日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤原紀香特集

笑顔の裏に複雑な女心…

「彼の子供を産みたい」44歳藤原紀香“お世継ぎ”への執念


50分間に及んだ質疑応答の中で最もド肝を抜いたのは、44歳の新妻・藤原紀香の“お世継ぎづくり”への言及だった。 スチル40台、ムービー30台、総勢200人の報道陣が集まる中、帝国ホテルの金屏風を背に31日、歌舞伎役者で夫の片岡愛之助(44)に寄り添う形で行った結婚会見。 愛之助がデザインしたという3カラットのダイヤモンドをあしらった特注の婚約指輪を光らせ、開口一番、「きょうは純粋に素直な気持ちを…

藤原紀香

2月の沖縄…笑顔でインタビューに答えた水着姿の藤原紀香


ことしも藤原紀香(44)は、芸能マスコミに大きな話題を提供してくれそうだ。 紀香は、さまざまな場面で取材に応じて、マスコミの期待に応えてくれた。彼女のことを悪い論調で伝えるところは、ほとんどなかったと思う。芸能界でも指折りの大手有力事務所の所属だからという人もいるが、彼女の実像を知る人は、そうは言うまい。 2008年北京オリンピック直前のことだ。日本代表のあるスポーツ選手が藤原紀香の大ファンだと…

出産シーンも堂々とこなした

大胆露出で出産シーン熱演 “肉食”藤原紀香の衰えない色香


年を重ねるにつれて守りに入る女性が多い中、女優の藤原紀香(44)は“攻め”の姿勢を忘れていない。 WOWOWドキュメンタリー番組「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」の日本版吹替えを担当した紀香は25日、都内で行われた公開アフレコに出席。集まった報道陣の前で、ハムスターの出産シーンを「おぉ…うっ!」と臨場感たっぷりに演じきった。 さまざまな動物の生殖行動を説明する同作品では、セックスなどの…

アジア各国で大人気/(C)日刊ゲンダイ

藤原紀香 深夜番組で“セクシー和装コスプレ”披露のなぜ?


スリットの入ったセクシー和装姿の藤原紀香(43)が拝めるのは、ブログではなく、深夜番組「Find the WASABI」(TBS系)。今月6日深夜から始まった番組で、マレーシア、シンガポール、タイで活動するイケメンタレント3人が日本でシェアハウス生活をしながら、世界から届く「日本の謎」を解明するという内容だ。 紀香はというと、「コマンダーNORIKA」というキャラクターとして3人にミッションを…

事務所公認/(C)日刊ゲンダイ

藤原紀香を射止めた敏腕TVプロデューサーの素性と評判


発売中の「フライデー」(講談社)で熱愛を報じられた藤原紀香(42)。 相手は「外資系テレビ局のプロデューサーA氏」(事情通)で、結婚を前提に今夏から交際しているという。 「所属事務所はすでに交際を認めて、結婚を祝福しています。プロポーズはまだ受けていないそうですが、年内には婚約会見を開くという情報もあります」(マスコミ関係者) 2人の出会いのきっかけは、昨年12月に放送されたドキュメンタリー番…

京都の上賀茂神社で挙式

“ドン”が結婚式欠席 藤原紀香の芸能活動に黄信号の可能性


歌舞伎役者の片岡愛之助(44)と結ばれ、幸せ絶頂の藤原紀香(45)だが、京都の上賀茂神社で執り行われた結婚式にある人物が欠席していたことが、芸能マスコミの間で話題になっているという。 そのある人物とは、「紀香がデビュー当時から寵愛を受けてきた“芸能界のドン”ことS社長です。紀香サイドから招待状は送られてきたものの仕事を理由に断ったそうです。いくら2度目とはいえ、ことさら目をかけてきた秘蔵っ子の晴…

会派離脱を表明

藤原紀香似にセクハラ? 61歳秋田県議が反論する“陰謀論”


藤原紀香似の秋田美人で、県庁の受付をしていたこともあります。今年の春に自民党の控室担当になったばかりだったのですが、夏休みが終わると、別の部署に配置換えになっていました。議長が話を聞くと平山県議からセクハラを受けたと話したのです」(秋田県議会関係者) 女性によると、6月中旬に平山県議の誘いで知人を含めた3人で食事をしたものの、知人が席を外したところで、「マッサージ」と称して体を触られたという。別…

相合傘で境内へ(23日、午前)

挙式の次は5億円披露宴…藤原紀香は三田寛子になれるのか


23日、京都市内の神社で挙式した歌舞伎役者の片岡愛之助(44)と藤原紀香(45)。本番前日に複数のスポーツ紙が「ユネスコ世界遺産に登録されている由緒ある神社で挙式」と報じ、話題を振りまいたとなれば当然か。 それにしても、世間のバッシングは凄まじい。1度目の結婚は地元・兵庫の生田神社で行ったこともあって、ネット上には〈また懲りずに神前式って〉〈十二単の次は白無垢か〉〈梨園の恥!〉などなど人生の新…

藤原紀香と徳光和夫

藤原紀香の披露宴 徳光和夫司会で気になる“アノ都市伝説”


最新号の「週刊文春」が“梨園の妻”に納まった藤原紀香(44)の結婚披露宴の司会を、フリーアナの徳光和夫(75)が担当することが決まったと報じている。 その決め方がいかにも紀香らしく、同誌によると6月頭にアポなしで徳光邸の近所まで来た上で、「今、近所に来ているんですけど」と“通告”し、夫の片岡愛之助(44)と2人で現れて披露宴司会を頼んでいったという。 そこで気になるのは芸能界に流れるあの都市伝説…

どちらも新婚ホヤホヤだが…

同じ結婚でも大違い…藤原紀香vs上野樹里“明暗”の内幕


「明」が藤原紀香(44)&片岡愛之助(44)夫婦、「暗」が上野樹里(30)&バンドマン和田唱(40)夫妻。 紀香夫妻を結婚前から追いかけ、結婚後も「梨園デビュー」だの「子ども」だのと大騒ぎの芸能マスコミが、樹里に対して注目したのは、樹里の夫の母で料理研究家の平野レミ(69)との嫁姑バトルくらい。芸能人の結婚で恒例となっている記者会見も開かずじまいなのである。本人たちにソノ気がないのかも知れないが…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事