日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福士加代子特集

「1等賞取れたよ~!」

メダルは無理でも福士加代子を応援してやろうぜ

「これでリオ決定だべ~!」と叫んだ福士加代子が、リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表じゃなくて、まだ候補に過ぎないと陸連は言っている。オリンピックイヤーに、代表選考レースだというから出場して、五輪派遣設定記録を大幅に上回って文句なく優勝したのにだ。 オレぁ福士加代子のあのあっけらかんとした物言いと性格を贔屓にしている。彼女が陸上弱小県、青森出身ということもある。青森…

大阪国際女子マラソンでは好タイムで優勝

故障で函館ハーフ欠場 リオ代表福士加代子に吹く“逆風”

リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)が右足故障のため、出場を予定していた26日の函館マラソン(ハーフの部)への欠場が決まった。福士は今月中旬まで行った米国合宿からの帰国後、右足を検査。第4中足骨故障のため、大事を取って出場を見送った。 所属先であるワコールの永山忠幸監督は疲労骨折の疑いを「折れていない」と否定した上で、「石橋をたたかせていただく。練習は続け…

名古屋でこのタイムが抜けるか

福士加代子「名古屋」強行出場で陸連への強烈“メッセージ”

リオ五輪の女子マラソン最終選考会の名古屋ウィメンズ(3月13日)に、1月の大阪国際で優勝した福士加代子(33)が一般参加でエントリーした。 福士は、大阪国際で日本陸連の設定タイム2時間22分30秒を上回る記録(2時間22分17秒)を出し、リオ五輪代表が確実視されているものの、名古屋で設定記録を複数選手がクリアすれば、福士は代表漏れする可能性もある。 陸連は全選考レ…

福士加代子は「代表内定」か?

福士加代子に「名古屋出るな」 日本陸連“異例要望”の本音

日本陸連の麻場一徳強化委員長は21日、1月の大阪国際女子マラソンに優勝した福士加代子(33)に、事実上のリオ五輪キップを出した。 福士は大阪国際で設定記録の2時間22分30秒を切ったが、代表選考は3月13日の名古屋ウィメンズが終わってから行われるため、陸連から「代表内定」が出ていない。名古屋で好記録を出した選手に、残る2枚の切符を持っていかれたらたまらない。所属チ…

大阪国際女子マラソンで優勝した福士に駆け寄る永山監督

五輪確定へ名古屋も走る福士加代子は陸連曖昧基準の犠牲者

福士加代子(33)は、先日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒の好タイムでぶっちぎり優勝。「これでリオ(五輪代表)決定だべ!」と満面の笑みを浮かべたのも束の間、あろうことか、最後の選考レースである1カ月半後の名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場するというのだ。 福士は先の大阪国際で陸連設定の派遣基準記録2時間22分30秒を突破。「22分30秒切…

リオ五輪を確実にした福士加代子

大阪国際Vでリオ確実も…福士加代子を待つ本番レースの壁

リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンは、トップでゴールした福士加代子(33)が、日本陸連が定める派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回る、日本歴代7位の2時間22分17秒で優勝。 「やったー、やっと取ったよ1等賞。これでリオ決定だべ!」と喜びを爆発させた。 13年の同大会以来3年ぶり2度目のマラソン優勝で、リオ五輪代表の座を確実にした福士だ…

福士もズルズル後退

入賞も叶わず 女子マラソン惨敗で見えた“東京五輪の課題”

男子よりメダルの可能性があるといわれたリオ五輪の女子マラソンだが、トップから5分49秒も遅れた福士加代子(34)の14位がベスト。田中智美(28)は19位、伊藤舞(32)は46位に沈んだ。優勝はケニアのスムゴングで、タイムは2時間24分04秒。2位はバーレーンのキルワで2時間24分13秒、3位はエチオピアのディババで2時間24分30秒だった。 3大会ぶりのメダルを狙…

ロンドン五輪では79位に終わった重友梨佐

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

北京大会までは、各選手がホテルや一軒家を借りていましたが、リオはマラソンのスタート地点(カーニバル会場でもあるサンボドロモ)近くのホテルに(伊藤舞、福士加代子、田中智美の)3選手が一緒に泊まる。われわれはスタート(8月14日現地9時30分=日本時間同21時30分)を迎えるまで、選手がレースに集中できる環境を整えるだけです」(おわり) *注2回目のフルマラソンとなった…

福士加代子(左)と田中智美

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

あらゆる面で可能性という部分では期待しています」 *注1 さいたま国際(15年11月15日=2位吉田香織) 大阪国際女子(16年1月31日=1位福士加代子) 名古屋ウィメンズ(16年3月13日=2位田中智美) *注2 11年シカゴ3位 13年世界陸上モスクワ大会3位 14年ベルリン6位 15年シカゴ4位…

名古屋ウィメンズでは1秒差で2位に入った田中智美が代表に(後方は小原怜)

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

福士加代子が1月の大阪国際でクリアしたものの、「ハイレベルで無理な設定」という声も多かった。武冨氏に2時間22分30秒に設定した理由などを聞いた。 ――派遣設定記録の2時間22分30秒には、大きな意味があると言いましたね。 「そうです。シドニー大会以降の記録を見ると、五輪前にそのタイムを切っている代表選手はみんな入賞しているのです。00年シドニー金の高橋尚子と04年…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事