日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木明子特集

安藤のイベントギャラは1本150万円!/(C)日刊ゲンダイ

安藤美姫、鈴木明子…元フィギュア女王にテレビ界が熱視線


意外と話せるキャラなので、今後はバラエティー番組の出演が急増するでしょう」(テレビ関係者) そんな安藤と並んで引き合いが増えているのが、安藤と同じく昨シーズンで引退し、プロスケーターに転向した鈴木明子(29)。 「安藤みたいにNG項目がないので助かる。今いくよ・くるよのくるよ似というのも笑って受け流せるし、過去に摂食障害で苦しんだことも堂々とカミングアウト。共演者が要求していないのに突如、スケー…

駆け込み寺/(C)日刊ゲンダイ

高橋大輔も鈴木明子も頼りにする 荒川静香の“アネゴ肌”


高橋大輔(27)の姉貴分なのは知られているが、浅田真央を抑えて優勝した昨年12月の全日本選手権直前には、鈴木明子(28)から「調子を落としてジャンプに自信がなくなりました。どうしたらいいでしょう?」とメールで相談を受けたという。 「今季が最後になるかもしれないので、プレッシャーがかかっていたのかな。こういう時は視野を広げてスケート以外のことも考えたり、(人と)話したりした方がいい、とアドバイスし…

怖かった(右が長久保コーチ) (C)真野慎也/JMPA

恩師との初対面 そのやり方に抵抗があった


【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」 96年、小学校6年生の夏休み。すでに地元の愛知、中部圏の大会では表彰台に上がれるようになっていた私は、ひとつ上のステップを目指そうと、仙台で日本のトップ選手を指導していた長久保裕先生の夏季合宿に参加することにしました。 期間は1週間。合宿前の長久保先生に対する印象は「ジャンプの教え方に定評がある」と同時に、「怖くて厳しい先生」というものでした。当…

全日本選手権優勝でソチの切符をつかんだ/(C)日刊ゲンダイ

全日本選手権の優勝は本当に奇跡でした


【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」 はじめまして。鈴木明子です。今日から日刊ゲンダイで連載をさせてもらうことになりました。 私は今年3月の世界選手権を最後に、22年間にわたった現役生活にピリオドを打ちましたが、フィギュアスケートを通して、いろいろな経験をさせてもらいました。このコラムではそんな私の経験を含め、これまでにあった出来事、交遊録やあまり皆さんに知られていないスケート界の舞…

すでに練習を再開している浅田真央

連盟の“権力争い”まで絡み…浅田真央「現役続行」の全舞台裏


これは当然としても、浅田、安藤美姫、鈴木明子がいない今、国内フィギュアの人気を支えているのは羽生一人といっても過言ではない。その羽生を公私にバックアップしているのが、かつてフィギュア界の女帝といわれた元強化部長の城田(憲子=68)さんです。彼女は日本フィギュア界にとっては功労者ですが、06年に表沙汰になった連盟の不正会計問題で理事を引責辞任した。あの醜聞で力が衰えたとはいえ、羽生が金メダルを取っ…

かかとを負傷し高体フィギュアは欠場/(C)AP

四大陸フィギュア6位の永井優香にテレビ関係者が熱視線


これから色気が出れば、さらなる男性ファンを取り込める可能性も秘めてますから」(前出の関係者) 安藤美姫、鈴木明子の引退に加え、休養中の浅田真央の去就も決まらず、注目度が薄れつつある女子フィギュア界。永井にかかる期待は想像以上に大きい。…

NHK杯は4位に終わった羽生結弦/(C)日刊ゲンダイ

羽生強行出場が典型例 選手を潰す「スポーツ界」の悪しき体質


日本のフィギュア界は安藤美姫、鈴木明子、高橋大輔が続々と引退。浅田真央は休養中とあって、フィギュア人気はソチ五輪金メダリストの羽生の双肩にかかっている。 スケート連盟は多額の費用を出しているスポンサーの顔色をうかがう。男女のスター選手がリンクを去った今、羽生まで欠場というわけにはいかない。羽生は自分の意思だと言うが、連盟が傷だらけでも中国杯を滑らせ、NHK杯出場にもストップをかけなかったのは、…

安藤美姫がインスタグラムにアップした2ショット

関係者は沈黙…安藤美姫の「結婚宣言」誰にも祝福されない謎


フィギュア関係者では荒川静香(32)、鈴木明子(29)、村上佳菜子(20)、本田武史(33)、無良崇人(23)、村上大介(23)などが安藤のツイッターをフォローしているが、みなスルー(26日午後6時現在)。現役、引退組を問わず、互いにツイッターをフォローし合うケースが多い中、織田信成(27)、村主章枝(33)、浅田舞(26)はつながってもいない。 “恋多き女”でスッタモンダが尽きないものの、安…

去就が注目される浅田(左)と引退表明をした高橋/(C)日刊ゲンダイ

小学生の頃から注目され続けた真央にはもう少し時間をあげて欲しい


【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」 先日、私にとって複雑な気持ちになるニュースが飛び込んできました。親友であり、良き理解者だった高橋大輔選手(28)の引退発表です。 私と彼はこれまで何度もお互いの引退の話をしてきました。当連載でも書きましたが、ソチ五輪後の引退のタイミング、また10年のバンクーバー五輪後もそうでした。 特にバンクーバー五輪の翌年(11年)は大ちゃんも引退時期に悩んで…

成長著しい樋口/(C)日刊ゲンダイ

4年後の平昌五輪は「ジュニア世代」の台頭も期待できる


【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」 今月末からはいよいよフィギュアのグランプリ(GP)シリーズが開幕します。今季は日本フィギュア界を牽引してきた浅田選手が休養しているため、女子は群雄割拠の様相です。一緒にソチ五輪に出場した村上佳菜子選手(19)を筆頭に、昨季GPデビューを果たした宮原知子選手(16)、今季GPデビューする本郷理華選手(18)が、世界のトップにどこまで食い込めるかに注…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事