日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

菅原文太特集

/(C)AP

高倉健に少しも臆していない菅原文太の芝居


【大脱獄(1975年・東映)】 高倉健、菅原文太が共演したアクション映画である。両者が共演した映画は11本とされている。ただし、東映に移籍してきたばかりの菅原文太がほんのちょっとしか出ていない映画もあり、それを共演と呼べるかどうか。単に「ふたりが出ている」映画と共演は違う。 「大脱獄」は「仁義なき戦い」でスターになった菅原文太が高倉健と対等な立場で共演している映画である。ただし、出番は高倉健の方…

菅原文太さん

テレビで見てラジオに呼んでくれた菅原文太さん


菅原文太さんにもお世話になりました。 知り合ったきっかけはニッポン放送からの電話でした。「菅原文太 日本人の底力」というラジオ番組があったんですが、スタッフの方から、文太さんが出て欲しいって言っていますって。それまでまったく面識も何もなかったんですが、僕をテレビで見て、呼んで欲しいと言われたそうです。それでニッポン放送に行ったのが初対面でした。 僕はその直前に初めての本を出していたんです。その本…

菅原文太

【菅原文太さんのケース】医師は膀胱全摘を提案。でも、温存できた


それが嫌でねぇ……」 昨年11月、膀胱がんで亡くなった俳優・菅原文太さん(享年81)が、私の外来にセカンドオピニオンを求めにこられたのは、07年3月でした。テレビや映画で見せるような元気さは影を潜め、軽いうつ状態という印象がありました。 別の病院で手術日程を決め、輸血のために自分の血液を採取して保存。一度は腹をくくったものの、コンビニの袋のような人工膀胱をぶら下げて生活するのがどうしても釈然とせ…

“キンキン”の愛称で親しまれた愛川欽也さん

【愛川欽也さんのケース(1)】高倉健も菅原文太も。最期まで仕事できた共通項


昨年11月、高倉健さん(享年83)、菅原文太さん(享年81)という日本を代表する銀幕のスターがこの世を去りました。健さんは悪性リンパ腫(リンパ組織の悪性腫瘍)で、文太さんは膀胱がんでした。 お2人とも最晩年までお元気で若々しく、とても80代とは思えませんでした。戦後の日本人の生活習慣はほぼ理想的で、体は年齢以上に若くなっています。しかし、がんは遺伝子の「経年変化」と言える病気ですから、どんなに…

基地問題に関する執筆を続けている/(C)日刊ゲンダイ

沖縄移住した「噂の真相」元編集長が語る「辺野古移転の真相」


――沖縄県知事選でも、菅原文太さんが那覇市内のスタジアムで開かれた決起集会に駆け付け、戦争が出来る国づくりに邁進する安倍政権や中央に言いなりの仲井真知事(当時)を批判しながら、戦争の愚かさと平和の尊さも訴えました。これにも関わられていたと聞きました。 菅原文太さんの応援演説は、この店(那覇市美栄橋の瓦屋別館)に翁長選対関係者が集まった時に私が提案しました。1万人集会を那覇市内のスタジアムでやる…

東京都知事選では細川護煕氏を応援した(左)/(C)日刊ゲンダイ

菅原文太さん 「仁義なき」暴挙に走る安倍政権に“痛烈遺書”


28日に肝不全のため亡くなった菅原文太さん(享年81)。映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」シリーズなどの大ヒットでスター俳優としての地位を確立。映画、ドラマ、声優など幅広いジャンルでいぶし銀の存在感を発揮してきたが、不帰の人となった。 「菅原さんの後半生にはショッキングな出来事が2つあった。ひとつは俳優だった長男・加織さんが事故で亡くなったこと(享年31)。もうひとつは『3・11』の震災で…

芸能界を引退後も講演活動など精力的に活動していた/(C)日刊ゲンダイ

菅原文太さんが死去 高倉健さんに続き大物俳優がまた…


俳優の菅原文太さんが死亡していたことが1日、分かった。享年81。高倉健さんに続く“大物俳優”の訃報だ。 菅原さんは1933年8月16日生まれ、宮城県出身。早大第二法学部進学後、モデルや「劇団四季」の団員を経て、58年「白線秘密地帯」(新東宝)で本格映画デビュー。73年に始まった「仁義なき戦い」シリーズの広能昌三役で人気を不動のものとし、「トラック野郎」など数多くのヒット作に主演した。 東日本大震…

国の未来を憂えていた/(C)日刊ゲンダイ

菅原文太さんが残した“遺言” 「日本はいま危うい局面にある」


そうしたきな臭い状況に危機感を抱くのが元俳優の菅原文太さんだ。この夏80歳を迎えた老優は日本の何を危惧しているのか――。 ■「今の日本は真珠湾攻撃をした時と大差ない」 毎年8月になると太平洋戦争を思い出します。日本が戦争に負けた昭和20(1945)年当時、私は小学6年生で、宮城県栗原郡(現・栗原市)の小さな村に住んでいました。 敗戦が近づいた頃のこと、仙台の街がB29の空襲を受けましてね。家の屋…

菅原文太とパチリ/(C)日刊ゲンダイ

宮崎靖男が暴露 鈴木則文監督と菅原文太の「大ゲンカ」


ヤクザ、エロ、お笑いと何でもござれの娯楽映画作りの職人だったが、星桃次郎(菅原文太)と“やもめのジョナサン”こと松下金造(愛川欽也)がドタバタを繰り広げる「トラック野郎」シリーズは鈴木監督の代表作だ。その10作すべての配車とアドバイザリーを担当。自らも出演した宮崎靖男さん(70)は今どうしているのか。 「鈴木監督と会ったのは『トラック野郎』のロケが始まる直前だから、75年の7月初旬だね。横浜の東…

小倉智昭さん

小倉智昭さんが膀胱がん告白 人工膀胱が嫌なら手術拒否も


2年前に亡くなった菅原文太さん(享年81)も、人工膀胱が嫌で手術を拒否し、放射線と抗がん剤の治療で膀胱を温存しました。 ■菅原文太さんは元気に7年 膀胱がんは男性に多く、男女比は3対1。がんが膀胱の粘膜にとどまるステージ1だと、尿道から内視鏡で切除することもでき、5年生存率は91.8%ですが、取り残しが少なからずあって再発しやすい。膀胱と同じ尿路上皮で覆われている腎盂や尿管にもできているケースも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事