日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中島太一特集

None

中島太一と留公のおかげで一気に薄ダネが快勝した健坊。毎日王冠はアンビシャスを切るそうだが、それで大丈夫か!?


None

NHKマイルCは大西の一言でロードを消して大失敗。荒れるこのレースはミッキーから手広く買うんだとか……


人気者の中島太一が久しぶりにやって来るってんで「再会」は足の踏み場もない混雑ぶり。 馬券を卒業してるかつての舎弟頭の田沼、末端の舎弟だった8回戦ボーイの鉄兵。 太一が郷里の英雄として崇拝した小島太のジョッキー時代、単勝を買い続け56連敗し栄養失調で倒れた頃、小学生でランドセルを背負っていたボン助。 そして「呑舟」の文治に「志乃」のママ。 麻里姐が来ていないのを確認してから、少し遅れてやってきた…

None

天皇賞はカレンを買わなかったばかりに27万が紙屑に。メジャーエンブレムのマルチなら99%当たりそうだが……


品川から卒業して釧路で漁師になった中島太一で、5隻の大船と加工場を持つ大手水産会社の次期社長の椅子が約束されている、言ってみれば品川の馬券愛好家たちの出世頭である。 その中島太一が、連休明けの14日、「ヴィクトリアマイル」の前日に品川へやってくるとの連絡が入って、健坊、大喜びだ。 当たったら配当金を紙袋に入れて、今井浜に途中参加するつもりだった「天皇賞」。 キタサンブラック軸1頭マルチは正解だ…

None

大西が口火を切った。「ビッグアーサーが絶好の1番枠を引いて、まず負けようのな鉄板印でしょう」。果たして……


品川の馬券愛好家たちの出世頭である釧路の中島太一が、しばらくぶりに品川へやってくるってんで大騒ぎ。 律義というか、義理堅いというか、昔、世話になった健坊を筆頭とする品川の住人に感謝することを忘れず、出世した今でも変わることなく、心くばりしている。 北海道は知床半島の根元、網走に近い斜里郡小清水町の生まれで、関脇まで出世した相撲の北の洋、女優の高橋恵子(旧姓関根)、そして、サクラショウリ、サクラ…

None

ここんとこ「タラ、レバ」ばかりでサブの嘆きも空しく響く。一見堅そうな今週の2重賞。どっちかは当てたい……


「ヨシッ! 今週はひと儲けして、今度こっちに来る中島太一の歓迎パーティーを『瀬里奈』でやるためのカネをつくるか」 専門紙を広げながら、フッテェこと言ってる健坊。 「中山の『セントライト記念』は④ディーマジェスティで頭鉄板でしょう。蛯名正義がちょっと乗れていないのが気になりますけど、このメンバーで負けたらおかしいでしょう。それと阪神の『ローズS』は、⑦シンハライトと⑥ジュエラーの一騎打ちでほぼ決…

None

ほんのチョイで100万束を3コ取り逃した馬券師トリオ。セントウルSはビッグアーサーの②③着がいいそうだが……


「中国や台湾の船が、北海道のはるか沖合で南下してくる成長途上のサンマを乱獲しちゃうんで、漁獲高が減ってるらしい」 なんてマスターの話から、ひとっきり、品川馬券愛好会の出世頭になった中島太一の栄養失調話の花が咲き、気を利かしたマスターが、生姜醤油に漬けたイカを焼いてツマミに出して、 「旨い、旨い」 で酒に弾みもついた。 「いよいよ競馬が中央場所に帰ってきましたネ。ローカルだと、どうしても気分的に…

None

大西の一言で先週はニッコリタンメン。①②着固定のフォーメーションで買うオークスは果たしてどうなる!?


コーチ料として健坊に10万円渡して釧路へ帰って行った中島太一。 「品川に来てお金を殖やして帰ったのは初めてにちげぇねぇ……」 来れば必ずサブと赤シャツに小遣いを渡し、健坊にも20万ぐらいは置いていく義理堅い男。 「金と灰皿は溜まれば溜まるほど汚くなるって言うが、昔、世話になったことを忘れずに心がけてくれるってのは太一の人間性だろうな。少しはまともになったがオメーラも太一を見習って、もう少し俺に孝…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事