日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福嶋晃子特集

菊地絵理香

菊地絵理香 パットの悩みクリアなら公式戦Vに最も近い


テレビで見た福嶋晃子に憧れプロを目指す。3歳上の姉・明砂美もプロ。04年東北高校入学。有村智恵、原江里菜らの1学年後輩として力をつけた。08年に2度目のプロテストで合格。12年から連続シードを獲得、15年KKT杯バンテリンレディスで初優勝。今季スタジオアリスで目標の「ツアー2勝目」はクリア。「国内メジャーV、賞金ランク5位以内」を目指す。…

菊地絵理香

菊地絵理香(27歳・ツアー2勝)


テレビで見た福嶋晃子に憧れてプロを目指す。3歳上の姉・明砂美も女子プロ。04年東北高校入学。有村智恵、原江里菜らの1学年後輩として力をつけた。06年全国高等学校ゴルフ選手権で個人・団体の2冠を達成した。08年に2度目のプロテストで合格。11年まで苦戦が続いたが、12年から連続シードを獲得し、15年KKT杯バンテリンレディスで初優勝。今年はスタジオアリスで2勝目を挙げ、目標の「ツアー2勝目」はクリ…

海外で9勝している宮里藍

女子プロの方が上


岡本のあとに小林浩美、平瀬真由美、福嶋晃子らが続き、さらに宮里藍が出現した。高校生のときに日本の試合で勝ち、アメリカで戦うようになってから今までに9勝している。そのあとは上田桃子、宮里美香が続いたから、男子プロに比べると、女子プロの成績が上回っている。 どうして男女間にこうした差が出たのだろうか。いうまでもなく、米国で戦うよりも日本で戦う方がはるかに楽である。食事やことばなどの日常生活での負担が…

塩谷育代氏

大迫たつ子さんのひと言で日本女子プロ優勝


3日目が終わって通算1アンダー4位につけて、首位のアッコちゃん(福嶋晃子)とは5打差でした。 その3日目のラウンドが終わった時に、テレビ解説の大迫たつ子さんと会場ですれ違い、「プライドを持ってやりなさい」と声を掛けられたのです。 大迫さんをずっと尊敬していたので、その一言でもっと集中して、貪欲に勝負しなさいとアドバイスされたのだと、ピリッと気持ちが引き締まったのです。そして最終日に68をマークし…

None

全米女子5位タイの大山志保 「全英女子に悔しさぶつける」


トップ10は小林浩美、宮里美香、宮里藍、横峯さくら、福嶋晃子の6人しかいない。 日本人初の全米女子オープン優勝のチャンスがちらつき始めた。しかし、メジャーは最終日に2日分のエネルギーが必要と言われる。アウトで1日分、インで1日分というぐらい精神的、肉体的にタフな戦いが続く。 サンデーバック9に入り、11番は2打目がグリーンまでわずかに届かずに花道。パターでピンを1.5メートルオーバーすると、下り…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事