、少しばかりのお礼として業務用の空気清浄機をプレゼントしました。空気が悪い職場だったから(笑い)。 でも、芸人としてまだまだなので、事務所の先輩のいとうあさこさんには、いろいろアドバイスいただいてます。 まだ、リッチというわけではないから、家でごちそうもしてもらってます。あさこさんは「座ってて座ってて!」と私たちに何もさ…

左手薬指にはティファニーの指輪がキラリ

女芸人の“勝ち組” キンタロー。なぜすんなり結婚できた?


というのも、女芸人は「愛の巣」の紹介人となった大久保(44)の他にも重鎮の久本雅美(57)を筆頭に、いとうあさこ(45)や光浦靖子(44)など、独身だらけ。女の幸せより芸を選んだ結果とはいえ、公私の両立はとても難しいといえる。 ■「芸歴6年」が奏功 「女芸人はベテランになればなるほど『なめられたくない』『近づいてくるのは自分を利用するためじゃないか』と相手の男を警戒するので、なかなかスキがないん…

安定感抜群のナイツ

年末年始は「ネタ番組」目白押し ウォッチャー推す主役は


実はバラエティーに頻繁に出続けている女芸人いとうあさこも冠番組やMCを務める番組はない。 冠を持つとその番組が終わった後は、大勢出る特番のネタ芸人やひな壇芸人には戻りにくい(主演を張った女優が不人気になっても脇役で出にくいのと似て、潰しがきかなくなる)が、彼らにはそんな心配もないのだ。 ネタ番組ばかりだと飽きそうだが、タレントが飲み食いしたりスポーツ選手がゲームでバカ騒ぎするバラエティーよりよ…

横綱はダレ?

鈴木砂羽は8軒ハシゴ 女性芸能人「酒豪番付」トップは誰?


あとで聞いたら、2軒目のお店に行くとき、裸足で『このガラスの靴が見えないの!?』って叫びながら歩いてたらしく……」 いとうあさこ(45)は「年とともに酒量が増えてます」と言い、「よく大久保(佳代子)さんと夜中12時から家のみして、ふたりで1升飲んじゃいます。話すテーマは孤独死」と笑って打ち明けていた。別の連載記事で佐藤仁美(35)は、新宿2丁目の常連で「キャサリン」との筆名ならぬ別名で呼ばれてハ…

素顔は気さくなお嬢様/(C)日刊ゲンダイ

芸人顔負けの体当たりロケが話題 木村佳乃に何があった?


最後にはいとうあさこ(44)やバービー(30)に交じって「AKB48」の「恋するフォーチュンクッキー」をコスプレ姿で踊ったのだ。 昨年放送のドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)で見せた悪女キャラとのあまりのギャップにネットは即反応。「さすが女優」「元祖のAKBよりもかわいい」とかなりの高評価だったのが救いである。 「木村はプライベートでも芸人やタレントを見つけると声をかけたり、泊まりがけの…

「夫に助けられた」/(C)日刊ゲンダイ

芸能界はシビア…磯野貴理子の脳梗塞入院で「泣く人」「笑う人」


たとえば“うるさい中年女”でキャラがかぶる柴田理恵、いとうあさこ、山田邦子、エド・はるみ、シルクあたりのマネジャーは腕を撫していてもおかしくない。本来なら同じ事務所からバーターで清水よし子か竹内都子あたりが起用されるところですが、いかんせんパンチが弱いだけに、貴理子の枠が大手事務所の草刈り場になる可能性すらある。それくらいドライな世界です」(芸能プロ関係者) 体が資本の芸能人。元手いらずの気楽な…

人気ナンバー1女子アナに/(C)日刊ゲンダイ

24時間テレビ司会をつかんだ 日テレ水卜アナの「営業力」


「本来はタレントのいとうあさこがやるはずだったが、ほかに仕事があり、ロケに参加できず、ピンチヒッターで水トになった。その時に駆り出された百貨店の物産展ロケが見事にハマったのです」(前出の日テレ関係者) 美形のアイドルアナが全盛だったテレビ界も大きく変わりそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事