日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

水野真紀特集

「僕は幸せ者」と塚地さん

塚地武雅 辞めた自分を歓待してくれた古巣の会社に感謝


JCAを出て数年が経ち、ようやくテレビに出してもらえるようになって、毎日放送の「水野真紀の魔法のレストラン」という番組でたまたま、本当に偶然に、僕の勤めていた仏壇仏具メーカー「八木研」の近くを通りかかったことがあるんです。水野さんとレギュラーのTKOさんにそう言ったら、寄ってみようということになり、会社を訪ねたところ、アポなしというのに、歓待してくれました。 世知辛い世の中ですけど、僕のように…

沢口靖子(左)と前回グランプリの上白石萌音

沢口靖子、長澤まさみ…東宝シンデレラに見る時代の変化


沢口靖子に水野真紀、長澤まさみらを輩出した伝統のオーディションがこの夏5年ぶりに復活し、全国10都市で審査が行われている。 銀幕スターへの憧憬は今も昔も変わらない。ただ、「女の子たちに、以前のような『女優になりたい!』というこだわりはなくなってきたように感じます」と、オーディション実行委員の城充雄氏はこう言う。 「女優が雲の上の存在だった昔と違い、今はもっと身近で、女優だから清楚じゃなきゃならな…

ぶっちゃけトークもイケる口

IT企業社長と交際 体育会系女優・片瀬那奈の“男前伝説”


スラリと伸びた美脚で注目され、かつては水野真紀や松嶋菜々子を輩出したパナソニックのCM3代目「きれいなおねえさん」も務めた。 その後エイベックスから歌手デビューしたり、女優にも挑戦。周囲の期待に応え続けている。 「片瀬は大手広告代理店がまとめた『女優のギャラと実力ランキング』で、綾瀬はるか、菅野美穂に続く3位にランクイン。黒木メイサ、上野樹里、北川景子ら旬の人気女優よりも高い評価を得ていました」…

三上博史(右)だって遜色はないのに

人気爆発の「下町ロケット」 11年放送WOWOW版とどこが違う?


同じく役柄を比較すると、杉良太郎が田村亮、吉川晃司が渡部篤郎、木下ほうかが升毅、真矢ミキが水野真紀という具合。TBS版とキャスティングを比べても、遜色はありません」(ドラマウオッチャー) 同じ原作でも“認知度”がこれほど違うものなのか。コラムニストのペリー荻野氏はこういう。 「(TBS版「下町ロケット」は)“勧善懲悪”に徹してますよね。かつてヒットした『半沢直樹』と同じく主役は徹底的にいい人で、…

清水善三さんは錦織の活躍に期待

元「欽ちゃんバンド」清水善三さんは愛媛県でテニスコーチに


朗読は浅野温子さん、水野真紀さんといった著名女優にお願いし、幻想的なライティングと音楽で日本神話の幽玄世界を描出します。ボクはその運営と進行管理を担当してる。要するに裏方ですね」 全国各地での公演はすでに80回を超え、2年前の12月8日にはハワイ・ホノルルのハワイ劇場で開催した。 「古事記や日本書紀ゆかりの神社は全国にある。これからはこのプロジェクトがライフワークです」 新居浜市内に夫人と2人暮…

3代目「きれいなおねえさん」が…

体育会系で“電機好き” 片瀬那奈の知る人ぞ知る「男前伝説」


かつては水野真紀や松嶋菜々子を輩出したパナソニックの3代目「きれいなおねえさん」も務めた。そんな美人女優・片瀬那奈(33)が初主演となる連ドラ「オンナミチ」(NHKBSプレミアム)の会見(14日)で、容姿に似合わぬぶっちゃけトークを披露した。 「普段は誰よりもしゃべってうるさいくらいですが、今回は主演ということもあり、女優さんらしくしようとしましたが、2分も持ちませんでした」「これまでの役はバカ…

11年連続で表紙に/(C)日刊ゲンダイ

東宝カレンダー表紙“最多タイ” 長澤まさみが超える大女優


長い歴史の中でも3回以上の連続起用はたった5人――山口百恵(5年連続、以下同)、水野真紀(6年)、古手川祐子(7年)、そして沢口靖子(11年)だけなのだ。 「表紙だけでなく、1月に沢口靖子、12月は斉藤由貴といった重鎮を起用していることからも分かるように、カレンダーの配列は女優の格付けそのもの。カレンダーの順番が女優の確執を生んだという話は珍しくない。4、5年前から“長澤の表紙は今回で打ち止め”…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事