日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

篠原信一特集

五郎丸ポーズをまねた篠原信一

すっかり芸能界に馴染んだ篠原信一 アクション俳優に意欲も


タレントとして大ブレーク中の柔道家・篠原信一(42)は、芸能界の水がすこぶる肌に合っているようだ。 8日に開かれた米映画「ダイバージェントNEO」公開直前イベントでは、異端者(ダイバージェント)の代表として参加。世界で話題を呼んでいる“五郎丸ポーズ”をマネて会場を沸かせ、バラエティーで培ったつかみを披露したのだった。 「オファーがあれば、今後はアクション俳優としてもドシドシやっていきたい!」と役…

復活への道のりは遠い

“デカキャラ”篠原信一の快進撃でTV復帰が遠のいた清原和博


元柔道銀メダリストで日本代表監督でもあった篠原信一(42)の快進撃が止まらない。 昨年、芸能事務所と業務提携して以来、「炎の体育会TV」(TBS系)、「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)、「アウト×デラックス」(フジテレビ系)などに出演するや、見た目のインパクトとおちゃめトークのギャップが受けて、その後もバラエティーに出ずっぱり。 「年末年始、TVで一番見かけたタレント」などと言われたが、…

None

持ってるのに割安感 篠原信一がTVで引っぱりダコのワケ


シドニー五輪の柔道の銀メダリストで、ロンドン五輪代表監督も務めた篠原信一(42)。バラエティーに出まくっているのだ。 とにかく目立つ。身長190センチ、体重100キロを超える巨体で、顔もデカく、画面で圧倒的な存在感を放っている。それだけで人気になる可能性は十分だが、ここまでブレークするには理由もあるという。 “タレント転向”のキッカケを作ったのはSMAP中居正広(42)。スポーツ特番などに篠原を…

窮地/(C)日刊ゲンダイ

不祥事、使い勝手で小川直也が敬遠され…篠原信一が急浮上


それに比べて、現役時代は小川の牙城を崩せなかった、同じく五輪銀メダルの篠原信一の方がなんでもやってくれるので使いやすい」(テレビ関係者) 小川は、自分と入れ替わるようにバラエティー番組を席巻している篠原をどう見ているのか。…

None

顔とのギャップが人気…篠原信一に「バラエティーで活躍」の声


年末年始に稼ぎまくったニッチタレントの中でも、異彩を放っていたのが元柔道男子日本代表監督の篠原信一(41)だ。シドニー五輪で銀メダルを獲得し、現役引退後には代表監督に就任するも、12年のロンドン五輪で金メダル0個に終わり引責辞任。 同年に妻と共に産業廃棄物処理関連の会社を設立し、13年に天理大准教授を退職した篠原は、昨年7月の「アウト×デラックス」(フジ系)出演を皮切りに、この年末年始は「嵐にし…

井上康生は全日程終了後に号泣したという

リオ五輪メダル量産12個 日本柔道“お家芸V字回復”の軌跡


惨敗の責任を取って男子の篠原信一前監督が退任。女子の園田隆二前監督も強化選手15人から暴力体質を告発される前代未聞のパワハラ騒動に巻き込まれ、辞任に追い込まれた。 さらに、ふたりの後見人だった吉村和郎前強化委員長には、助成金の不正流用疑惑が発覚。こちらも職を追われるなど、日本柔道は相次ぐ醜聞にまみれたが、「一連の問題で強化体制が一新された。今回の日本柔道躍進の要因のひとつにはまず、彼らの退陣が挙…

「ないない」と笑う篠原信一

〈3〉総合格闘技デビューは「100%ない、痛いの嫌いですから」


それより一足早い今夏、一部報道では大会目玉カードに「篠原信一VS朝青龍」の可能性が取り沙汰されたが、最新の大会公式HPにある出場選手欄に篠原の名前は、ない。 「ないない。僕のところにはオファーもありません。本気でな~んにも来てないです。そんなこと言うても出るパターンってありますよね。でも、自分の場合は100%ない。これで出たら『デタラメ篠原』って、容赦なくガンガン書いてもらっていいですから!」 …

篠原信一

〈1〉1回でも多くの現場に呼ばれたい、この思いに尽きます


「1回でも多くの現場に呼ばれたい、この思いに尽きます」 柔道家でタレントの篠原信一、42歳。バラエティーやイベントで快進撃を続ける中、先月22日にはエッセー「規格外」(幻冬舎刊)を上梓した。いま最も忙しいドデカイ男の“本音”に迫る。 テレビ出演が増え始めたのは今から1年半ぐらい前。なかでも、14年2月放送の情報バラエティー「爆報!THEフライデー」(TBS系)での企画「あの人は今大追跡SP」は見…

本業は映画のコメンテーター

映画業界が密かに期待 LiLiCoが戸田奈津子に引導を渡す日


同じくゲスト出演した柔道家の篠原信一(42)やジェフ氏に引けを取らない体格を生かし、夏にはプロレスデビューも飾った。 マネジャーもいなければスタイリストもつけず、頼りになるのは自分だけとばかりに猛進してきたど根性の持ち主。その甲斐あって現在では生放送のレギュラー2本をはじめ、こうしてイベントにもお声がかかる一線級のタレントになったが、あくまで本業は映画のコメンテーターだ。英語と母国語のスウェーデ…

元柔道の篠原信一(左)もバラエティーでブレーク

初食レポで“舌好調” 競泳・入江陵介に備わる「笑いのDNA」


すでに各局が動き出しているとすれば、引退後にバラエティーでブレークした柔道元日本代表の篠原信一(42)の座も夢ではない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事