日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

池波正太郎特集

「女城主」池波正太郎ほか著 細谷正充編

(PHP研究所 620円+税)…

「酒肴日和」池波正太郎著 高丘卓編

(徳間書店 920円+税)…

多彩な芸風で知られる

鬼平犯科帳で"賄い方"演じた沼田爆さん 「普段は食に無頓着」

■“食通”池波正太郎ならではの役柄 「今年も正月スペシャル『密告』が放送されましたね。レギュラー放送はとうの昔に終了しましたが、その後は年1本のペース、スペシャル番組という形で制作されてるんです。もちろん、ボクも出ました。2時間スペシャルといいながら、一瞬でしたが、ハハハ」 JR渋谷駅近くの喫茶店で会った沼田さん、まずこう言って笑った。 「今回は死罪と決まった罪人…

細面の二枚目で渋声 アニメで蘇る「鬼平」の魅力と見せ場

累計発行部数は、実に2700万部という池波正太郎原作初のアニメ化。アニメで本格時代劇? と思われるかもしれないが、総指揮が、半世紀以上アニメ制作に携わり、昨年の大ヒット作「この世界の片隅に」の名プロデューサー丸山正雄さんと聞けば、心配は吹き飛ぶ。個人的には、丸山さんが手掛けた石ノ森章太郎原作のモノクロアニメ「佐武と市捕物控」(68年)のスピード感が忘れられない。 大…

「使ってみたい武士の日本語」野火迅著

池波正太郎や藤沢周平らの時代小説をテキストに、侍言葉を解説した日本語面白本。 例えば「お流れちょうだい」。この一言とともに相手の杯を借りて酒を飲むのは「相手の精神や肉体にまとわれる貴重な何かを授かろう」という一種の儀式だと解説する。杯に残ったしずくには、清めの働きがあるとも考えられていたようだ。その他、腰に帯びた太刀の鍔元を握ったまま親指で鍔を押して刃を緩め、いつで…

第2シリーズ「盗賊二筋道」

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

原作の魂を大切にするスタッフたちの名人芸

現在も原作者池波正太郎が贔屓にした料理人近藤文夫さんが料理を作り、クール便で送付したものを持ち道具担当の小田忍さんが盛り付ける徹底ぶりだ。 池波は生前、毎回脚本を読み込み、「だったんだ」ではなく「だったのだ」と言葉遣いや衣装にまで「朱筆」を入れていたという。そのこだわりと原作の魂を大切にするスタッフの思いが画面から伝わってくる。…

第3シリーズ「密偵たちの宴」から

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

スネに傷持つ密偵たちが一本筋を通すカッコよさ

このカッコよさは池波正太郎がもっとも得意とするところだ。 そんな密偵たちの思いが爆発したのが、「鬼平犯科帳」第3シリーズの「密偵たちの宴」。凶賊を平蔵が一網打尽にした夜、粂八が極悪なやつらに本物のおつとめとはどんなものか見せてやりたいと発言。話は盛り上がり、「やるか、ひとつ」ということになる。狙いをつけたのは非道な金貸し医者。ところがそこにはすでに悪い盗人が引き込み…

第1シリーズ「血頭の丹兵衛」

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

日本を代表する名優たちが演じた個性派盗賊

原作者池波正太郎と縁が深い新国劇の看板俳優は、この役のため、衣装からカツラ、小道具までこだわり抜いての出演だった。なお、後にこの蓑火の喜之助は、第4シリーズ「老盗の夢」で丹波哲郎が演じて再登場。若い女のため、最後の大仕事を企てるが、他の盗賊に仕掛けを奪われそうになる。死を覚悟して単身敵方の隠れ家に乗り込み、刃をふるう喜之助。丹波の鬼気迫る演技もまた、名場面となった。…

鬼平犯科帳「五年目の客」から

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

長寿人気を支えた 目、耳、舌を楽しませる仕掛け

中村吉右衛門(72)は40歳のとき、「次の鬼平に」と原作者の池波正太郎から直々に依頼されたが、「40歳はまだまだ小僧ですから」と断ったという。しかし、5年後、再び池波から声がかかり、ドラマ化が実現。原作者の強い思いが感じられる。 ■江戸の四季を描くエンディング 吉右衛門版鬼平には、印象的な素材がいろいろある。たとえば初代ナレーター中西龍。「いつの世にも悪は絶えない…

「休暇村協会」理事長の中島都志明さん

休暇村協会理事長・中島都志明さん「司馬作品で迷いなくなった」

その頃に読んだのは池波正太郎や藤沢周平の時代小説。あと、山岡荘八の『徳川家康』も面白かったですね。家康は好きな武将ではありませんが、作品の構想力に圧倒されて、全26巻を一気に読みました」 ただ、50歳を過ぎた頃から極度の乱視に悩まされるようになり、やむなく読書は中断することに。 「集中して文字を読むと15分ぐらいで頭が痛くなるのです。なんとも残念ですが、リタイアした…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事