日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒岩祐治特集

徳田氏と強い結び付きの森田健作千葉県知事/(C)日刊ゲンダイ

猪瀬直樹だけじゃない! 徳洲会に“世話”になった知事たち


黒岩祐治神奈川県知事も 「神奈川県の黒岩祐治知事も昨年8月に虎雄理事長と面会しています。この時は県が川崎・横浜両市と共同で進めるライフイノベーション特区について意見交換し、理事長に『特区に病院を徳洲会でつくっていただきたい』と提案していました」(徳洲会関係者) 虎雄の地元・鹿児島県も大揺れだ。伊藤祐一郎知事が傲慢な県政運営がたたって市民にリコールを起こされているが、1期目の知事選で伊藤を全面…

静岡県の川勝知事は視察を見送る方向で検討

出張費「調整中」 黒岩・神奈川県知事も“リオ視察”に執心


神奈川県の黒岩祐治知事だ。江の島が東京五輪のセーリング会場。さらに「現地で事前合宿の誘致活動を行う」(オリンピック・パラリンピック課)と“トップセールス”を強調する。 日程は機内泊を含め、8月15~20日。県職員5人が随行する。今年度予算で視察費は当初約1000万円を計上したが、「やはり、ホテル代の高騰で予算超過の可能性がある」(県政関係者)という。 それでも黒岩知事がリオ視察に固執するのは、「…

川崎だけではなく、日本全国に共通する傾向

川崎の図書館廃館は「焚書坑儒」と同じだ


黒岩祐治県知事が「緊急財政アピール」を発表し、県教委が県立図書館の閲覧・貸出機能の廃止と川崎図書館廃館を打ち出した。ほとんど焚書坑儒の世界と言うべきか。県内外から寄せられた猛反対の前に前記の移転計画へと変更されはしたものの、市民の間では今なお県への不信感が払拭されていない。 「おかしいのは県内の市町村も同様です。海老名の市立中央図書館は例のTSUTAYAに委託され、血税で改修された施設が書店とス…

日本創成会議座長の増田寛也元総務相

日本創成会議の提言「高齢者の地方移住」は新たな“姥捨て山”


一方で自治体からは「高齢者を地方へ誘導させることには違和感がある」(黒岩祐治神奈川県知事)などと懸念の声が上がっている。 この提言、要するに、「高齢者は介護施設にあぶれる前に地方へ出ていけ」ということなのか。介護問題に詳しい全国介護者支援協議会の上原喜光理事長はこう言う。 「地方の介護施設や病院などのベッドがあいているからと、縁もゆかりもない土地に行けというのはあまりにも乱暴すぎます。家族や親戚…

*直近の面談日を抜粋=肩書きは当時/(C)日刊ゲンダイ

有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」


●2013年 ◇9月8日/中平まみ(作家※08年以降13回)麻生泰(麻生セメント社長) ◇9月5日/旭天鵬(力士) ◇8月19日/近藤昭一代議士、阿部知子代議士(※27回) ◇8月9日/辻宏泰(和泉市長) ◇8月5日/武見敬三参院議員 ◇7月23日/佐藤勉代議士、園田修光元代議士、山田正彦元農水大臣(※25回) ◇7月11日/石井一二元参院議員 ◇7月9日/逢沢一郎代議士 ◇6月8日/武蔵川親…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事