日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

牛タン特集

牛タンは「とろろ」との組み合わせがいい

低カロリーで精力増強 土用の丑は「鰻より牛タン定食」の理由

スタミナをつけるなら、今や高根の花になった「うなぎ」よりも「牛タン定食」がお勧めだ。 「『今日は疲れたな』『体がだるいな』というときこそ、牛タンをお勧めします」 こう言うのは「食べるだけで、若くキレイになる方法」の著者でバランス料理研究家の小針衣里加氏だ。 「とにかく、定食の組み合わせがいい。まず『牛タン』は、コレステロールを含まない良質なタンパク質が豊富で、低カロ…

分厚いのにとろけるような柔らかさ

蒸し牛タン(教える人:山西和文さん「銀座 朱雀」)

焼き肉屋に行くとほとんどの人が「とりあえず」と頼む牛タンはもちろんおいしいが、もっと分厚く切って食べたいのが本音。 「だったら塊のまま蒸して、好みの厚さに切って食べるのがいちばん」と、厚さ3センチはあろうかという迫力の牛タンがドドーン。箸を入れるとほろりと切れる軟らかさ。噛みしめるとジュワーッと肉汁とうま味が口の中にあふれ出す。見てびっくり、食べてびっくりの迫力だ。…

(C)日刊ゲンダイ

ダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広のお気に入り!「牛タン圭助」の絶品モツ鍋

お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」のリーダー、肥後克広(51)が通うのは、四谷にある居酒屋「牛タン圭助 四谷三丁目店」。場所は地下鉄四谷三丁目駅を出てすぐの大通り沿い。都内を中心に店舗展開している牛タン料理の店で、シンプルな炭火焼きのほか、ゆでタン、空揚げ、タンシチュー等々、さまざまな牛タンメニューを堪能できる。 なかでも一番の名物は厚切りの牛タンを炭火で焼き上げる「本…

男性スタッフの顔よりデカい!

大人が満足 厳選「変わり鍋」

【牛タン工房 鎌倉ハム 荻窪店】野郎肉鍋 標高25センチの肉タワーに拍手喝采

牛タンと鎌倉ハムがメーンの居酒屋「牛タン工房 鎌倉ハム 荻窪店」での人気メニューが、「野郎肉鍋」(1人前999円、2人前~)。四角い鉄鍋にそびえ立つのは、高さ25センチほどの肉のタワー。肉好きなら喉が鳴るだろう。 ビクともしない肉柱にするため、まずシャキシャキの水菜で芯を作る。そこにたっぷりのモヤシで固めたところを肉のカーテンでぐるぐる巻きにガードする。その肉は、2…

「MEAT LAB」の「春限定 桜コース」

縦にカットした牛タンしゃぶしゃぶは絶対にオトク~

メーンの「熟成牛タン」と「熟成上モモ」(豚)のしゃぶしゃぶは、牛タンにちゅーもーく。珍しい! スライサーで縦にカットしとるから、1枚で舌先から上タンまで食べられるから絶対お得やん。高価な部位まで一度に食べれるんやで。豚も熟成してるから余分な脂がない。いくら食べても太らへん気がするわ。私はおろしポン酢派や。ゆず七味のピリ辛がしみる~。 鍋はアサリと牛すじのダシで、締め…

ちはるママは「フラメンコが得意」

怪しさ120% 東京ディープ酒場

まるで昭和映画のセット 立川で見つけた穴場スナック

ラブホが乱立するエリアのど真ん中に、まるで昭和映画のセットみたいな屋台村が! お手頃な牛タン屋や串焼き屋が10軒ほどあるかしら。 路地には板塀や看板など、子供のころに見た懐かし~い光景が施され、心がじんわりしちゃう。小粋なバーに立ち寄り、ウイスキーの水割りでしばしホロ苦い青春を思い出しちゃった。年明けの同窓会の後、元カレと来ようかしら。ラブホも近くだしね。 バーのマ…

どことなく態度にトゲがあった小池知事

キムタク嫌い? 小池都知事の厳しい態度に視聴者ざわつく

ラーメンと付け合わせの1品というテーマで、木村・草なぎペアは「比内地鶏のフカヒレラーメン」と「羽根付き餃子」、稲垣・香取ペアは「鶏ガラ塩ラーメン」に「松茸と牛タンの炒め物」を添えて、小池知事に振る舞った。 注目を集めたのは、木村・草なぎペアの料理の試食中でのこと。木村が調理を担当したラーメンが運ばれると、小池知事は「うまくできてる」としつつ、「食品サンプルみたい」と…

菊地絵理香

菊地絵理香(27歳・ツアー2勝)

好きな食べ物はラーメン、牛タン。…

市川染五郎が長年ひいきにしているシチュー専門店「銀之塔」

突き出しの煮物や漬物もすべて自家製で、若い方からお年寄りの方まで幅広くお召し上がりいただいています」(スタッフ) 人気メニューは牛肉と牛タン、野菜が入った「ミックスシチュー」(2600円)。最後まで冷めないように、土鍋で供するのもこの店のスタイルだ。 シチューはぐつぐつと煮立った状態で登場。デミグラスソースはなんともまろやかで、ギュ~ッと凝縮された素材のうま味が一気…

うつむく先輩の後ろで落ち込んだ表情の清宮

U-18W杯V逸も…先輩たちが語る清宮「グラウンド外の素顔」

清宮は、舩曳(天理=3年)、上野(中京大中京=3年)、成田(秋田商=3年)、高橋純(県岐阜商=3年)と同じテーブルに座り、好物の牛タンをはじめ、黒毛和牛のハラミなど5、6人前をペロリと平らげたという。舩曳は「自分は関西人(兵庫出身)ですから、率先して肉を焼いてました。そういうのが好きなんですよ」と言いながら、その時の清宮の様子についてこう言った。 「最初はただ肉を食…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事