日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

原樹子特集

ローテ入りに前進

ローテ入りに前進 ヤクルト1位・原樹理に「小川塾」の成果

ウィンターリーグ参加効果が早くも

早くも5本目 DeNA筒香のHR量産支える“ドミニカ魂”

初勝利はお預けだった

初黒星の燕ドラ1原に沢村賞OBが“シュートの使い方”助言

4安打の高山俊

ヤクルト戦で4安打 阪神・高山が今後背負う球界の“因縁”

15年優勝のソフトバンクとヤクルトは…(工藤監督と真中監督)

賞金総額30万円 プロ野球50試合「12球団順位予想」クイズ

ヤクルト原は先発ローテ入り狙う

ローテ狙う燕ドラ1原 先輩・小川に弟子入りで何学んだ?

バレが活躍するに越したことはないが…

熾烈ヤクルト外野手争い 故障不安消えたバレ補欠の現実味

名前には「樹木のように広がれ」という意味も

ロシア声楽家の父が告白 燕ドラ1原に授けた“欧米流教育”

大学2年で日本代表に選出された

“金本2世”と評判のオリ1位吉田 父が語る「重量バット伝説」

“男気連投”も辞さない原樹理

ドラ1東洋・原の入れ替え戦3連投覚悟にヤクルトがヒヤヒヤ

若手が育たなければセ連覇は厳しいか

二軍は頼れず育成にも難あり ヤクルト「セ連覇」に課題山積

None

知らなきゃ損!

象の関節痛が改善 人間にも効果あり?

多摩動物公園のアフリカ象「タマオ」の異変に、獣医師の原樹子さんが気づいたのは2005年。右後肢の動きが不自然で、立ち止まっている時は左半身に重心をかけていた。横になって寝ていたのに、立ったまま寝るように。当時タマオは、人間でいうシニアに相当する38歳。原さんは「激痛を我慢しているのが表情で分かった」と話す。 原因は、関節軟膏の消耗と足根関節の変形。寒さや鎖につない…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事