日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

肥後克広特集

(C)日刊ゲンダイ

ダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広のお気に入り!「牛タン圭助」の絶品モツ鍋


お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」のリーダー、肥後克広(51)が通うのは、四谷にある居酒屋「牛タン圭助 四谷三丁目店」。場所は地下鉄四谷三丁目駅を出てすぐの大通り沿い。都内を中心に店舗展開している牛タン料理の店で、シンプルな炭火焼きのほか、ゆでタン、空揚げ、タンシチュー等々、さまざまな牛タンメニューを堪能できる。 なかでも一番の名物は厚切りの牛タンを炭火で焼き上げる「本場仙台牛タン焼き」(1人前12…

最近は「キス芸」が大ブレーク

ダチョウ倶楽部で30年 上島竜平が語る「愛されキャラ」の流儀


リーダーの肥後克広(52)、寺門ジモン(52)とともに“リアクション芸”を追求し続ける。一時、3人の“不仲説”が流れたこともあったが、いまだに飲みに行くほど仲が良いという。 「気持ちが悪いんですが、50歳を過ぎてから、より仲良くなった気がするんです。以前は、寺門に対して『楽屋でも肉の話ばかりして……うるさいんだよな』『ダメだ、俺的には無視しよう』と思ったけど、今はむしろ、お肉のことを突っ込んだ…

南部虎弾さん

電撃ネットワーク南部虎弾さん 所持金は28万5000円なり


その後、劇団テアトル・エコーでコント赤信号の渡辺正行と出会い、そこにいた寺門ジモン、上島竜兵、肥後克広と「ダチョウ倶楽部」を結成したが、南部さんだけ辞めてしまう。 「原因は自分のわがままだと思う。ただ、そのまま芸人も辞めてしまうのはシャクでね。いつも頭の片隅にあったのはパリで見た大道芸。あれで外国人を驚かすことができないかと思って……」 こうしてできたのが電撃ネットワーク。 「友人のエスパー伊東…

「ダチョウ倶楽部」になじんだ内山信二(中央)

内山信二の復活劇 他の“しくじりタレント”と何が違った?


この日は「ダチョウ倶楽部」の肥後克広(53)と寺門ジモン(53)と共に、上島竜兵(55)の「代役」で登場。上島不在の理由について肥後は「1人の仕事を入れてしまって、内山クンにピンチヒッターで来てもらった」と説明。ハンチング帽をかぶった内山は、上島になりきり“伝統芸能”の「キス芸」「どうぞ、どうぞ」に加え、アツアツおでん芸ならぬ「アツアツ焼き肉芸」を披露。これが大爆笑となり、肥後から「内山の方が…

もはや伝統芸能

露出落ちない「ダチョウ倶楽部」芸歴30周年は有吉のおかげ?


トップバッターのリーダー・肥後克広(52)がそうめんをつかめていないことが発覚した。 肥後は「オレがやらかしたんですか?」ととぼけると、場内からはブーイング。上島竜兵(54)は「オレは分かってたんだよ。奥に行った後、コイツのお椀見たら、そうめんが一本もなかったんです。チェックしたんだよ!」と告発していた。 記録挑戦前には「始流式」と称して、“アツアツのそうめん”を上島に食べさせる“アツアツおでん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事