日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松山英樹特集

4番パー5でもアイアンでティーショットを打った松山

コース警戒しすぎた…松山英樹“大誤算”の1オーバー75位

【全英オープン 初日】 4年連続、4度目出場の松山英樹(24)は3バーディー、4ボギーの1オーバーで、首位と9打差の75位と大きく出遅れた。 会場のロイヤルトルーンGCはアウト(3445ヤード)がイン(3745ヤード)よりも距離が短いため、「全英では最もやさしいフロント9、最も難しいバック9」といわれている。だから前半で貯金をため、後半はボギーをたたかずに耐えるゴル…

パットを打ち切れず2勝目逃す/(C)AP

松山英樹またも1打差惜敗 「勝負のバック9」でなぜ“失速”

米ツアー2勝目に向けトップと3打差2位タイの好位置から発進した松山英樹(22)は、またしても1打差で勝てなかった。 アウトはギャラリーが驚くほどの勢いがあった。出だし1番パー4は残り129ヤードの2打目を直接カップに放り込んでイーグル発進。その後は3番3メートル、5番4メートルとバーディーチャンスをことごとく決めて、首位のM・レアードを捕らえて14アンダーで並んだ。…

パットが入らず肩を落とす松山/(C)AP

今季初優勝逃した松山英樹に「ゴルフ以外にも課題山積」の声

[現代自動車チャンピオンズ大会](米ハワイ州プランテーションコース=7452ヤード・パー73) 自身2度目の米ツアー最終日首位タイ発進の松山英樹(22)は再三のチャンスを決められず、3バーディー、ノーボギーの70で回り、1打差3位タイに終わった。最終日は通算21アンダーまでスコアを伸ばしたパトリック・リード(24)とジミー・ウォーカー(35)とのプレーオフに突入。1…

ショットは上々だが…

松山英樹は今年初戦初日は7位発進 Vへの“ノルマ”は?

【SBSチャンピオンズ 初日】 ツアー外競技のヒーローワールドチャレンジ優勝から1カ月ぶりの実戦となった松山英樹(24)。初日はボギーなしの4アンダー7位タイにつけた。トップのジミー・ウォーカーとは4打差だった。 試合後、「ショットは悪くなかったのにスコアを伸ばせなかったのは残念」と振り返った。 グリーンを外したのはティーショットがバンカーにつかまった6番ホールだけ…

過去2大会はトップ10入りの松山

プロツアー激辛情報

松山英樹 マスターズ優勝の条件は狭いルート攻める決断力

ゴルフ界で今年一番の注目は? と聞けば、ほとんどのゴルフファンは「松山英樹のメジャー制覇」と答えるに違いない。 昨年、松山は10月から2カ月足らずの間に5戦して4勝を挙げている。メジャー制覇に向かってまっしぐらの一年になりそうだ。日本人には特に人気があって、本人も一番欲しがっているのは4月のマスターズだ。 マスターズの開催コース・オーガスタナショナルGCは7445ヤ…

ホスト役のウッズ(左)と松山

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

松山英樹はオフにメジャー優勝に向けた準備に取り組め

タイガー・ウッズがホスト役を務める米ツアー外競技「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で松山英樹が優勝したり、日本女子オープンに勝ってプロ転向した畑岡奈紗が米女子ツアー最終プロテストに挑戦して来季出場権を獲得したりと、明るいニュースが次々と海外から飛び込んできました。 日本人でも世界で活躍できることを2人が実証してみせ、ゴルフファンの目はますます海外に向くでしょう。 とく…

松山はパットに問題アリ

W杯最終日後半は“守り”に 松山英樹メジャー制覇への課題

最終日は松山英樹(24)が4バーディー、石川遼(25)が3バーディーを決めて65で回り、通算14アンダーまで伸ばした。だが、成績は6位に終わった。 今大会は団体戦であり、4日目は松山、石川がそれぞれのボールを打って、いいスコアを採用するフォアボール形式が行われた。大会2日目に初優勝したデンマークが60を出したように、2人のプレーがかみ合えば、爆発的なスコアが出やすい…

海外企業のロゴでいっぱいになるのか

セレブと化す松山英樹 ロレックス皮切りにオファー殺到か

男子ゴルフの松山英樹(24)が世界的な高級時計メーカー「ロレックス」とスポンサー契約を結ぶことになった。ロレックスが日本人スポーツ選手と契約するのは初。報じた日刊スポーツによれば、近日中にも正式契約を結ぶことになるという。先月30日までのHSBCチャンピオンズで米ツアー通算3勝目を挙げ、日本人として初めて世界選手権シリーズを制すると、世界ランクは自己最高の6位にアッ…

勇気を持ってパッドできるかが問われている

メジャー制覇へ 松山英樹がクリアすべき課題

今年のマスターズでも松山英樹は勝つチャンスがあった。しかし、アーメンコーナーあたりから2、3メートルのバーディーパットを打てずに7位にとどまっている。 2位に7打の大差をつけて圧勝した今回のWGC-HSBCチャンピオンズ(中国・上海)は試合前の雨でグリーンが軟らかくなっていた。フェアウエーからはピンを狙ってバックスピンの利いたアイアンショットができた。ラフからグリ…

名実ともに世界トッププロの仲間入り

松山英樹がWGC快挙でも…ゴルフブームはもう起きないのか

【WGC-HSBC選手権】 大会2日目から首位に立った松山英樹(24)が逃げ切り、米ツアー3勝目を挙げた。年に4試合ある世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズの日本人優勝は初の快挙で、米ツアー3勝は丸山茂樹(47)に並ぶ日本勢最多勝利になった。 「朝はすごく緊張していたけど、1番でバーディーが取れてうまくスタートが切れた。ノーボギーで回れてよかった」(松山) 2位と3打…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事