日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋純平特集

今大会では145キロを超す速球を披露

高橋純平「U18W杯登板」と中日「即戦力指名」情報の“因果関係”

なのに県予選はほとんど投げずに敗退、わずか1カ月後に行われた今大会で登板したのが高橋純平だ。 地区予選で投げなかった理由は左太ももの肉離れ。患部を痛めたのはもちろん事実だし、今大会で登板しているのは状態が回復したからに他ならない。しかし、1カ月後に投げられるくらいのケガなら、なぜ高校生活の総決算ともいえる岐阜県大会で無理をしなかったのか。さるスカウトがこう言った。 …

1位有力候補の高橋純平(左)と落合GM

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

ただ、中日のお膝元である岐阜には、高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)がいる。果たして、落合GMが高橋に触手を伸ばすのか、見ものだよ」 高橋は地元の選手であることに加え、中日スカウトによる調査でも「現時点では大学・社会人を含めた全アマ選手と比較しても、1位の最有力候補」に挙げているといわれる。地元のスター候補生だけに、なんとしても指名したいところだろう…

ソフトバンクの高橋純平

SB工藤監督の進退を左右 15年ドラ1高橋純平の2年目の飛躍

「右の先発枠を取るつもりで狙っていく」 こう意気込んだのは、ソフトバンクの高橋純平(19)。10日、今年初めて二軍施設で練習した。年末年始は実家のある岐阜で打者相手に投球練習をするなど今季にかける思いは強そうだ。 15年ドラフトで3球団の競合の末に入団した右腕は、昨季の新人合同自主トレ初日に左スネの張りでリタイア。一軍登板なくシーズンを終えた。 ■ストレートはすでに…

力強さが加わった

フレッシュ球宴で154km連発 高橋純平はSB二軍で確実成長

ウエスタン先発の高橋純平(ソフトバンク)が自己最速を2キロ更新する154キロを連発した。 「高校ナンバーワン右腕」と呼ばれた高橋は、昨秋ドラフトで3球団の競合の末、ホークスへ1位入団。この日は同期のオコエ(楽天)に二塁打を打たれたが、4番の岡本(巨人)には全球ストレート勝負で5、6球目に154キロを連発。最後は150キロで空振り三振を奪い、「二軍にいるときより楽に投…

ソフトバンク高橋は左足をかばう癖が

高橋純と小笠原で好対照…ドラ1位新人2人に早くも課題

「一軍で投げるには時間がかかるよ」 ソフトバンクのチーム関係者がこう言うのは、ドラフト1位の高橋純平(県岐阜商)に関してだ。 昨春のセンバツでベスト8入りし、高校ナンバーワン右腕と称された高橋だが、9日の新人合同自主トレ初日、200メートルダッシュの際に左すねに張りを訴えていきなりリタイア。昨年、左太もも裏の肉離れを起こした影響で、左足の筋力が弱っていることもあり、…

日ハム大谷のようになれるか

ソフトBドラ1高橋純平 ハム大谷級への成長に足りないもの

3球団の入札が競合して、ソフトバンクに1位指名された高橋純平。春のセンバツでは150キロをマークしたし、素質に恵まれたスケールの大きな投手であることは間違いない。 問題があるとすれば体か。左太もも肉離れのため夏の岐阜県大会ではほとんど投げずに敗退。夏の甲子園後のU-18では代表メンバーに選ばれながら、出番はわずかだった。素質はあるが、ケガが問題視されてプロ入りした高…

逸材には間違いないが…

プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

「巨人、阪神が熱心みたいですけど、フタをあけたらどうなるかわかりませんよ」 U-18日本代表に選出され、8日にプロ志望届を提出した今秋ドラフト1位候補の高橋純平(県岐阜商)について、パ球団のスカウトがこう言った。 夏の予選前に左太ももを肉離れし、わずか1試合の登板に終わった高橋。U-18W杯では、高橋を狙う球団のスカウトが連日、球場に足を運び、故障の具合がどうなのか…

センバツではチームを8強に導いた

「故障を利用」の声も 県岐阜商・高橋純平にスカウト疑心暗鬼

今ドラフトの目玉右腕・高橋純平が、初戦の2回戦に続いて、この日もマウンドに上がらなかったからだ。 「全体的にフォームが崩れているので、バランスを修正して、次は投げられるようにしたい」 試合後の本人がこう言えば、指揮を執る小川監督は、「調子が良くない。ムリをさせられない状況なので」と話した。 しかし、高橋を含む3年生部員にとっては、負ければその時点で高校生活最後の大会…

ドラフト1位指名が確実の高橋純平

高校No.1右腕・高橋純平 「課題は暑さ」とスカウト指摘

今年の高校生ナンバーワン投手といえば高橋純平(県岐阜商)。すでに今秋のドラフト1位指名を決めたプロ球団も中にはある。 5日は夏の甲子園出場がかかる岐阜県大会の初戦。長良川球場のスタンドにはヤクルトの小川SDを含め10球団、計20人のスカウトが駆け付けたものの、高橋は登板せず“空振り”に。県岐阜商は控え投手の継投で3回戦に進出した。 高橋は今春のセンバツで150キロを…

“モノ”はいい

新・鬼の遺言

高橋純平を生で見たら気になるところが3つあった

開催中のセンバツで話題の最速152キロ右腕、県岐阜商の高橋純平(3年)の初戦をネット裏で見た。 最速は150キロと表示されたものの、私の見たところ、MAXは147キロほど。直球よりブレーキの利いたスライダーがいい。常時142~143キロの直球に130キロ程度の落差のあるスライダーがある。高校生なら直球に見えてクルクルと空振りするだろう。 いい素材だから、あえて言わせ…

県岐阜商の高橋(左)と小川監督

球数や起用法は? 県岐阜商小川監督に聞く「エース高橋純平」

24日に登場するのが大会ナンバーワン右腕といわれる高橋純平(3年)を擁する県岐阜商(岐阜)だ。スポーツ紙は「12球団が高評価」などとかまびすしいが、注目選手を預かることに苦悩はないのか。小川信和監督(43)に聞いた。 ――高橋は中学時代から140キロを投げていたそうですが、入学当初の印象は。 「体は今よりも細かったですね。それは当然ですけど、私が驚いたのはランニング…

None

センバツ屈指の声 県岐阜商・高橋純平投手「驚異の制球力」

「大会ナンバーワン投手」との呼び声が高い高橋純平(県岐阜商)が聖地で笑顔を浮かべた。 24日の松商学園(長野)との初戦に向け、「一球一球を大事に楽しみながら投げたい」と意気込んだ右腕は、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。なかでも巨人は、「去年のドラフトに入れても1位。安楽(現楽天)よりも上」と藤本スカウトが絶賛している。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。…

上位指名が有力に佐藤世那投手

仙台育英・世那は「剛速球投手」 “流しのブルペン捕手”が絶賛

お願いしたいと考えていた高橋純平(県岐阜商)、小笠原慎之介(東海大相模)のピッチング捕球が夏以降の体調不十分のためにかなわなかったことが残念でならないが、去る15日に実際に球を受けて驚いたのが、今夏の甲子園準優勝投手・佐藤世那(仙台育英)だ。 ヒジの故障が心配された甲子園では、予選とは打って変わってフル回転で準優勝に貢献した。その後行われた国際大会「U―18」でも…

不安を払拭できるか

スカウト注目 駒大・今永の「復活登板」落合GMに朗報のワケ

しかし、中日は、今永ら即戦力投手を1位指名でいきたい落合GMと、地元の逸材として高校生の高橋純平(県岐阜商)の1位方針を固めるスカウト陣とでまだ意見のすり合わせができていない。左肩にキズがある今永がこのままロクに投げられない状況が続けば、スカウト陣は高橋純平の1位をプッシュしやすかったわけですが、この日、今永が1イニングとはいえ、投げられる姿を見せたことで、1位指名…

ロッテ1位の佐々木千隼

どこよりも早いパ新人王予想 “流しのブルペン捕手”が占う

■SB高橋純平はコンディション次第 大穴を挙げろと言われれば、ソフトバンクの高卒2年目・高橋純平。 県岐商高時代に不安があった肘は回復しつつあり、投げ込みで体をつくれるようになってきたと聞いている。高3時に取材で投球を受けた感触では、高校生時点の能力は16年のドラフト1位指名投手たちよりも、球の強さ、投球術、変化球の精度などのトータルで上と感じる。 1年目に多くの…

金本監督

阪神ドラフト戦略 今年も頼みは金本監督の“直感力”

「昨年の1位も当初は高橋純平(県岐阜商-ソフトバンク)でいくはずだった。それを就任直後の金本監督は前日の会議で『明大の高山はホームランは打てるのか?』と担当スカウトに聞くと、『打てる』というので急きょ変更した。2位の坂本は捕手が少ない事情から取り、社会人投手の3位竹安は、前年に肘の手術をしていた。担当スカウトの(田中)秀太が、『来年は必ず上位指名で消えます』という…

楽天のオコエ(左)と中日の小笠原

小笠原がオコエが…高卒外れ1位の躍動に他球団ほぞをかむ

ともにドラフト1位候補といわれたが、同じ高校生のソフトバンクの高橋純平(県岐阜商)が4球団、ロッテの平沢大河(仙台育英)が2球団の競合となった一方、2人は外れ1位で指名された。 「小笠原は肘に遊離軟骨を抱え、オコエは打撃を不安視する声があった。育成に時間がかかるという判断に加え、大学、社会人の即戦力が欲しい球団も多かったことが外れ1位だった要因」と、在京球団のスカウ…

ソフトバンク新人は高橋純平をはじめ全員が高校生

評論家も改善提言 プロ野球「育成制度」のいびつな現状

ドラフト1位の高橋純平(県岐阜商)をはじめ、6人全員が高校生。ソフトバンクが育成重視で高校生を指名する編成方針は、近年の「慣例」となっている。冒頭のスカウトが言う。 「即戦力はFAや助っ人で補う考えがあるから、ドラフトでは高校生をどんどん指名できる。しかも、15年シーズンは育成選手を20人以上も抱え、三軍まで持っている。理想的ではあるけど、資金力がなければそんな芸…

生後1カ月からクロレラを摂取

薬剤師の父が独白 鷹ドラ1高橋を支えた「クロレラ」 秘話

「親が薬剤師のプロ野球選手は珍しい? よく言われるんですよ」 こう話すのはソフトバンクにドラフト1位で指名された高橋純平(18)の父・康二さん(57)だ。岐阜市内で薬局を経営する康二さんは薬剤師と理学療法士の国家資格を持ち、母の奈穂子さん(49)も理学療法士。高橋の2人の姉は看護師というのだから、むしろプロ野球選手になった長男坊が異色の存在といえよう。 しかし、実家…

小笠原の交渉権を引き当てた谷繁監督

谷繁監督と好対照…無言の落合GMはドラフトで“蚊帳の外”?

中日は谷繁監督が公言していたとおり、地元のスター候補である高橋純平を1位指名。クジは外れたものの、外れ1位でも将来性を重視して高校生の小笠原慎之介(東海大相模)を指名した。中日OBによると、「楽天に先を越されたが、2位も当初はスカウトの方針で吉持亮汰(大商大)を指名する方針だった」という。 谷繁監督は「かなりいいドラフトだった。GMからスカウト、みんなで立てた戦略…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事