日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤賢一特集

ドラマ「若者たち2014」では大コケ/(C)日刊ゲンダイ

フジが妻夫木聡の主演映画を涙ぐましいほど猛宣伝するワケ


今年ブレークした俳優の滝藤賢一(38)が案内人をつとめる、「『バンクーバーの朝日』序章~映画の時代背景を名優・滝藤賢一が独演~」が16日から21日にかけて深夜に放送。ほかにも関連番組が放送されたが、フジは妻夫木に大きな“借り”があるため、絶対に映画をヒットさせたいという。 「7月に開局55周年記念ドラマ『若者たち2014』を妻夫木主演で放送。66年放送のオリジナル版を48年ぶりに現代版にリメーク…

多面性が魅力/(C)日刊ゲンダイ

老け顔一直線 「無表情」「険のある顔つき」に潜む怖い病気


大ヒットドラマ「半沢直樹」で主人公の同僚役を務めて注目を浴び、その後もテレビや映画に引っ張りダコの滝藤賢一(37)。人気の秘密は、さまざまに表情が変化する“顔芸”だ。 いつも心の内を他人に悟られないよう、努めて無表情を装う現代人にとって、くるくる変わる滝藤の表情は、健康的でエネルギッシュに感じられるのではないか。 実際、表情のない顔、険のある顔の中には病気が潜んでいる場合がある。 サラリーマンの…

小栗「BORDER」、沢尻「ファースト・クラス」は?/(C)日刊ゲンダイ

コスパは「花咲」が最強 今期話題ドラマの制作費はいくら?


制作費も当然安く、沢尻エリカが雑誌編集長に上り詰める「ファースト・クラス」(フジ系)は2500万円~、滝藤賢一がサラリーマンのオシャレにチャレンジする「俺のダンディズム」(テレビ東京系)は800万円~。「テレ東は他のキー局の3分の1」(制作関係者)という言葉がピタリとあてはまるが、このドラマを楽しみにしているサラリーマンは意外と多い。隠れたヒット作だ。…

Wヘッダー常連/(C)日刊ゲンダイ

香川に滝藤…ドラマ界に「掛け持ち規制」のブラックジョーク


たとえば2本掛け持ちしているのは「MOZU」「ルーズヴェルト・ゲーム」の香川照之(48)、「俺のダンディズム」「ロング・グッドバイ」の滝藤賢一(37)、「花咲舞が黙ってない」「MOZU」の生瀬勝久(53)、「ホワイト・ラボ」「軍師官兵衛」の谷原章介(41)、「BORDER」「ロング・グッドバイ」の古田新太(48)、「花咲舞が黙ってない」「ホワイト・ラボ」の大杉漣(62)、「MOZU」「花子とア…

半沢直樹を足がかりに

滝藤賢一初主演「俺のダンディズム」効果で高級品がバカ売れ


4児のパパになった俳優界のビッグダディこと滝藤賢一(37)の勢いが止まらない。 「半沢直樹」で主人公の同僚役を演じ、一気にブレーク。「最近は仕事のオファーが多すぎて、インタビュー取材は媒体を選んでいる状況」(出版関係者)ともなれば、堺雅人にも劣らぬ人気ぶりである。 現在レギュラー出演しているドラマは計3本。NHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」、小栗旬主演の「BORDER」(テレビ朝日系)に加え…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事