日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

佐々木実特集

竹中平蔵パソナ会長/(C)日刊ゲンダイ

世界的経済学者・宇沢弘文氏が蛇蝎の如く嫌った「新自由主義」


最晩年にインタビューし、宇沢氏が2011年、脳梗塞で倒れた後も親交を結んでいたジャーナリストの佐々木実氏はこんな思い出を語ってくれた。 「宇沢氏は新自由主義者のノーベル経済学者、フリードマンとシカゴ大で一緒でした。ある日、みんなでランチを一緒にしていると、フリードマンが怒っている。ポンド切り下げを見越して、空売りをしようとしたら、銀行から断られたというのです。それで怒っているフリードマンの言動…

いつのまに/(C)日刊ゲンダイ

構造改革派が支配 竹中平蔵が牛耳る「国家戦略特区」の実態


ジャーナリストの佐々木実氏が言う。 「特区諮問会議の設置を主導してきたのは竹中氏です。麻生太郎副総理らの反対で経済財政諮問会議のメンバーになれなかった竹中氏は、産業競争力会議のメンバーとなって、特区構想を進めてきた。そのうえで、特区の法制化の段階で、特区諮問会議を財政諮問会議と同格にして、自分がメンバーとなったのです」 特区諮問会議は、1%の構造改革派が99%の国民を支配するための政治装置と断じ…

詭弁の宝庫/(C)日刊ゲンダイ

竹中平蔵パソナ会長 TV出演で顔を真っ赤にして逆ギレ


民間議員選考のシステム是正が急務です」(ジャーナリスト・佐々木実氏) これ以上、竹中に大きな顔をさせてはいけない。…

警鐘を鳴らす大宅賞ジャーナリストの佐々木実氏(左)/(C)日刊ゲンダイ

“完全復権”竹中平蔵氏が推し進める「構造改革」の正体


大宅賞ジャーナリストの佐々木実氏は、「竹中氏は自分の考えを政策や法律に落とし込む環境づくりが非常に長(た)けています」と、こう続けた。 「麻生副首相らの反対で、『経済財政諮問会議』のメンバーにこそなれませんでしたが、より法的権限の弱い『産業競争力会議』の民間議員として特区構想に邁進しん(まいしん)。国家戦略特区法を制定する段階で、特区諮問会議を経財諮問会議と同格である首相直轄の『重要政策会議』…

我田引水/(C)日刊ゲンダイ

竹中平蔵がはじいた「五輪経済効果20兆円」の怪しさ


以前から、学者の顔を利用して、利益誘導をするような竹中氏の言動は問題だと思っていましたが、今度の試算もその延長にあるような気がします」(ジャーナリスト・佐々木実氏) 怪しい思惑がある打ち上げ花火を信じちゃいけない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事