日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西野カナ特集

西野カナは「日本有線大賞」受賞で本命に

本命に西野カナが浮上 「三代目」消えたレコ大いまだ混沌

5日にTBSで放送された「日本有線大賞」では西野カナ(27)が初の大賞に輝いたが、30日に発表される「日本レコード大賞」はどうなるのか。 当初は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの“3連覇”の可能性もあったが、文春が「1億円買収疑惑」を報じたため、状況は一変。三代目は大賞の“候補”にすらならないばかりか、三代目の所属事務所・L…

ポップな曲調で女の子の気持ちを歌う西野カナ

西野カナ「もしも運命の人がいるのなら」

2010年から6年連続でNHK紅白に出場している西野カナの26枚目のシングル。3月20日に開幕する「第88回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲に起用された楽曲である。 「♪一分一秒 今この瞬間も 世界のどこかで誰かがきっと 恋に落ちてく 結ばれていく……」 まだ見ぬ結婚相手への憧れを歌っている。 「♪かっこよくて 爽やかで 私よりも背が高くて 笑顔が素敵でAh……」…

大活躍の裏に恋人の存在

担当マネと同棲の西野カナ SNSで剥がされる歌姫の私生活

先日の「日本有線大賞」では初の大賞に輝くなど、暮れの音楽賞レースで大活躍している歌手の西野カナ(27)。30日発表の「日本レコード大賞」でも一気に本命に浮上したが、ここにきてそのプライベートにも注目が集まっている。 きっかけは先月末発売の写真誌「フラッシュ」の記事。自身を担当する市川海老蔵似のイケメンマネジャーと同棲中であることが明るみになったからだ。ある日の午後は…

写真右が原田氏/(C)日刊ゲンダイ

「ヤンキー経済」の著者が語る「なぜ彼らはEXILE好きか」

彼らには都心でバリバリ働きたいという欲求がなく、生まれ育った地域で昔からの仲間と一緒に変化の少ない生活を送ることを望んでいるんです」 ■ヤンキー女子が好きなのは西野カナ そんなマイルドヤンキーに圧倒的な人気を誇るアーティストがEXILE。ヤンキーのハートをわし掴みにするのには次のような理由があるという。 「仲の良さそうなメンバー間の雰囲気や、仲間や家族の大切さを歌う…

赤組の司会を務めた有村架純

あれもこれも言わせて

目に余る…紅白歌合戦のタイアップ至上主義

西野カナの「Dear Bride」はフジテレビ「めざましテレビ」のテーマ曲……。 個別で言えば、目に余ったのがジャニーズの大量出演。一度も聞いたことがなく、ヒット曲かどうかすらわからない視聴者は前半でチャンネルを変えたのではないか。 大トリ嵐の優遇ぶりもひどいものだった。出場歌手の中には「俺たちは嵐の前座かよ」と思った人がいたかもしれない。 さらに年が明けて驚いたの…

左から星野源、河村隆一、トータス松本

恋愛作家解説 好きなミュージシャンで女性のタイプを知る

見た目は派手に着飾っていても、亭主関白をよしとして男に従う傾向があるのです」 ♬西野カナ、加藤ミリヤ 「甘い恋愛ソングを歌う女性アーティストを好む女性は、恋愛体質で自己愛が強いのに、自分に自信がない傾向があります」 ちょっと、面倒くさそう。「トラブルを起こして人を巻き込むことで、注目されようとする」そうだから、見た目がよくても手を出さない方がいいだろう。 ■30代 …

この人達は正直者

トランプでも注目 “隠れファン”はなぜこっそりしている?

ネットで隠れファンを検索すると、そのほかには「隠れ嵐ファン(特に大野智)」や「隠れセカオワ(SEKAI NO OWARI)ファン」「隠れ西野カナファン」「隠れ漫☆画太郎ファン」などなど。隠れファンがかなりいるのは事実のようだが、なぜ隠すのか。明大講師の関修氏(心理学)は、こう分析する。 「隠れファンを自任する人は、自意識が強く、世間体にこだわる人が多いと思います。…

恋愛解禁まであと10年…

“センバツの顔”井頭愛海 恋愛禁止に「ちょっと悲しい」

今大会の入場行進曲である西野カナ(26)の「もしも運命の人がいるのなら」にちなみ、自身の運命の人について聞かれた井頭。「25歳まで事務所が恋愛禁止なんです。ちょっと悲しいですが、大丈夫。(解禁までは)根性です!」と意気込んでいた。あと10年か……。…

結婚会見で安治川親方に“お姫様抱っこ”される小泉エリ

小泉エリ&安治川親方が結婚へ 乳輪占いで「いいパパに」

乳輪と乳首の色の差があるので、いい意味で裏表がある方」と語るも、途中から「真面目ですけどカラオケで西野カナさんを歌ったり。負けず嫌いなので採点モードにして競ったり」と暴露話に発展していた。…

総合司会の安住紳一郎と仲間由紀恵

賞レースの行方も報じられず「レコ大」どうなっている?

番狂わせなら西野カナだという。新人賞ははっきりいって首をかしげるしかあるまい。 この内容で大丈夫かとも思うが、視聴率は06年に放送日を31日から30日に移して大成功。昨年も15.6%を記録した。 「紅白にかなわないまでも、今年も15%前後はいくでしょう。スポンサー受けも悪くないんです」(マスコミ関係者) かつてのような大騒ぎはなくても、視聴率が取れればオッケーという…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事