日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岩隈久志特集

None

なぜ岩隈を素直に祝ってやらぬのだ!

岩隈久志がノーヒットノーランを達成した日、地元シアトルのマリナーズファンは「岩隈」の「クマ」と「熊」をひっかけたベアハットという帽子をかぶって沸き返った。素直に笑顔でスタンドのファンに手を振る姿がニュースで流れ、全米メディアはこぞって快挙を絶賛した。誇らしいのう! ノーヒットノーランというのは、2時間ほどの凝縮されたせめぎ合いの中で傑出した投手力と守備力が噛み合った…

オフは体幹を鍛えたという岩隈/(C)日刊ゲンダイ

「制球アーティスト」と米で絶賛 岩隈久志は年俸20億円へ

最終候補で競ったダルと岩隈/(C)日刊ゲンダイ

サイ・ヤング賞 ダル2位、岩隈3位で年俸どうなる?

最終候補に残っていたレンジャーズ・ダルビッシュ有(27=13勝9敗、防御率2.83)は2位、マリナーズ・岩隈久志(32=14勝6敗、防御率2.66)は3位だった。日本人投手に1位票は入らず、ダルは93点、岩隈は73点。今季途中から守護神を務めたレッドソックス・上原浩治(38)は10点を獲得し7位に入った。 今回は投手として最高の栄誉を逃したとはいえ、最終候補の3人…

鬼門はボール

日ハム大谷は大丈夫? マエケンや岩隈はWBC後に“受難”

マリナーズの岩隈久志(35)も、楽天時代の09年のWBC後、シーズン開幕戦で勝利するも59球で降板。その後も100球未満での降板が目立ち、6月末には登録抹消。復帰後も1試合4本塁打を浴びるなど、制球に苦しんだ。 「打感も多少違うと思いますけど、一番は投げる感覚が違うと思います。本格的にはまだ投げていないので、指先から離れる感覚が(日本の公式球と比べて)どれくらい早く…

フォーム矯正が奏功し好投

岩隈17勝目お預け チームの命運握る右腕に“20センチの壁”

マリナーズ・岩隈久志(35)が自己最多の17勝目(12敗)をかけて26日(日本時間27日)のアストロズ戦に登板。6回を4安打1失点と好投しながら救援投手が打ち込まれ、自己最多の17勝目(12敗)はならなかった。 この試合の前までで、チームは2チームが出場するワイルドカードによるポストシーズン進出争いで首位ブルージェイズと2.5ゲーム差の4位。残りのレギュラーシーズン…

初タイトルなるか

ヤンキース田中 あるか最優秀防御率&サイ・ヤングの2冠

田中は最終候補の3人に残っても、ブリットンに票を奪われる可能性があります」(前出の友成氏) マリナーズ・岩隈久志(35)は16勝(11敗、防御率3.08)で勝利数はリーグ4位に付けている。しかし、2ケタ黒星ではサイ・ヤング賞候補に名を連ねるのは厳しそうだ。…

ベテラン右腕が好調だ

松坂超え目前の岩隈 “ガス欠克服フォーム”で50億円ゲット

マリナーズ・岩隈久志(35)が白星を積み重ねている。 14日(日本時間15日)のエンゼルス戦で自己最多の16勝目(11敗、防御率3・87)を挙げた。ローテーション通りならレギュラーシーズンはあと3試合に登板予定。すでにレッドソックス・ポーセロが20勝(4敗)をマークしているため、今季の最多勝は絶望的だが、元レッドソックス・松坂大輔(現ソフトバンク)が08年にマークし…

四回に3点目を失い浮かない顔

マー君と投げ合い9敗目 岩隈「最多勝&PS進出」への課題

最多勝争いに名を連ねるマリナーズ・岩隈久志(35)が、元同僚対決に屈した。 24日(日本時間25日)のヤンキース戦は、楽天時代の後輩である田中との投げ合い。6回を1本塁打含む6安打3失点。まずまずの投球も、味方打線が田中に封じ込まれて9敗目(14勝)を喫した。4月17日以来となる2度目の直接対決も結果を残せなかった。 この日の岩隈は制球に苦しみ、一回、3番サンチェス…

27歳にしてすでに老獪?

かつては“神の子”…ヤンキース田中将大はMLBで矮小化

楽天時代の先輩でマリナーズの岩隈久志みたいだ。 また、相手を完全に封じ込めるような圧倒的な投球も減った。そのかわり、先発すると高確率でクオリティースタート(6回以上投げて自責点3以内)をクリアするため、試合をぶち壊すことも少ない。なんというか実に老獪で、円熟味すら感じさせる。 もちろん、これが悪いわけではない。MLBに適合すべく彼なりに模索したスタイルで結果を残して…

2人とも来季はマリナーズにいない?

任天堂撤退に加え不調…マ軍「岩隈&青木」に居場所なし

昨年12月に再契約した岩隈久志(35)は開幕から不振が続き、7試合で1勝4敗、防御率4.19。5人の先発陣で唯一、黒星が先行。抜群の制球力から「コントロール・アーティスト」の異名を取った右腕も、今季は安定感に欠け、16四死球はチームワースト2位。 一方、ジャイアンツから移籍の青木宣親(34)はリードオフマンながら、33試合で122打数29安打の打率2割3分8厘、6…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事