日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮迫博之特集

「みやたこです」の『みやたこ・ソース』(手前)と『みやたこ・わさび塩』

母直伝の本場の味 宮迫博之が営むたこ焼きバル「みやたこです」


かつては「宮迫です!!」の決めポーズがお馴染みだったお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(46)。バラエティーで大活躍、長年MCも務め、今も引っ張りだこだが、実は五反田駅近くでひっそりと居酒屋も経営している。「みやたこです」は東急池上線の高架下にある飲み屋街「五反田桜小路」に店を構える小さな“たこ焼きバル”。実家が大阪でたこ焼き店を営んでおり、その暖簾分けとして昨年4月にオープンした。 レシ…

別の病気の影が…/(C)日刊ゲンダイ

「胃を切って9キロ太った」宮迫博之に懸念される“別の病”


「胃の3分の2を切って痩せる、痩せると言われていたけど、この1年で9キロ太った」 昨年12月に早期の胃がんで切除手術を受けたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(43)が先日、復調ぶりを笑顔でアピールしていた。 ファンにとってはうれしい話だろうが、宮迫の身長は167.5センチ。その身長で、さらに年齢を考えても9キロ増は相当なものじゃないか。というか、胃を3分の2も切除して太るなんてことはある…

太っ腹だ/(C)日刊ゲンダイ

宮迫博之はあばれる君に10万円…芸能人が包む祝儀の相場は?


雨上がり決死隊・宮迫博之が最近、売れ始めている若手芸人、あばれる君に結婚祝いで10万円を渡していたことがわかってちょっとした話題だ。 あばれる君がバラエティーで明らかにしたものだが、これに対し、「新人にしては額が多すぎ、相場を上げることになる」とか「業界のルールからいって少なすぎ」など、関係者からさまざまな声が上がっている。 演歌の世界では大御所なら結婚式の祝儀に100万円を持参することも珍しく…

ドラマ出演で演技にも挑戦

1月ドラマ掛け持ち 中村アン「スパイスのようになりたい」


小籔千豊さん、宮迫博之さん、宮川大輔さんと3月までやっていた深夜バラエティー「噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!」(TBS系)は楽しかったし、みんなと会いたくなりますね。バラエティーから離れていると感覚が鈍りそうで、怖いです。 バラエティーでは毒舌キャラで無理してると思われるかもしれませんが、友達からは「あれがアン、違和感はないよ」って言われます。 もともとチアリーディングをやっていて、ガンガン…

ピースの又吉直樹と綾部祐二

コンビ格差どころか…俳優路線も見えてきた「ピース」の好調


所属の吉本の中で芸人俳優は宮迫博之以来やや頭打ち状態。ドラマや映画にもフィールドを拡大すべく若返りを図っていて、その筆頭が『ピース』の2人になりつつある」(マスコミ関係者) この日のイベント終了後、劇場で2本の公演に出た2人。これからますます忙しくなりそうだ。…

家族について触れずじまい

米倉涼子 「アベンジャーズ」試写会登場も“家族”の話はNG?


作品は家族愛が描かれていることにちなみ、同席した「雨上がり決死隊」宮迫博之(45)が定番の“恐妻ネタ”について語るも、米倉は家族について触れずじまい。 降壇時には、離婚に関する質問を遮るようにイメージソングが大音量で流れる一幕もあった。左手薬指から外された指輪がすべてを物語っているのだが、本人の口から語られる日は来るのか。…

30回目の優勝を決めた祝勝会でのカット(左)/(C)日刊ゲンダイ

豊富な宴会人脈 カラテカ入江が語る白鵬との“メル友”秘話


こちらも、今田耕司さん、宮迫博之さん、堀内健さんといった先輩芸人と、放送作家の鈴木おさむさんを呼んで、大盛り上がり。 僕は、サイバーエージェントの藤田晋社長(41)のときも正面から連絡先を聞きましたが、さすがに白鵬関には聞けなかった。そこで横綱がタクシーに乗る帰り際、どさくさに紛れて「あとで、マネジャーさんにアドレス聞いていいですか?」と申し出て、アドレスをゲット!以来、メル友になり、毎場所の祝…

吉本は「山本軍団」復活を警戒/(C)日刊ゲンダイ

極楽・山本に出演オファー殺到 “ネタ枯れ”TV界が熱視線


というのも、山本が現役のころはロンブーの田村淳、ココリコの遠藤章造、宮迫博之らから慕われ『山本軍団』を結成。待遇やギャラに関する不平不満を直接、会社にぶつけていた。復帰を機にまた、一大勢力が出来ることを嫌がっているんです」(放送作家) しかし、当の山本はというと周囲の心配と思惑を知ってか知らずか、タニマチからあてがわれた高級マンションに住み、車はベンツのゲレンデ。交際中の彼女と都内で美食三昧の日…

芸人仲間から“援護射撃”が相次ぐが…/(C)日刊ゲンダイ

援護虚しく…極楽・山本の復帰に「世論」と「ニーズ」の高い壁


「雨上がり決死隊」宮迫博之(44)も「皆でワイワイ笑える仕事やりたいね、お帰りやね山さん」と返すなど、芸人仲間からの“援護射撃”が相次いでいる。しかし、復帰はそう簡単な話ではない。 「山本の一件はかなり多くの関係者に迷惑をかけている。これまで覚醒剤、強制わいせつ、詐欺など前科のあるタレントが芸能界に復帰した例も少なくないが、事件で一番迷惑をこうむった萩本欽一サイドも山本への態度を保留したまま。今…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事