日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

荻原博子特集

首都圏でもたった4%

伸び悩む新電力切り替え 荻原博子さんが指摘する原因とは


これだけ人気がないのは、新電力が思ったほど安くないから? 経済ジャーナリストの荻原博子氏は、「いいえ、大手の電力会社よりも新電力の方が間違いなく料金は安いです。手続きも簡単で、電話一本で済む。切り替えは家計にとってプラスです」と指摘する。 ■変化しないことを優先する世代 ネットをたたけば比較サイトがあり、それぞれの暮らしや生活スタイルによって、いろんなシミュレーションも可能だ。データ入力さえ間…

None

荻原博子 住宅ローン金利が史上最低に。「家」今が買い時ですか?


「結論を先に言うと、借り入れの条件はメチャクチャ良くなったんですけど、慌てて買う必要はありません」 こう言うのは、経済ジャーナリストの荻原博子氏だ。荻原氏が続ける。 「大きな理由は2つあります。ひとつは住宅購入のニーズはそう高いとは思えないこと。サラリーマンの多くは実質賃金が下がっているし、本来、購買意欲が旺盛であるべき30代は年収300万円以下の人が増えている。今は30代でも半分しか結婚して…

マンションのローン繰り上げ返済も投資のひとつ

専門家がアドバイス 「同時株安時代」の賢い資産運用術


株がダメならゴールドなどと色気を出さず、無理な投資をしないのも、賢い投資法のひとつです」 経済評論家の荻原博子氏は「金融商品に投資するだけが投資ではない。いまのこの不透明な時代の確実かつ最強の“投資”は、ローンの繰り上げ返済です」と、こう続ける。 「たとえば金利3%で、3000万円、30年の住宅ローンで、すでに5年返済している場合なら、100万円を繰り上げ返済すれば、利息は約107万円減る。返済…

荻原博子氏

「ちょい投資」荻原博子氏


」「荻原博子のどんと来い、老後!」など著書多数。…

写真はイメージ

新入社員には必要なし 「生命保険」は“損な賭け”と専門家解説


そんなに簡単に加入を決めていいのだろうか? 経済ジャーナリストの荻原博子氏が言う。 「新入社員はもちろん、独身の若い方に生命保険はほとんどいらないと思いますよ。私なら加入しません。たとえば、死亡保障。死んだ時に保険金がもらえる保険ですが、保険会社の人は『イザというときのため』と言うけど、死んだら自分は使えないんですよ。自分が死んで親が食っていけなくなるような人は話は別ですが、普通の人は考えなくて…

ストレス知らず/(C)日刊ゲンダイ

テレビにひとり突っ込み 荻原博子がハマる中韓時代劇


分かりやすいマネー解説でおなじみの荻原博子さんの元気の秘密は、意外にも韓国や中国の時代劇を見てストレス発散することだった――。 ■夫も息子も仕事だったGWに自宅でひとり グレーのジャケットに花柄のワンピースが映える荻原さん、ちょっと前には20キロもの激ヤセが話題になった。「今はリバウンドしちゃったけど」とはにかむが、ダイエット効果はまだまだ続いている。そんないきさつがあるだけに、失礼ながらてっき…

毎朝、愛犬の空クンと散歩するのが日課

経済評論家・荻原博子さん 1000冊収納の本棚に客感心も…


主婦はもっと怒ったほうがいい

年17万円負担増も 「106万円の壁」が阻む女性の社会進出


安倍政権は『女性の社会進出を進める』と言っていますが、真逆の結果になる可能性があります」(経済ジャーナリストの荻原博子氏) 政府は「106万円」という金額も段階的にさらに引き下げようと考えているようだから、ますます雇用が不安定になる。 「政府は『将来もらえる年金額が増える』などとメリットを強調しますが、多くのパート主婦は将来の年金より、子供の教育費など“今の現金”が必要で働いています。強制的に日…

給料も上がらないのに…

石原大臣が明言 「消費税15%」で小遣いはこんなに減る


となると、負担増分を切り詰めるしかありませんが、庶民の家計はすでにギリギリの状態です」(経済評論家・荻原博子氏) 食費はもちろん、携帯電話の料金も保険料も見直した。子どもの教育費も泣く泣くカット。もうダウンサイジングしようがないとなれば、オトーサンのお小遣いをもっと削ろうとなっても、不思議じゃない。サラリーマンの小遣い平均額は、月3万7873円だ(新生銀行16年調べ)。それが消費増税のせいで2万…

財源不足を理由に社会福祉を次々にカット

1億総活躍なんて詐欺師の口上 安倍“悪辣”政権の庶民苛め


“働き方改革”を口実にして増税を狙うなんて、詐欺的なやり方ですよ」(経済ジャーナリスト・荻原博子氏) ■「財源不足」を理由に福祉予算を切るペテン 介護サービスの縮小も、安倍政権の方針通りに進んだら、高齢者を抱える家族は大変なことになる。すでに「要支援」向けのサービスは保険給付の枠組みから外されているが、安倍政権は「要介護1、2」へのサービスも縮小し、自己負担を増やす方針だ。 車イスなどのレンタル…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事