日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西野カナ特集

ポップな曲調で女の子の気持ちを歌う西野カナ

西野カナ「もしも運命の人がいるのなら」


2010年から6年連続でNHK紅白に出場している西野カナの26枚目のシングル。3月20日に開幕する「第88回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲に起用された楽曲である。 「♪一分一秒 今この瞬間も 世界のどこかで誰かがきっと 恋に落ちてく 結ばれていく……」 まだ見ぬ結婚相手への憧れを歌っている。 「♪かっこよくて 爽やかで 私よりも背が高くて 笑顔が素敵でAh……」 年頃の女の子が理想の人との出…

写真右が原田氏/(C)日刊ゲンダイ

「ヤンキー経済」の著者が語る「なぜ彼らはEXILE好きか」


彼らには都心でバリバリ働きたいという欲求がなく、生まれ育った地域で昔からの仲間と一緒に変化の少ない生活を送ることを望んでいるんです」 ■ヤンキー女子が好きなのは西野カナ そんなマイルドヤンキーに圧倒的な人気を誇るアーティストがEXILE。ヤンキーのハートをわし掴みにするのには次のような理由があるという。 「仲の良さそうなメンバー間の雰囲気や、仲間や家族の大切さを歌う歌詞が、地元の仲間との絆を大切…

恋愛解禁まであと10年…

“センバツの顔”井頭愛海 恋愛禁止に「ちょっと悲しい」


今大会の入場行進曲である西野カナ(26)の「もしも運命の人がいるのなら」にちなみ、自身の運命の人について聞かれた井頭。「25歳まで事務所が恋愛禁止なんです。ちょっと悲しいですが、大丈夫。(解禁までは)根性です!」と意気込んでいた。あと10年か……。…

結婚会見で安治川親方に“お姫様抱っこ”される小泉エリ

小泉エリ&安治川親方が結婚へ 乳輪占いで「いいパパに」


乳輪と乳首の色の差があるので、いい意味で裏表がある方」と語るも、途中から「真面目ですけどカラオケで西野カナさんを歌ったり。負けず嫌いなので採点モードにして競ったり」と暴露話に発展していた。…

総合司会の安住紳一郎と仲間由紀恵

賞レースの行方も報じられず「レコ大」どうなっている?


番狂わせなら西野カナだという。新人賞ははっきりいって首をかしげるしかあるまい。 この内容で大丈夫かとも思うが、視聴率は06年に放送日を31日から30日に移して大成功。昨年も15.6%を記録した。 「紅白にかなわないまでも、今年も15%前後はいくでしょう。スポンサー受けも悪くないんです」(マスコミ関係者) かつてのような大騒ぎはなくても、視聴率が取れればオッケーということらしい。…

良い歌を教えてくれるアメリカから来た息子たち


なにせジェフはボーイズ・トゥ・メンやJUJU、西野カナなどに楽曲を提供したり、プロデュースを手がけていたから、勝手に洋楽路線でいくのだろうと考えていたのだ。 そして、思いもかけずクリスが大成功して届けられた3枚目を聴いて、思わず胸が熱くなった。槇原敬之の「どんなときも。」や中島みゆきの「時代」、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー」に交じって、予期せぬ「翼をください」が入っていたからだ。 ジェフ…

手を振っただけで大歓声

過去最大級…路上がパニックになった石橋貴明の“大名行列”


Y子が見ただけでも、女性なら西野カナ、梅宮アンナ、あびる優、AKB48の総選挙下位メンバー。男性なら、アンジャッシュ渡部、アンタッチャブル柴田、ノンスタイル井上、東京03の3人とかお笑い芸人がほとんどね。 騒がれるのは面倒かもしれないけど、まったく気付かれないのも相当ショックなはずよね。まぁだからといってY子は、キャーキャー騒いであげるほどボランティア精神にはあふれてませんけど(笑い)。 明日は…

昨年はHIRO&上戸彩が話題になったが…/(C)日刊ゲンダイ

関係者が頭抱える…「日本レコード大賞」今年は受賞者なし!?


現時点で有力視されているのが西野カナ。CDの売り上げは大したことがないが、ライブの集客、ダウンロード配信などでかなり稼いでいるのが評価されている」(業界関係者) もらったら本人が一番驚くんじゃないか。…

セクシー/(C)日刊ゲンダイ

芸能界に参戦 “美人すぎるバイオリニスト”岡部磨知の素顔


河村隆一や西野カナなどさまざまなアーティストのライブに参加し、今春からは「ごきげんよう」(フジ系)のエンディング曲を担当。11月3日にはメジャーデビュー記念ライブが開催。同12日にはデビューアルバム「Neo Nostalgia」の発売も控えている。…

右が加藤ミリヤ/(C)日刊ゲンダイ

サッカーW杯公式アルバムに抜擢 “裏歌姫”加藤ミリヤの実力


「加藤には西野カナという互いの人気を助力する表裏一体のアーティストがいます。2人とも同性からの支持が高いのですが、傾向は相反する。キャラクターも楽曲も、普通っぽいOLや女子大生向きの西野が『表』とすると、斜にかまえているような個性的な加藤は『裏』。ユーミンと中島みゆき、宇多田ヒカルと椎名林檎といった具合に、どの時代も表裏が一体で音楽シーンを活気づけてきた。加藤、中島、それと今回はNHKの公式ソ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事