日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山本周五郎特集

ピース又吉に続く?

押切もえ 山本周五郎賞ノミネートで直木賞に“リーチ”か


第29回「三島由紀夫賞・山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の候補作が21日に発表され、モデルでタレントの押切もえ(36)の小説「永遠とは違う一日」(新潮社)が、山本周五郎賞にノミネートされて話題になっている。 普段はファッション誌で活躍する押切だが、小説は13年のデビュー作「浅き夢見し」に続く2作目での快挙。「永遠とは違う一日」は、文芸誌「小説新潮」15年1月号~16年1月号に断続的に連載され…

元宮城県知事の浅野史郎さん

浅野史郎さん 山本周五郎の「ながい坂」が人生を後押し


山口瞳に匹敵するお気に入りが山本周五郎で、その後の人生を後押ししてくれた作家だという。 「昭和60年、厚生省から福祉課長として北海道庁に赴任。そこでライフワークとなる障害福祉の仕事に出合いました。赴任から2年後の昭和62年、本省に戻され、4月から9月までが次の仕事が決まるまでの待命期間で、その間の5月ごろに読み始めたのが山本周五郎の『ながい坂』。そこに描かれる下級武士は、学問や武芸に励んで藩の要…

「欲しいです」と受賞に期待

評価真っ二つだった 押切もえ“山本周五郎賞候補”の舞台裏


第29回山本周五郎賞(主催・新潮文芸振興会)の候補に選出されたニュースは、球界きってのプレーボーイ・ロッテ涌井秀章投手(29)との真剣交際宣言以上にオンナの株を上げたのは間違いない。 モデルでタレントの押切もえ(36)。著書としては2作目となる連作短編集「永遠とは違う一日」(新潮社)で、歴史ある文学賞にノミネートされた“舞台裏”が明らかになってきた。 25日に出席したイベントでは「欲しいです」と…

真保裕一氏

「遊園地に行こう!」真保裕一氏


96年「ホワイトアウト」で吉川英治文学新人賞受賞、97年「奪取」で日本推理作家協会賞と山本周五郎賞受賞、06年「灰色の北壁」で新田次郎文学賞を受賞。幅広いジャンルで多彩な作品を発表し続けている。…

「奥様はクレイジーフルーツ」柚木麻子氏


08年「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール読物新人賞受賞、15年「ナイルパーチの女子会」で第28回山本周五郎賞受賞。著書にベストセラーになった「ランチのアッコちゃん」「伊藤くんAtoE」「本屋さんのダイアナ」など多数。…

柊子

柊子 ヒロイン抜擢も謙虚な覚悟「自分はひょっとこ顔」


BSジャパン開局15周年特別企画 火曜スペシャル「山本周五郎人情時代劇」第9話の「しじみ河岸」(2016年2月2日夜9時~)のクランクイン初日。カメラの前に立った彼女は、むっつり顔の「陶子サン」の面影は消え、生き惑う長屋の娘の表情になっていた。 「お絹さんという女性が抱えている悲哀はひと言では表せない。私が120%演じ切るなんてことは到底考えられません。ただ、お絹さんに初めて会ったのは原作であり…

タカラバイオ株式会社の仲尾功一社長

【タカラバイオ株式会社】仲尾功一社長


山本周五郎の『樅ノ木は残った』『ながい坂』、司馬遼太郎の『峠』です。これが読んだら面白い。またまた、はまって片っ端から長編歴史小説を手に取った。どちらかというと、江戸時代より維新のころが舞台の作品が好きですね」 最近、印象に残った作品は? 「Sでは気候変動の謎に迫る『チェンジング・ブルー』、Bは技術系の頭でも分かりやすいマーケティングの話『100円のコーラを1000円で売る方法』。Hでは醸造の漫…

「金太郎」「特命」に続くか

タイトルも方程式通り 高橋克典“イクメン侍”で狙う新たな顔


山本周五郎の「人情裏長屋」が原作で、撮影は京都・太秦の松竹撮影所。中村嘉葎雄(77)、笹野高史(67)、左とん平(78)といったベテラン勢が脇を固め、会見に出席したキャストらの和気あいあいとした様子はチームワークの良さと順調な撮影ぶりをうかがわせた。 男臭い物語には“マドンナ”の存在がつきもの。実際、ドラマ「金太郎」では羽田美智子、「只野仁」では三浦理恵子ら“お色気女優”が花を添えたが、もちろん…

「子連れ信兵衛」試写会での高橋克典

高橋克典が子連れ「イクメン侍」に挑戦するユニークな設定


原作は山本周五郎の「人情裏長屋」。貧しくてもたくましく支え合って暮らす人々を描くのは、作家が得意とするところ。この原作は70年代、高橋英樹さん主演で「ぶらり信兵衛─道場破り─」としてドラマ化されています。 高橋克典さんは昨年、テレビ東京の看板時代劇「大江戸捜査網」に主演。カッコいい隠密同心のリーダーでしたが、信兵衛は江戸のイクメン侍。「赤子を連れた立ち回り、男女の恋模様など見どころたっぷり」と…

「今年は私の番!?」

“邦画押し”が追い風に 竹内結子は「最優秀女優賞」取れるか


同映画は山本周五郎賞受賞のドキュメンタリー・ホラー長編「残穢」(小野不由美著)を原作とし、複数のホラー映画の監督・脚本も手がけている中村義洋監督がメガホンを取った超本格派の恐怖ムービー。しかも竹内は大の怖がりで「あまりの怖さに試写の途中でドロップアウト。ヘタレなんです」と自らのビビリも告白。それでも最後は全て笑いに変えてしまうあたり、映画やドラマに引っ張りダコの人気女優としての余裕を感じさせた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事