日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

神田沙也加特集

ようやく親離れ?/(C)日刊ゲンダイ

転校4回、継父との不仲…神田沙也加が明かした壮絶過去


<本当に正直なことしか書いていないので(笑)、最後まで余すところなく読んで“ほんとの神田沙也加”をもっともっと知ってくださいね> こう書き出して始まる神田沙也加(28)のスタイルブック「Dollygirl」(宝島社)が話題を集めている。私服やメイクなどファッション関係に大半を割く一方、読み応えたっぷりなのが13ページにわたるインタビュー。生い立ちから「アナと雪の女王」での大ブレークまでを振り返っ…

なが~い脚

なぜ? 神田沙也加の“美脚”が「漫画キャラ並みに長い」と話題


歌手で女優の神田沙也加(28)がツイッターで披露した“美脚”が「漫画のキャラクター並みの長さ」と話題になっている。 2日、自身がボーカルを務めるユニット「TRUSTRICK」のライブ用Tシャツをワンピースのように着て、しゃがんだ写真をインスタグラムにアップ。すると、ファンから「立ち姿も見たいです。長さが気になる~」と要望が入った。 沙也加はその後、リクエストにこたえる形で、立ちポーズの写真2枚を…

ご覧の通り健康的な笑顔(2月25日撮影)

“印象違う”の声…神田沙也加に浮上した「激やせ」「別人」疑惑


神田沙也加(28)が自身のブログに投稿した“激ヤセ写真”がネットで波紋を呼んでいる。 30日にブログにアップした自撮り写真は、別人と見まがうほどに頬がこけ、同日のインスタグラムにも<少し痩せました?無理しないでね><やせたね。でもきれい>と心配まじりのコメントがチラホラ。 3月の初め、自身がボーカルとして参加するユニット「TRUSTRICK(トラストリック)」の全国ツアーのため、髪をピンクがかっ…

「松田聖子の娘」という呪縛からは逃れたが…/(C)日刊ゲンダイ

神田沙也加 「アナ雪」でも解けない母・松田聖子との“確執”


25日、映画「イントゥ・ザ・ウッズ」試写会イベントに神田沙也加(28)が登場した。 演出家の宮本亜門(57)と一緒に現れた沙也加は、04年に宮本が演出したブロードウェーミュージカル「Into The Woods」に17歳で抜擢されたことを話題にし、「亜門さんの演出を受けたことがすごく楽しかったので、よりミュージカルをやっていきたいと思えた。そこから『アナと雪の女王』にも出あえて、つながりや縁に感…

すっぴん?をブログで公開(右)した紀香、左はバッチリメーク/(C)日刊ゲンダイ

藤原紀香、神田沙也加も? “すっぴん風メーク”の巧妙テク


この先輩に触発されたのか、神田沙也加(27)や鈴木奈々(26)もすっぴん公開で続いている。 ただ、藤原の“奇跡”といわれる写真を隅々までよく見てみると、目はぱっちり二重だし、眉毛も薄く描かれてある。さらに唇に色つきリップを塗っているような気が……。 「男性たちはダマされてはいけません。これは、“すっぴん風メーク”といって、最近、女性誌がこぞって取り上げている化粧法なのです。なぜなら男性の9割がき…

左から土屋太鳳、神田沙也加、黒田博樹

【土屋太凰】神奈川県平塚市にある地名が発祥


神田沙也加 「アナと雪の女王」で日本語版吹き替えを担当した神田沙也加(28)。母・松田聖子の旧姓は蒲池(福岡県の由緒ある名字)だが、離婚後も母子ともに神田が本名とのこと。 「神田」は文字通り「神の田」という意味。ここでいう「神」とは神社のことで、神社の所有する田を神田といい、そうした田んぼに関わる人たちが名乗ったのが「神田」である。そのため「神田」という名字は全国に広く分布している。 東京の…

神田沙也加(左)と松たか子も再登板?

見たい?見たくない?…「アナ雪」続編発表にファンから賛否


前作で日本語版のキャストを務め、主題歌「Let It Go~ありのままで~」が大ヒットした松たか子(37)と神田沙也加(28)についても、<松さん、松さん!><神田沙也加の声もキャラもすげー可愛かった>と再登板を期待するコメントがズラリだ。中には<ボスキャラで松田聖子の予感…>と、紅白で共演を果たした母・松田聖子(53)の起用を願う声も上がった。 その一方で、否定的な意見も多い。<アナ雪は完結…

ファンは待っている/(C)日刊ゲンダイ

松たか子がアナ雪「Let It Go」をテレビで歌う“Xデー”


海外メディアからの取材も来ています」(芸能プロ関係者) ■神田沙也加とともに紅白内定? この人気に飛びついたのが日本のテレビ局。松に「Let It Go」を歌ってもらおうとオファーしたが、すべて却下され、NHKでさえも門前払いだったとか。テレビなどで披露できない裏には大人の事情があるという。 「アナ雪がこれだけヒットしたにもかかわらず松は沈黙したまま。これはウォルト・ディズニー社の戦略があるから…

聖子伝説は数知れない

凄い力で手を握り夫を止めた松田聖子 笑顔の裏の不動心


事実、何度も感心させられたことがあるが、一人娘の神田沙也加に関しては、そうはいかなかったらしい。 沙也加はアメリカの短編映画で評価された後、日本で本格デビュー。聖子のプロデュースで、女優と歌手の活動を始めたが、成功とは言い難かった。その後は親子ゲンカ状態で、沙也加が家を出たりトラブルになったりもした。そこで聖子は、沙也加の仕事に一切タッチすることをやめ、聖子が大手プロダクションに所属していたころ…

映画「シンデレラ」

「シンデレラ」に絶賛の声 ディズニーの恐れ入ったる商売上手


吹き替え版では引き続き、ブームの立役者である松たか子や神田沙也加といったお馴染みの声優陣が集結。♪ありの~ままの~と歌うことはないが、アナ雪ワールド再びでファンを裏切らない。 その甲斐あってか、ツイッター上には子連れ観賞ではない若い女性たちが、“アナ雪”の吹き替え版見たさに字幕か吹き替え版か、はたまた、両方見るかと悩むつぶやきがワンサカ。「『アナ雪』の続編効果は絶大。最終的な興収は50億円以上の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事