日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

野村弘樹特集

エースの佐々木千隼は温存

エース温存で決勝進出 新鋭の桜美林大「快進撃」の舞台裏


昨年、元横浜の野村弘樹氏が特別コーチに就任したのも大きい。2年生の長男が在籍している縁もありますが、元プロに教われるという口説き文句は、今時の高校生には効力があるのです」 初物尽くしの快進撃である。…

里崎智也が能年玲奈の穴を埋める?

同じ芸能プロ所属 能年玲奈の“穴埋め役”は元ロッテ里崎?


26日、スマートフォンアプリ「部活DO!」のイベント「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」が開かれ、MCの元ロッテ里崎智也(40)に加え、ゲストに仁志敏久(44)、野村弘樹(46)が参加。ファン65人と酒を飲みながらオフレコトークで盛り上がった。 イベントは2回目で、前回同様、今回も下ネタや野球賭博問題など、地上波では流せない内容ばかり。里崎は「(シーズン中の)移動は飛行機だと全員エコノミー。監督だけがス…

上宮高校時代の初本塁打

2年春のセンバツで打った一発が僕の孝行初本塁打でした


1年夏の大阪予選で対戦した、その年のセンバツ優勝校PL学園の野村弘樹さん(元横浜)、橋本清さん(元巨人)の球を実際に打席で見たときは、「はっ、速えぇ」とバットに当てるのが精いっぱい。2学年上の相手とはいえ、「これが全国レベルか」とため息しか出ませんでした。 最終的に僕の甲子園通算本塁打は6本。13本の清原和博さんに続き、桑田真澄さんと並ぶ歴代2位タイの数字です。憧れのKKと一緒に名前が残っている…

タイプは対照的な中畑監督(右)と川村コーチ

ベイ快進撃の陰に川村投手コーチ 権藤氏が「知性ある」と評価


実績なら三浦大輔、経験なら野村弘樹(現評論家)もいた。前年は3人揃って10勝。みなに開幕投手の資格はあったが、川村抜擢の理由を当時の担当記者に聞かれて、私は「アイツにはインテリジェンスがある」と即答したものだ。 真面目で視野が広く、少々のことではジタバタしない。抑えて淡々、打たれてニヒルな笑みすら浮かべる姿は、ベンチで見ていて頼もしかった。そうした自分の振る舞いが相手に重圧を、味方に安心感を与え…

9連続セーブの山崎(左)と喜ぶナイン

首位独走DeNA 先発左腕の補強実現なら「優勝」も視界に?


過去、先発左腕がいない優勝チームは皆無で、98年の優勝時も左腕の野村弘樹が13勝を挙げた。 幸い、DeNAには“資金”がある。この日、2万6711人の観客を集めて大入り袋が出たように、1試合平均では前年比で約3000人も増加。来日を拒否して解雇されたグリエルの人件費(総額5億円)も使わずに済んだ。シーズン中の補強はオフと比べて簡単ではないが、トレードでの獲得はもちろん、億単位の金を用意すればメジ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事