日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松本竜也特集

巨人・高橋監督と笠原被告

貧打に加え投壊不安…巨人“バクチ狂い4投手”の穴埋まらず


今となっては、賭博で解雇された3投手と謹慎処分の高木の穴が埋まっていないと感じます」 昨年10月以降、当時巨人の投手だった笠原、福田聡志(32)、松本竜也(23)、高木京介(26)の4選手が野球賭博に関与していることが発覚。NPBは3人を無期失格処分、高木を1年の失格処分としている。これが球団の汚名になっただけでなく、戦力的にも大打撃になったというわけだ。 昨季から継続する貧打は言うまでもないが…

日本球界にとっても五輪の金メダルは悲願

けじめなき“汚れた野球” 東京五輪追加種目から除外すべし


プロ野球は昨年10月から、巨人の3選手(笠原将生、福田聡志、松本竜也)が関与した野球賭博問題で揺れに揺れた。3人は無期失格処分が下され球界を去り、今年3月には巨人の高木京介も野球賭博関与や違法な裏カジノをやっていたことが判明。さらに3月25日の開幕直前には、賭けゴルフ、賭けトランプ、円陣での声出しや、練習中のミスに対する罰金、高校野球クジなどで、選手間で金銭授受があった事実もボロボロ出てきた。…

笠原将生容疑者

野球賭博事件 笠原逮捕で改めて問われる巨人の“隠蔽体質”


この時点で巨人が「事件」を公にしていたならば、笠原はその後も違法賭博場へ出入りしたり、松本竜也、福田聡志、高木京介を野球賭博に誘うこともなかったはずだ。同時に、チーム内で賭けトランプや麻雀、多額の賭け金が動くゴルフの「握り」などが常態化していた「バクチ環境」も大幅に改善されていたに違いない。 そもそも笠原の行為は、賭博行為の禁止及び暴力団員等との交際を禁じた野球協約180条に抵触する可能性は極…

逮捕された元巨人・笠原将生容疑者

笠原逮捕は口封じか 野球賭博で新たな選手浮上の可能性も


逮捕された笠原容疑者のほか、松本竜也、高木京介の両元投手など次々と賭博常習者が判明。ともに無期や1年間の失格処分となった。 日本野球機構(NPB)が調査に乗り出したものの、調査委員会の大鶴基成委員長は「(笠原容疑者らに)コンタクトを取っているが、応答がない」とノラリクラリ。4月末にようやく聴取に応じたが、このままウヤムヤになる可能性が指摘されていただけに、突然の電撃逮捕にはビックリだ。一体、何が…

説明責任があるはずだ

巨人の賭博汚染は前監督時代に 原辰徳氏に責任はないのか


野球賭博に手を染めた福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)、高木京介(26)の賭博4選手は原監督の下でキャリアを積み、多かれ少なかれ目をかけられてきた連中である。しかし、今年1月に恒例となっている国際武道大学での講義に出てきた際も、その口からは賭博の「と」の字も出てこなかった。ネット上には、「由伸監督にすべてを押し付けて逃げた」などとファンの厳しい声も散見される。 スポーツライター…

次から次へと醜聞が出る巨人

腐敗止まらぬ巨人軍 球場を“賭場”にしていた選手の金銭感覚


トランプや高校野球を対象にした金銭のやりとりはロッカールームで平然と行われ、グラウンド内でも練習中のノックの際にミスの数に応じて数十万円のカネが動いていたことを笠原や同じく無期失格処分を受けた松本竜也元投手(22)が暴露している。巨人の選手が紳士であるとはこれっぽっちも思っちゃいないが、これが彼らの正体、品性ということだ。 弁護士で神奈川大名誉教授の佐藤司氏がこう言った。 「プロ野球選手というよ…

会見で涙を流す高木京介

怪しい会食を目撃…巨人賭博汚染が主力選手に飛び火する日


巨人を襲った最初の野球賭博、すなわち福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)の元3投手が無期失格処分を受けた一件でにわかに球界の注目を集めたのがXだった。 「笠原や松本竜、そして8日に4人目の賭博関与者として発表された今回の高木京介(26)らと胴元の間をつなぐ仲介者として、日本野球機構(NPB)の調査委員会に『賭博常習者』と認定された飲食店経営者のBという男がいます。XはそのBと非常…

高木京は謝罪を「自分の意思」と強調

高木京だけに謝罪の場…笠原ら3人と別扱いした巨人の思惑


昨年10月に福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)が野球賭博に関与していたことが発覚。笠原は週刊文春の取材に「自分の言葉で皆さんに謝罪していなかったことがずっと心残りでした」と語っているように、球団を解雇された先の3人に今回のような場は設けられなかった。なぜ高木京だけ謝罪会見なのか。球団は「(本人が)ファンの皆さまにおわびしたいということだった」とし、高木京も「会見は自分の希望?…

賭博関与が明らかになった高木京介

底なしの巨人賭博汚染 “黒い霧”知る人物「まだいる」的中


昨年11月に無期失格処分を受けた福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)に続く4人目の関与者がまたぞろ巨人から出てきたのである。 巨人によると、今回の高木京は一昨年の14年シーズンに笠原から誘いを受け、1回につき10万円から15万円を8、9試合に賭けたと証言。巨人の試合での賭博や八百長への関与は否定しているというが、事態を重く見た球団は渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(6…

(左から)笠原、高木京、福田。13年にリーグ優勝を決め記念写真に

高木京も“笠原人脈” 巨人賭博汚染で囁かれる「次の選手」


野球賭博への関与が発覚して福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)の巨人3投手が無期失格処分を受けてから4カ月、球界を大きく揺るがした巨人の賭博汚染には続きがあった。 8日、久保博球団社長(66)が苦渋の表情で明らかにした、4人目の野球賭博関与者。今度の高木京介(26)は、昨年も33試合に登板して1勝0敗、防御率2.20の成績を残したバリバリの一軍主力リリーフ投手とあって、球団は前回…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事