日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

柴田大特集

高橋義博調教師

4回目のオークス挑戦 高橋義博厩舎 ゲッカコウに色気たっぷり


鞍上は〝マイネル〟軍団でファーストドライバーを務める柴田大。厩舎にとっても、これほど頼もしいジョッキーはいない。11年以降の勝ち鞍(30勝)のうち、柴田大とのコンビで8勝をマーク。中にはコスモオオゾラのGⅡ弥生賞も含まれている。 今回は年明けのジュニアC以来、5戦ぶりの再結成だ。 「大知が〝以前とはまるで別馬。メッチャいい〟って絶賛してたんだよ。力をつけてるのも間違いないけど、雰囲気は本当にい…

東京メーンの穴馬は


たたき2戦目で、柴田大も連続騎乗。一発、大駆けが期待できる。 ピンポンは昨年の③着馬。前走④着も②着とは0秒1差だから、やはり千四がベストだろう。ハンデ54キロも魅力だ。…

【東スポ杯2歳S】土曜新星対決 ムーヴザワールド2連勝へ


エトルディーニュ 55 ―― エルデュクラージュ55ムーア オーバースペック 55岩 部 キングズラッシュ 55田 辺 ジュンヴァリアス 55北村宏 ショワドゥロワ 55バルザローナ スワーヴリチャード55四 位 トラスト 55柴田大 フクノクオリア 55横山典 ブレスジャーニー 55柴田善 マイネルエパティカ55松 岡 ムーヴザワールド 55ルメール ローズプリンスダム55大 野 ワカコマタ…

5月に一千万の陣馬特別を快勝

【土曜東京9R・南武特別】柴田大マイネルサージュで今度こそ


◎はファーストドライバー、柴田大が乗る“サージュ”の方だ。 「大知が乗るとゲートが悪いこともあるかな。でも、折り合いはしっかりつけてくれるからね。その分、しまいは確実に伸ばしてくれてるよ」とは鹿戸師。〈1211〉の鞍上が引き続き乗るなれば、今回も好走を見込んでいい。 5月に現級を勝ち、降級した前2戦は②着続きだが、いずれも惜敗。このクラスでの地力上位は明らかだし、「久々でも牧場と美浦で乗り込みは…

皐月賞馬が復活を目指す

【富士S】イスラボニータがマイル路線制圧へ


イスラボニータ 58ルメール ガリバルディ 57福 永 ストーミーシー 54 ―― ダノンプラチナ 57蛯 名 ダンツプリウス 56 ―― テイエムイナズマ 56古 川 ブラックスピネル 54大 野 ブラックムーン 56川 田 フルーキー 57Mデムーロ マイネルアウラート56柴田大 ミュゼエイリアン 56横山典 ヤングマンパワー 57戸 崎 ロードクエスト 55池 添…

None

シンデン、ワインアンドダインなど


もう少し距離はあった方がいい」と柴田大は好感触。中山なら千八、二千で狙える。 〈小倉〉 土曜日(3日) ホノルア 2R2歳未勝利 芝一八〇〇メートル ③着8人 千二からの距離延長がいい方に出た。ダッシュがつかず後方からも、3角過ぎにスパートした勝ち馬を追うように進出。長くいい脚を使って、断然人気の②着馬に2馬身差まで迫った。鮫島良は「前2走は出遅れたり不利があったりで力を出してません。攻め馬から…

新馬戦は4馬身差のレコード

【札幌2歳S】タガノアシュラが速くて強い


アドマイヤウイナー 54 岩 田 アンノートル 54 松 岡 インヴィクタ 54 ルメール エトルディーニュ 54 原 田 コパノカーニバル 54 ―― コリエドール 54 福 永 ジャコマル 54 横山和 タガノアシュラ 54 武 豊 ディープウォーリア 54 池 添 [地]トラスト 54 柴田大 トリオンフ 54 浜 中 ハヤブサナンデダロ 54 吉田隼 ブラックオニキス 54 城 戸 フ…

None

トーホウエース、ネコビッチなど


乗った柴田大は「放牧効果でケイコも動くようになってたようです。デキが上がってきたのが一番ですね。走りはダート向きなのに、芝をこなしたのも体調の良さが大きいかも」と。サバイバル戦が続く今の3歳未勝利だけに、このデキ急上昇は大きな意味を持つ。たたいた上積み十分の次走はⅤ有力だ。 日曜日(28日) ネコビッチ 1R2歳未勝利 ダ一二〇〇メートル ⑤着10人 スタートが決まらず後方から。この条件だけに厳…

ジャパンダートダービーは2着に

【レパードS】武豊のケイティブレイブが逃げ切る


エネスク 56 丸 田 オーシャンビュー 56 嘉 藤 グランセブルス 56 石 川 グレンツェント 56 戸 崎 ケイティブレイブ 56 武 豊 コパノリスボン 56 大 野 ネクストムーブ 56 Mデムーロ ピットボス 56 内 田 フォースリッチ 56 田中勝 マイネルバサラ 56 柴田大 マインシャッツ 56 横山典 ヨシオ 56 石 橋 ラテールプロミーズ 56 吉田豊 レガーロ 5…

きのうは見た目以上に速い時計が出た

【日曜福島・福島テレビオープン】1年半ぶりでもウインフルブルーム快速健在


コンビの柴田大は皐月賞でも手綱を取っており、特性も熟知している。 あっさりと押し切って再度、重賞戦線へ。期待がふくらむ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事