日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中村泰士特集

数々の名曲を手がけたヒットメーカー

中村泰士さんの酒流儀 「カッコよく飲む」が「うまい酒」


日本レコード大賞受賞曲のちあきなおみの「喝采」、細川たかしの「北酒場」の他、数々の名曲を手掛けたヒットメーカー、中村泰士さん(76)。ダンディーな洋酒党で知られるが、酒もめっぽう強い。 酒の原点といえば、神戸・三宮、北野坂のオーセンティックバーだね。実家のある奈良の高校を中退してロカビリーバンドで歌ってた僕は、まだ19歳だったにもかかわらず飲み歩くのが大好きで、毎晩のように出かけてた。 当時はシ…

美容用品関連会社の社長として活躍中/(C)日刊ゲンダイ

元モデルで歌手の星ますみさん 58歳で変わらぬ美貌の秘訣


92年、作詞・作曲家の中村泰士さんと結婚。「17歳の年の差婚」で話題になった。星さん、今どうしているのか。 「水戸までわざわざ来ていただき、申しわけありません」 JR水戸駅南口に近いホテルのラウンジで会った星さん、こういって名刺を差し出した。そこには「有限会社 ドット・エムズエム 代表取締役」の肩書と、本社が大阪府東大阪市内であることが記されている。 「当社は06年2月に創業し、加齢を止めたり、…

すっかり陽気なイメージが定着

作詞・作曲家の中村泰士さん 「嫌な性格」はうつ病が原因


鮮魚市場を盛り上げる福源商店の森蔭兄弟

戦後復興期のパワーが原動力 大阪の「昭和レトロ探訪」


昭和のヒット曲を生み出した作詞・作曲家、中村泰士氏が拠点を大阪に移し、道頓堀で定期ライブを開催している。 「昭和のメロディーを伝えるために、『道頓堀SUPER歌謡劇場』というライブを開いています。最近の音楽にはない心に響くメロディーは、一度聴いたら心に染みるはず」(中村泰士さん) 昭和のメロディーラインは懐かしく、聴いていてどこか安心する。入場料は2500円((問)同実行委員会[電話]090・…

/(C)日刊ゲンダイ

歌手で俳優の中条きよしは売れっ子になる前から「銀座通い」


音楽関係では中村泰士さんなどがそう。 泰士さんとは20年来の付き合いで、この春、そろそろ新曲をと思って電話を入れたら二つ返事で引き受けてくれた。歌は、もう若くはない男が思いを寄せていた女性と邂逅し、彼女の優しさに触れ心を開いていくという大人の歌で、タイトルは「今 寄り添える」。打ち合わせのとき、泰士さんの行きつけのスナックで一杯やったんですが、話がはずみ久しぶりに午前サマ。楽しかったですね。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事