日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中村勝特集

大谷のおかげで“開花”!?/(C)日刊ゲンダイ

6連勝 日ハム中村勝を変えた大谷翔平のケタ違い剛速球


自分有利の投球が出来たことが良かったと思います」 試合後のお立ち台でこう笑みを見せたのが、27日のソフトバンク戦で今季無傷の6勝目を挙げた日本ハムのプロ5年目右腕・中村勝(22)。130キロ台中盤の直球と90キロ台のカーブなどを織り交ぜ、12球団ナンバーワンの相手打線を翻弄した。 中村はもともと最速140キロ台後半の直球を武器に三振を取るダルビッシュのようなタイプ。その投球内容とルックスが似てい…

広島は現在絶好調

マエケン抜けた広島も首位争い 「エース売却」何が効用か


その年の開幕投手を任された斎藤佑や当時3年目の中村勝がそうだし、吉川もそのうちのひとりでした。首脳陣も若手の底上げを図るために苦心惨憺だった。吉川はそれまで四球を連発しては交代させられるんじゃないかとベンチをチラチラ見るような投手でしたが今年は必ず辛抱して使うとハッパをかけてその気になったのです。一方でリードしているときは相手打線につかまりそうな中盤にスパッと代えることで、勝ち星と自信を植え付け…

日本ハム大谷翔平

早くも162キロの日ハム大谷 壊滅「ダル門下生」と何が違う


中村勝(24)、ダース(27)、土屋健二(25)らは日本ハム時代の門下生。自主トレも一緒にやった彼らは、しかし、伸び悩んだ。 中村は09年のドラフト1位ながらいまだ2ケタ勝利が1度もないし、ダースや土屋はすでにプロ野球界にいない。口さがない連中は「ダルにぶっ壊されたんじゃないか。教えてもらって、逆におかしくなった」などと話している。 さて、そんなダルからこのオフ、トレーニング方法や体づくりも含め…

ダルビッシュ有(左)と大谷翔平

ダルとの自主トレ発覚 ハム大谷にファンと球団ヒヤヒヤ


ダースや土屋はすでにクビになったし、6年目の中村勝は門下生になってからフォームまで変わっておかしくなったといわれている。アドバイスの中身が高度で訳が分からなくなるのかどうか。球団内部には大谷を危惧する声もあります」 さらにダルといえば名うてのモテ男。女子レスリング元世界王者・山本聖子との間に子供をもうけたとはいえ、渡米して以降、派手な女性関係に拍車がかかったともっぱらだ。 「これまでオフも野球一…

キャンプの時期は毎年好調/(C)日刊ゲンダイ

日ハム斎藤佑「2ケタ勝利」宣言も 一軍定着までには“茨の道”


中村勝(23)、木佐貫(34)、新外国人左腕のガラテ(30)が候補に控えている。リリーフにしても増井(30)、宮西(29)、クロッタ(30)が抑え候補。勝ちパターンの中継ぎ要員には白村(23)と鍵谷(24)がいる。 「実績に乏しいのは2年目の白村と3年目の鍵谷ですけど、2人は育成枠なので結果が出なくても実戦で起用する方針。斎藤も3年目まではこの育成枠だったのですが、5年目の今年はもう、ゲタを履か…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事