日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

前田吟特集

山田洋次監督(左)と前田吟

寅さん全作に出演…前田吟が山田洋次監督から得た“財産”


実力派バイプレーヤーとして、ドラマや映画で大活躍、バラエティー番組でもキラリと光る俳優の前田吟さん(72)。芸歴は52年になるが、下積み時代の前田さんを見いだしたのは映画監督の山田洋次さん(84)だった。 ◇ ◇ ◇ 私が役者として食えるようになったのは、なんといっても、松竹映画「男はつらいよ」シリーズに山田監督が抜擢してくれたからです。渥美清さん演じる寅次郎の妹さくらの夫、印刷工の諏訪博役とし…

『男はつらいよ 寅次郎恋歌』 DVD発売中 販売元:松竹(C) 1971 松竹株式会社

男はつらいよ寅次郎恋唄(1971年 山田洋次監督)


寅次郎の妹・さくら(倍賞千恵子)の夫・博(前田吟)は「母危篤」の知らせを受けて岡山に帰省。母は死去し、葬儀に寅次郎が現れる。葬儀後、寅次郎は博の父の飃一郎(志村喬)の家に居候。飃一郎から「人間は運命に逆らってはいけない」と諭されて柴又に戻り、喫茶店を経営する未亡人の貴子(池内)に一目惚れするが……。 テーマは「旅」だ。博は亡き母が大型客船で外国に行ってみたかったが結婚でそれを諦めたことを明かす…

主演を務める玉山鉄二(左)とシャーロット・ケイト・フォックスさん/(C)日刊ゲンダイ

視聴率下落の一因?マッサンに「早くウイスキー作って」の声


第8週は、父・政志(前田吟)の危篤を知らせる電報を受けとった政春と妻のエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が、実家の広島・竹原へと向うも、電報は母・早苗(泉ピン子)が政春を家に連れ戻すためのウソだったという展開。しかも早苗はエリーが作る料理を、亀山家の味ではないと認めないなど、泉ピン子の演技が炸裂した週でもあるため、〈泉ピン子がまたキツかった〉という意見もある。 全150回の「マッサン」…

泉ピン子とヒロイン役のシャーロット/(C)日刊ゲンダイ

新朝ドラ「マッサン」 泉ピン子に「朝からキツイ」と散々な声


造り酒屋の番頭役の高橋元太郎(73)は「水戸黄門」のうっかり八兵衛だし、ヒロインをイビリまくる姑の泉ピン子(67)に、舅の前田吟(70)と「渡る世間は鬼ばかり」メンバーが夫婦役。この2作品、いずれも長寿番組であり、出演者たちの茶の間の認知度はバツグン。懸念される外国人ヒロインのアレルギー対策もバッチリである。 ■視聴者を初回KOした姑役ピン子の“毒っ気” だが、一部ではこんな不安要素も囁かれてい…

街中でじゃんじゃん宣伝/(C)日刊ゲンダイ

視聴率大幅ダウンの「HERO」 ゲスト出演者もSMAP頼み?


第2話は谷原章介で、第3話は前田吟……。視聴率のV字回復は見込めません」(放送担当記者) そんな窮地のフジがすがるのはやはりSMAPだという。 「今年の『27時間テレビ』で司会を務めるのがSMAP。もちろん、司会はキムタクが『HERO』に主演していることを見越してのことだが、ドラマの終盤に向け、SMAPのメンバーを何らかの形で投入していくようです。となれば、メンバー5人がそろう唯一のレギュラー番…

子供時代からの縁だった/(C)日刊ゲンダイ

音無美紀子に「村井だけはやめとけ」と言った地井武男の兄心


当時、俳優座の15期生、夏八木勲さん、前田吟さん、小野武彦さんたちがいらして、演劇青年って感じでステキでした。後に結婚することになる村井(國夫)さんもいました。次の芝居も見に行った時、村井さんに一目惚れしてしまって…。 私のデビュー作「お登勢」(71年、TBS系)には地井さんと村井さんも出演していました。私は村井さんに折に触れ話しかけていました。そんな私に地井さんはただ一言、「村井だけはやめとけ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事