日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

全美貞特集

日本で大人気のイ・ボミ

イ・ボミも心配? 少女像で気になるスポーツの日韓関係

同22勝のアン・ソンジュ(29)も約8億円、先輩プロの李知姫(37=21勝)や全美貞(34=24勝)も、それぞれ10億円前後を手にしている。彼女たちは、たとえ日本という国が大嫌いでも、これまで同様、試合会場で笑顔を振りまきファンサービスに努めるし、地震などの大災害が発生すれば、日本で稼いだ金で寄付もする。しかし、前出の太刀川氏はこう続ける。 「慰安婦問題が大きくなり…

心が強くなった全美貞

メンタルコーチ代えV 今季2勝目の全美貞に“プロの眼力”

【NOBUTA マスターズGCレディース 最終日】 首位に4打差4位発進の全美貞(33)が7バーディー、ノーボギーの65でプレー。通算17アンダーで大逆転。今季2勝目、ツアー通算24勝目を挙げると、試合後の会見でこんな秘話を語った。 「メンタル(トレーニング)は前からやっていたけど、前のメンタルコーチをやめてから徐々によくなってきました(笑い)。(今は)韓国の有名な…

1打及ばずプレーオフに残れなかった笠

賞金女王は韓国人ばかり 日本人プロの実力低下に識者苦言

全美貞(33)が約9億5716万円(生涯獲得賞金4位)。アン・ソンジュ(29)が約7億6501万円(同7位)、イ・ボミ(28)が約6億9677万円(同12位)と、韓国人プロの稼ぎっぷりはすさまじい。賞金女王タイトルもここ6年間で日本人は森田理香子(26)ただ1人で、あとはすべて韓国人プロだ。 「日本ツアーも米ツアーも韓国人プロが増え、韓国人同士の戦いなら相手に遠慮は…

成田美寿々は今季初の首位発進

好スコア続出…バーディー量産コースが選手をダメにする

初日は成田美寿々(23)と全美貞(33)がバーディーを量産し、8アンダーでトップタイに並んだ。 成田は先週4日間で8バーディー(14ボギー)しか奪えなかったのに、今週はたった1日で9バーディー(1ボギー)だった。それだけコース設定が違うということだ。「せっかくタフな日本女子プロでいい経験を積んだのに、これではムダになってしまう」と、ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏が…

2日目単独トップの下川めぐみも「難しい」

2日目アンダーパー10人 “牙むくラフ”に女子プロお手上げ

飛ばす必要はなく、曲げないショットメーカーが有利でしょう」 1打差2位タイには手堅いゴルフの申ジエ、全美貞が付けており、外国人プロの公式戦8連勝の可能性も高まってきた。…

無類の勝負強さを発揮

イ・ボミが今季4勝目 国内専念の“内弁慶”いつまで続く?

大江香織(26)、全美貞(33)とのプレーオフを制し、2週前の「meijiカップ」に続く出場2戦連続優勝で、今季4勝目を挙げた。 これでプレーオフは4連勝。自身が持つ国内女子のプレーオフ連勝記録に並び、通算では8勝1敗となった。 15試合目で4勝は、昨年の22試合目を上回るハイペース。今季は開幕からの9試合連続トップ10入り記録をつくるなど、2年連続獲得賞金2億円超…

笑いが絶えなかった最終組の韓国人プロ3人

また韓国勢上位独占 国内女子プロは「外国人枠」の転換期

また生涯獲得トップ10には3位李知姫(約9億7000万円)、4位全美貞(約9億1400万円)、8位アン・ソンジュ(約7億4000万円)と韓国現役プロがぞろぞろいる。スポンサー企業が用意した賞金を韓国人プロがかっさらっている現状がよくわかる。評論家の早瀬利之氏がこう言う。 「韓国人プロの優勝はもう見飽きました。日本女子プロゴルフ協会も、そろそろなんらかの規制を設ける…

None

涂阿玉さんに勝ってプロでやる自信

テレビ解説で会場入りした先週のTポイントレディスは、勝った飯島茜さんと全美貞さんの6ホールにも及ぶプレーオフが延々と続きました。全さんは最終組から7組も前でプレーし、単独トップで先にホールアウト。会場の難易度からいうと全さんが有利でしたが、プレーオフ前に知人の訃報があって、まったく想像もつかない心境で待たされました。私には計り知れませんが、全さんは悲しみを胸に秘め、…

None

スイングはボールは打つのではなく運ぶ感覚

アン・ソンジュが3度、全美貞が1度賞金女王になったことでもわかりますが、日本ツアーで確固たる地位を築いています。それに昨年は賞金ランクトップ10に韓国人プロは4人もいました。ああ、今週も韓国人プロの優勝か、と感じたことが何度もあるでしょう。 なんで強いのでしょうか。いろいろな説がありますよね。まず、小さい時からの国を挙げての英才教育がひとつ。それと日本人にはない家族…

もはや敵なしのイ・ボミ

有名シード選手大挙欠場も イ・ボミが2週連続Vに王手

この位置なので、連続優勝を目指して頑張ります」(初日後のイ・ボミ) 実は今大会、原江里菜、鈴木愛、李知姫、全美貞、申ジエといった有力シード選手17人がごっそり欠場した。 というのも、来週の公式戦日本女子プロゴルフ選手権や来月の日本女子オープン会場の下見をしているからだ。今大会はツアーの中で優勝賞金(1080万円)が最も低く、来週の日本女子プロゴルフ選手権は2倍以上の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事