日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松友美佐紀特集

ライバルは多い

準Vタカマツが課題露呈…海外若手の速攻勝負に苦戦必至

今季の王者を決めるスーパーシリーズ・ファイナル(ドバイ)で準優勝に終わったバドミントン女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が19日に帰国した。 18日の決勝では中国の陳清晨、賈一凡組(ともに19歳)の勢いとスピードに圧倒され、フルセットまで粘ったが敗退。14年以来2年ぶり2度目の優勝はならなかった。 空港で会見した松友は「久しぶりの完敗だったが、まだ…

2連勝で1次リーグ突破を果たしたタカマツペア

バドミントン 日本のリーグに海外から移籍希望者が殺到中

このリーグではリオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組(日本ユニシス)ら男女とも日本を代表する選手がしのぎを削っている。 先のリオ五輪では高橋、松友のほか、女子シングルスでは奥原希望(21)が銅、男子ダブルスは早川賢一(30)、遠藤大由(30)組が8強入り。14日に開幕した年間上位8組と五輪金メダリストが出場するスーパーシリーズ(SS)・…

1次リーグ突破は確実だが…

バドSファイナル好発進も タカマツV2に中国若手ペアの壁

各種目1次リーグが行われ、リオ五輪女子ダブルス金メダルで14年以来2年ぶりの頂点を目指す高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組は同じ日本の福万尚子(24)、与猶くるみ(24)組を21-19、21-19で下した。 今大会はスーパーシリーズ上位と五輪金メダリストら8組が出場。1次リーグは2組に分かれて総当たりで行われ、各組2位までが準決勝に進出する。 順当ならタカマツペ…

リオ五輪では金メダル獲得

タカマツ「年間最優秀選手」に 世界バドミントン連盟発表

世界バドミントン連盟(BWF)は12日(日本時間13日)、年間最優秀選手を発表し、女子ダブルスからはリオ五輪で頂点に立った日本ユニシスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組を選んだ。表彰式は今季の年間王者を決める14日からの「スーパーシリーズ・ファイナル」(=SSファイナル=ドバイ)開幕を前に行われ、タカマツペアは他の受賞者とともに出席した。 このペアはスーパー…

沿道の声援に手を振る内村

リオのメダリスト合同パレード 内村や伊調らに沿道大歓声

計87人のメダリストが参加し、レスリング女子で4連覇した伊調馨、体操男子で2冠の内村航平、バドミントン女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀らが沿道に詰めかけた80万人超のファンに笑顔で手を振った。…

リオ五輪で金メダルの高橋・松友ペア

リオ後の明暗 人気急騰バドミントンとプロ化バレーの違い

女子ダブルスで金メダルの高橋礼華・松友美佐紀組や女子シングルス銅メダルで大会2連覇がかかる奥原希望が出場するとあって、すでに24日(土)、25日(日)限定のプレミアシート(1万円)は完売。土日のアリーナ席(5000円)も売り切れだ。 チケット販売が好調のため、1階に特別追加席(アリーナサイド席)を増設したほど。リオ五輪のテレビ中継で見た熱戦を、間近で観戦したいファ…

女子ダブルス優勝の高橋礼華(左)・松友美佐紀ペア=左写真と五輪4連覇の伊調馨

リオ五輪で所属選手が大活躍 ALSOK×日本ユニシス

リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した伊調馨選手はALSOK、同じく金メダルのバドミントンの高橋礼華・松友美佐紀ペアは日本ユニシスの所属です。 今回のシミュライズはスポーツ支援に積極的な両社を比べてみました。 ALSOK(綜合警備保障)は1965年設立の国内2位の警備会社です。2020年東京五輪では警備を担当します。レスリング部の他、柔道部や剣道部、陸上部など10…

バドミントン女子ダブルスで優勝したタカマツ

タカマツ「金」奥原「銅」に味方した“レフェリーの選択”

バドミントンで日本勢初の金メダルを獲得した女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が喜びを口にした。 25日、バドミントン日本代表9人が都内で会見。「タカマツ」ペアは、「今は世界選手権が一番取りたいタイトル。団体戦も含めてタイトルは全て取りたい」と早くも次の目標を口にした。今後は凱旋試合となる9月のジャパン・オープンなどに出場し、来年の世界選手権(スコ…

吉田沙保里に続く?

政治利用のにおいプンプン 伊調馨に「国民栄誉賞」授与へ

女子バドミントンの高橋礼華(26)と松友美佐紀(24)のペアは日本勢初の優勝を飾り、お茶の間を沸かせた。 人気取りで授与するくせに、中途半端なセレクションをするから、かえって反発を招くのだ。…

笑顔で金メダルを手にする高橋(右)と松友

付かず離れず10年…バド金「タカマツ」ペアの微妙な関係

リオ五輪バドミントン女子ダブルスの決勝が18日(日本時間19日未明)に行われ、日本の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が、世界ランク6位のクリスティナ・ペーダーセン(30)、カミラ・リュダユール(32)のデンマーク・ペアを2-1で破り、日本初の金メダルを獲得した。 高橋、松友の2人は過去11戦して7勝4敗、直近の対戦では5連勝と相性のいいデンマーク・ペアに苦戦…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事