日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中西文行特集

どこまで下げるか…

新年度市場は波乱の幕開け 大荒れ相場で化ける「21銘柄」


借入金の多い企業ということです」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏) 不動産では3月31日、東京・銀座に東急プラザを開業させたばかりの東急不動産HD、商社では他社に比べ有利子負債の多い三菱商事がハネそうだ。 「百貨店もマイナス金利は追い風でしょう。毎月、一定額を積み立てると、1年後に1カ月分がプラスされる『友の会』は人気です。現状では黙っていても、利用者は増えます。高島屋あたりを狙いたい」(中…

「SMAP」銘柄と「嵐」銘柄

SMAP解散騒動が財界も直撃…「嵐」関連銘柄に期待高まる


こちらは『買い』です」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏) 嵐銘柄は、家電製品のCMに出演する日立製作所や、キャンペーンに起用された日本航空、ビール「一番搾り」のキリンHD、ゲーム「パズドラ」のガンホーなど。 「実は同じ会社がSMAPと嵐の両方を起用しているケースもあるんです。株価的には行って来い。フラットでしょうか」(証券アナリスト) 明治はチーズに香取、チョコレートに松本潤(嵐)を使ってい…

None

危険なXデーは3回…日本株は年初来安値まで暴落するのか


ロータス投資研究所代表の中西文行氏はこう言う。 「世界4位の貨物取扱量を誇る天津港爆発事件がダメ押しになってしまった。港湾機能のマヒで現地のトヨタ自動車は操業再開のメドが立たない状態。自動車は鉄鋼、繊維、ゴム、ガラス、電子部品……など下請け企業の裾野が広いだけに、影響は大きい。関連企業も含め、決算の下振れは必至です。それで、外国人投資家が一斉に売り浴びせているのです。安倍首相の吐血情報も売り要…

None

現金1600億円で英FT買収 日経新聞“大バクチ”の勝算


「三菱地所がロックフェラーセンターを買収した時以上のサプライズですよ」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏) 金融関係者も度肝を抜かれた日本経済新聞社による英フィナンシャル・タイムズ・グループ(FT)の買収劇。独アクセル・シュプリンガーが本命視され、米ブルームバーグ通信や米トムソン・ロイターも参戦する中、最後に手を挙げた日経が争奪戦を制した。決め手はキャッシュだ。 日経が交渉のテーブルについたの…

楽天に続くのは?/(C)日刊ゲンダイ

CAも高値 急騰する楽天に続く「東証1部昇格」有力23社


とにかく急騰続きなので“次の東証1部昇格銘柄”を探す動きが盛んになっています」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏) 1部上場には、いくつかの条件がある。マザーズやジャスダックからのくら替えだと、「株主数2200人以上」「時価総額40億円以上」「流通株式比率35%以上」などだ。 「個人投資家は、時価総額と売買代金の大きな銘柄を狙うべきでしょう。ゲーム関連のガンホーやコロプラ、ネット決済を手掛ける…

None

ひと言で好調NY株急落…投資家カール・アイカーンって何者?


ツイッターを駆使してフォロワー投資家をあおるため、アジテーター(扇動家)の異名も取ります」(ロータス投資研究所代表・中西文行氏) 2011年3月7日、自身のファンドから17億6000万ドル(1450億円)を投資家へ返還。本人は理由を「市場を注意深く考慮した結果だ」と語ったが、わずか4日後に東日本大震災が発生した。「野性的な勘の持ち主」と評判になったが、本当はただの偶然で、顧客の資産に大きな損失を…

海外企業のロゴでいっぱいになるのか

セレブと化す松山英樹 ロレックス皮切りにオファー殺到か


ロータス投資研究所代表の中西文行氏がこう言う。 「ロレックスとの契約で松山のブランド価値がグンと上がった。現在、国内企業7社とスポンサー契約を結ぶ松山は、そのうち『全日空』『ダンロップ』『レクサス』の3社が今年で契約が切れる。ロレックスとの契約が正式に決まれば、松山の契約単価は間違いなく上がります。もし更新しなければ、国内から世界のスポンサーに取って代わるでしょう。カード会社の『アメリカン・エ…

マイナスイメージ

市場は嵐・関ジャニ∞へ…進む「SMAP売り&非SMAP買い」


『SMAP売り、非SMAP買い』です」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏) 一方で、市場への影響は限定的との見方もある。 「今年1月の段階で解散報道が出ているので、今回解散が決まったからといって、特別大きなインパクトを市場に与えるわけではないと思います。むしろ、ベテラングループが“退場”することで、テレビやCMに若手の活躍の場が広がる。逆に業界は活性化するのではないでしょうか」(株式アナリスト…

スポンサー企業からも引く手あまた

マスターズ連続トップ10で松山の“副収入”どこまで上がる


ロータス投資研究所代表の中西文行氏が言う。 「同年齢の石川遼選手を引き合いに出しては申し訳ないが、松山選手が彼と違うのは、『世界を舞台に戦う』というだけでなく、『世界で勝てる』というイメージを完全に植え付けたところです。その点はテニスの錦織選手と同じ。当然、広告価値、広告イメージはより高くなる。松山選手は石川選手や錦織選手に比べて愛嬌や愛想、ビジュアルの良さで劣ると思われているからか、CMなど…

期末の1万7000円台は維持?

1万7000円は維持? 市場が注視する3.29「権利落ち相場」


どうやら、市場は配当落ち分を埋めて、さらに上昇─―というシナリオへの期待感が強いようだが、「個人投資家は慌てない方がいい」と言うのは、ロータス投資研究所代表の中西文行氏だ。 「4月の相場は弱含みとみています。1日に発表される3月の日銀短観は、民間予測では悪化の見通しです。米国の先行指数を見ても、ドル売り円買いの可能性が予測される。春闘で3000円のベア要求に対し、1500円と渋ったトヨタの社長…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事