日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内海哲也特集

お立ち台に上がった内海(左)と村田

4年16億円契約終了 G内海「帳尻合わせ」の気になる査定


9勝目(6敗)を挙げた内海哲也(34)のことだ。 昨季は2勝1敗、その前の14年は7勝9敗。13年に挙げた13勝(6敗)以来となる3年ぶりの2ケタ勝利の可能性が出てきた。お立ち台で「ここまできたら何が何でも10勝という気持ちで投げる」と声を張ったが、今季はオープン戦で防御率10.32と精彩を欠き、ケガでもないのに開幕二軍。高橋新監督の船出に立ち会えず、初勝利は6月に入ってからだった。 復帰してか…

一回8安打6失点でKOされた内海

広島に弱くベイにボコボコ…G内海は“CS先発剥奪”決まり


巨人先発の内海哲也(34)が26日のDeNA戦で一回に6失点。無残なKO負けを食らった。初回だけで打者11人、6連打を含む単打8本を集中され、50球を投げさせられた。 登板間隔は中8日。前日の首位広島との直接対決は、中5日で田口が起用された。本来なら内海の順番を20歳左腕が追い抜いていった格好だ。内海は今季の広島戦0勝2敗、防御率11.05。確かに投げさせるのが怖いほど極端に悪い成績とはいえ、全…

お立ち台に上がる内海(左)とクルーズ

4億円“元エース”の逆襲 G内海7勝で菅野の勝ち星抜いた


巨人の内海哲也(34)が7回2失点で7勝目(3敗)を挙げた。 中10日で9日のDeNA戦に登板。「先週は投げる機会がなくてしっかり調整する時間があったので、負けたらいけないという気持ちでマウンドに上がった」と涼しい顔だ。同僚の菅野はリーグトップの防御率だが、現在6勝。元エースが現エースの勝ち星を抜いてチームトップタイである。 一軍昇格は5月半ば。雨が降るたびに登板が吹っ飛んだ。高橋監督の中ではそ…

08年北京五輪の4×100Mリレー優勝の後に「ライティング・ボルト」ポーズをするボルト

金メダル返還も潔いウサイン・ボルト


巨人の内海哲也投手は児童養護施設の子どもたちへ毎年投球イニング数と同じ数のランドセルを寄贈し続けている。オリックスの伊藤光捕手は椎間板ヘルニアの手術を受け、壮絶なリハビリを経て実戦復帰した経験をもとに、NPO法人日本せきずい基金などに出場試合数、勝利数に応じた寄付を行っている。 アスリートの潔い社会貢献は数え上げたらきりがない。ええ話やのう! みんな人知れず身銭を切って社会にお返ししておるんだ。…

かつて「一番怖かったのは清原さん」と明かしていた

「清原初公判」の夜に復帰KO…巨人内海“暗黒時代”の記憶


巨人の内海哲也(34)が17日、山形でのDeNA戦に今季初登板初先発。六回途中まで113球を投げ、9安打3失点でKOされた。 その内海がかつて言っていたことがある。 「入団した頃、先輩はみんな怖かった。でも一番怖かったのは清原さん。四球とか出したらカツを入れられそうで……。最初の何年かは敵にも味方にもビビりながら投げていました」 この日、初公判を終えた清原被告は05年限りで巨人を退団したため、内…

内海は「楽しみたいと」語ったものの…

監督“温情”でベイ相手に 巨人・内海「背水の陣」初登板へ


今季初登板の内海哲也(34)である。オープン戦で防御率10点台と打ち込まれ、二軍で調整していた。二軍でも防御率は4点台。それでも先発陣が苦しく、高橋由伸監督(41)の希望もあってお呼びがかかった。しかし、前回登板予定だった11日の阪神戦(甲子園)に田口がスライド。先発が吹っ飛んでいた。 今季初登板が阪神戦の次カードのヤクルト戦ではなく、2カード後にズレ込んだのは、このベテランを菅野と共に投手陣…

今季初登板が雨で流れた内海

二軍コーチも歯切れ悪く 初登板先送りG内海“本当の状態”


もともと、11日は内海哲也(34)が先発予定だった。不振で開幕から二軍暮らしが続いた元エースの今季初登板は、次カード以降に吹っ飛んだ。「残念だけど天気には勝てない。まだ(試合で)1球も投げていないけど、練習もできてるし、(一軍は)やっぱりいい。仕切り直して頑張る」と話したものの、見通しは暗い。 オープン戦防御率10.32で開幕5日前に二軍落ち。二軍でも6試合で防御率4・28。成績は良くなくても…

めった打ちされうなだれる内海

“背信”の内海に「期待している」 巨人由伸監督の本音と建前


巨人の内海哲也(33)が16日のヤクルトとのオープン戦に先発。四回途中8失点と炎上し、「あんなに打たれて何もない」とうなだれた。 一回、いきなり川端、山田に連打を食らうと、雄平と坂口に適時打を許し2失点。三回には川端に右越えソロを浴びるなど2点を失い、四回にも先頭からの連打と押し出し四球が絡んで4失点。この回途中でKOとなった。 前回6日の阪神戦でも4回10安打6失点と大乱調。高橋由伸監督(40…

復活を期す内海だが…

G内海が炎上6失点…由伸監督の信頼グラリでローテ落ち危機


巨人の内海哲也(33)が炎上した。 6日、阪神との試合でオープン戦初先発。三回にゴメスの中前適時打で同点に追いつかれると、四回は先頭の狩野から6連打を浴びるなど5失点のメッタ打ち。4回10安打6失点でマウンドを降りた。 前回より直球の球速が130キロ台後半に上がったことで「(球威を)過信してしまった。コースを狙っていかないと。(次は)細かい制球を意識していきたい」と反省した内海はそれでも、「前回…

昨秋マンツーマン練習を行った尾花コーチと内海

ようやくブルペン入り…G内海“特別扱い”のタイムリミット


巨人の内海哲也(33)が25日、ジャイアンツ球場で初めてブルペンに入り、捕手を立たせて14球。「肩の痛みはなかった。キャッチボールの延長線上だけど、宮崎に行く前に1回投げておきたかった」と話した。 昨年は開幕前の3月に左前腕部炎症のため離脱。これが尾を引き、わずか5試合の登板で2勝1敗、防御率5.01に終わった。 昨秋に高橋由伸監督(40)が就任。期待する選手に「内海」と名前を挙げられた。その…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事