日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森誠特集

森誠氏

「なぜニワトリは毎日卵を産むのか」森誠氏


手倉森“次期”監督の青写真も

ハリル消沈…代表合宿はさながら“手倉森新党”旗揚げ前夜


「リオ五輪に出場した手倉森誠前五輪代表監督(48)が9月8日、日本代表のコーチに正式就任したが、この人事に対してハリルホジッチ代表監督(64)は『W杯予選中に成績不振を理由にオレのクビを切ろうとしているのか? テグラモリが後釜なんだな!』と激怒したといわれている。実際のところ、日本サッカー協会はハリルの能力に見切りをつけ、6日のW杯アジア最終予選イラク戦(埼玉スタジアム)と11日のオーストラリ…

横浜M戦の風間監督

ハリル後任に“第4の男” CS進出の川崎・風間監督が急浮上


そこでポスト・ハリルの名前として現日本代表コーチの手倉森誠・前五輪監督(48)、広島を率いてJ優勝3回を誇る森保一監督(48)、14年Jリーグを制した長谷川健太G大阪監督(51)が取り沙汰されているが、ここに来て「第4の男」が急浮上してきた。25日の横浜M戦を終了間際の劇的決勝弾でモノにして年間総合順位1位をキープ、Jリーグ王者を決めるチャンピオンシップ(CS)戦出場資格の年間順位3位以内を「…

どうすりゃいいのさ?

ハリル監督を悩ませる 欧州組の低迷と手倉森コーチの再任


8日、リオ五輪で指揮を執った手倉森誠監督(48)の日本代表コーチ就任が内定したが、このことに指揮官は不快感をあらわにしたという。 「ハリルは手倉森コーチに対して『サッカー協会は、W杯予選中に成績不振を理由にオレのクビを切るつもりか? 後任としてコーチに復帰させたのか?』と激怒したと聞きます。しかし、国内組を選考する際、手倉森コーチの選手の力量を見抜く眼力、選手の個人情報の豊富さは頼りになる。この…

監督としての評価は高値安定

リオ五輪1次L敗退の手倉森氏に「鹿島監督」就任内定情報


采配を振った手倉森誠監督(48)も選手も「絶対にメダルを持ち帰る」と大言壮語していた分、さすがに帰国した時は、バツが悪そうだった。もっとも監督としての評判は悪くない。 「選手は谷間の世代と言われてJ1のレギュラー級も少なく、本大会直前にはエースFW久保が所属リーグのチーム事情で招集できなくなった。それでも健闘したことでサッカー界での評価は高値安定です」(サッカー協会関係者) 今後の去就については…

ナイジェリアのサディクと争う植田

手倉森Jが5失点 現地取材記者にナイジェリアはどう見えた


リオ五輪サッカーで手倉森誠監督率いる日本五輪代表がグループリーグB組の初戦・ナイジェリア戦(日本時間5日午前10時キックオフ)で試合当日の長距離移動で話題を集めた相手に5点を叩き込まれ、世界中に醜態をさらしてしまった。 それにしても、だ。日本は実力上位のナイジェリアが相手だったとはいえ、絶対に勝たないといけない試合だった。 大会前、米国アトランタで合宿を張ったナイジェリアは当初、7月29日にブラ…

現役日本代表で最多得点者でもある

戦術ピタリ リオ五輪サッカーOAに岡崎1人召集という選択


男子五輪代表の手倉森誠監督(48)は、リオ五輪で年齢制限なしのオーバーエージ(OA)3人枠を使うことにしているが、そのことでアレコレ頭を悩ませている。 前回12年ロンドン五輪ではDF吉田麻也(英サウサンプトン)、DF徳永悠平(FC東京)の2人が招集され、4位の立役者となった。96年アトランタ大会の西野朗監督と08年北京五輪の反町康治監督はOA枠を使わなかった。 「監督それぞれではあるが、手倉森監…

手倉森監督の胸中やいかに?

新技術委員長は“不要論者” リオ五輪サッカーOA枠どうなる


リオ五輪の対戦相手が決まった手倉森誠・五輪代表監督には頭痛のタネがある。6月10日までに結論を出さないといけない「オーバーエージ(OA)枠」を使うかどうか――である。 「23歳以下」選手で構成される五輪代表には、96年の米国・アトランタ大会以降、本大会で「年齢制限なしのOA枠選手が最大3人」認められるようになった。もちろんOA枠を使わない選択肢もあるが、リオ五輪出場を決めた直後、日本サッカー協会…

抽選会で「日本」を引いた元ブラジル代表ロナウジーニョ

「厳しい組」リオ男子サッカーGLの相手を中山淳氏が分析


この2選手以外にも、欧州各国リーグの主要クラブに所属する選手は多く、日本のB組にスウェーデンが入ってきたことは、不運と言うしかありません」(中山氏) 組み合わせを受けて五輪代表の手倉森誠監督はこうコメントした。 「全体的にまんべんなく振り分けられ、死の組もないし、楽なグループもない。日本にとっては良いグループに入ったと思います。このグループを勝ち抜き、決勝トーナメントに行くことで(他国が)日本へ…

優勝カップを手にするGK櫛引(左2)

私が選ぶMVP、GK櫛引はA代表に抜擢すべきだ


手倉森誠五輪代表監督(48)情報が氾濫している。もちろんリオ五輪出場を決めたからだが、つい先日までテクラモリなの? それともテグラモリ? なんて言われていたのがウソのようだ。 そのテグラモリ監督情報で一番ビックリしたのが、あるスポーツ紙の報じた「Jリーグ開幕前年の92年にチーム(J鹿島の前身・住金サッカー部)から戦力外通告。『故郷の青森で居酒屋でも開こう』と思い、資金を増やそうとして中山競馬場で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事