日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋純平特集

今大会では145キロを超す速球を披露

高橋純平「U18W杯登板」と中日「即戦力指名」情報の“因果関係”

なのに県予選はほとんど投げずに敗退、わずか1カ月後に行われた今大会で登板したのが高橋純平だ。 地区予選で投げなかった理由は左太ももの肉離れ。患部を痛めたのはもちろん事実だし、今大会で登板しているのは状態が回復したからに他ならない。しかし、1カ月後に投げられるくらいのケガなら、なぜ高校生活の総決算ともいえる岐阜県大会で無理をしなかったのか。さるスカウトがこう言った。 …

1位有力候補の高橋純平(左)と落合GM

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

ただ、中日のお膝元である岐阜には、高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)がいる。果たして、落合GMが高橋に触手を伸ばすのか、見ものだよ」 高橋は地元の選手であることに加え、中日スカウトによる調査でも「現時点では大学・社会人を含めた全アマ選手と比較しても、1位の最有力候補」に挙げているといわれる。地元のスター候補生だけに、なんとしても指名したいところだろう…

ソフトバンクの高橋純平

SB工藤監督の進退を左右 15年ドラ1高橋純平の2年目の飛躍

「右の先発枠を取るつもりで狙っていく」 こう意気込んだのは、ソフトバンクの高橋純平(19)。10日、今年初めて二軍施設で練習した。年末年始は実家のある岐阜で打者相手に投球練習をするなど今季にかける思いは強そうだ。 15年ドラフトで3球団の競合の末に入団した右腕は、昨季の新人合同自主トレ初日に左スネの張りでリタイア。一軍登板なくシーズンを終えた。 ■ストレートはすでに…

力強さが加わった

フレッシュ球宴で154km連発 高橋純平はSB二軍で確実成長

ウエスタン先発の高橋純平(ソフトバンク)が自己最速を2キロ更新する154キロを連発した。 「高校ナンバーワン右腕」と呼ばれた高橋は、昨秋ドラフトで3球団の競合の末、ホークスへ1位入団。この日は同期のオコエ(楽天)に二塁打を打たれたが、4番の岡本(巨人)には全球ストレート勝負で5、6球目に154キロを連発。最後は150キロで空振り三振を奪い、「二軍にいるときより楽に投…

ソフトバンク高橋は左足をかばう癖が

高橋純と小笠原で好対照…ドラ1位新人2人に早くも課題

「一軍で投げるには時間がかかるよ」 ソフトバンクのチーム関係者がこう言うのは、ドラフト1位の高橋純平(県岐阜商)に関してだ。 昨春のセンバツでベスト8入りし、高校ナンバーワン右腕と称された高橋だが、9日の新人合同自主トレ初日、200メートルダッシュの際に左すねに張りを訴えていきなりリタイア。昨年、左太もも裏の肉離れを起こした影響で、左足の筋力が弱っていることもあり、…

日ハム大谷のようになれるか

ソフトBドラ1高橋純平 ハム大谷級への成長に足りないもの

3球団の入札が競合して、ソフトバンクに1位指名された高橋純平。春のセンバツでは150キロをマークしたし、素質に恵まれたスケールの大きな投手であることは間違いない。 問題があるとすれば体か。左太もも肉離れのため夏の岐阜県大会ではほとんど投げずに敗退。夏の甲子園後のU-18では代表メンバーに選ばれながら、出番はわずかだった。素質はあるが、ケガが問題視されてプロ入りした高…

逸材には間違いないが…

プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

「巨人、阪神が熱心みたいですけど、フタをあけたらどうなるかわかりませんよ」 U-18日本代表に選出され、8日にプロ志望届を提出した今秋ドラフト1位候補の高橋純平(県岐阜商)について、パ球団のスカウトがこう言った。 夏の予選前に左太ももを肉離れし、わずか1試合の登板に終わった高橋。U-18W杯では、高橋を狙う球団のスカウトが連日、球場に足を運び、故障の具合がどうなのか…

センバツではチームを8強に導いた

「故障を利用」の声も 県岐阜商・高橋純平にスカウト疑心暗鬼

今ドラフトの目玉右腕・高橋純平が、初戦の2回戦に続いて、この日もマウンドに上がらなかったからだ。 「全体的にフォームが崩れているので、バランスを修正して、次は投げられるようにしたい」 試合後の本人がこう言えば、指揮を執る小川監督は、「調子が良くない。ムリをさせられない状況なので」と話した。 しかし、高橋を含む3年生部員にとっては、負ければその時点で高校生活最後の大会…

ドラフト1位指名が確実の高橋純平

高校No.1右腕・高橋純平 「課題は暑さ」とスカウト指摘

今年の高校生ナンバーワン投手といえば高橋純平(県岐阜商)。すでに今秋のドラフト1位指名を決めたプロ球団も中にはある。 5日は夏の甲子園出場がかかる岐阜県大会の初戦。長良川球場のスタンドにはヤクルトの小川SDを含め10球団、計20人のスカウトが駆け付けたものの、高橋は登板せず“空振り”に。県岐阜商は控え投手の継投で3回戦に進出した。 高橋は今春のセンバツで150キロを…

“モノ”はいい

高橋純平を生で見たら気になるところが3つあった

開催中のセンバツで話題の最速152キロ右腕、県岐阜商の高橋純平(3年)の初戦をネット裏で見た。 最速は150キロと表示されたものの、私の見たところ、MAXは147キロほど。直球よりブレーキの利いたスライダーがいい。常時142~143キロの直球に130キロ程度の落差のあるスライダーがある。高校生なら直球に見えてクルクルと空振りするだろう。 いい素材だから、あえて言わせ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事