日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石原宏特集

左から時計回りに、平沢勝栄、石原宏高、足立康史の3議員

保育園落ちた騒動 ヤジ認めた平沢勝栄氏と疑惑2議員の釈明


当初から「あいつが怪しい」と名指しされているのが、自民党の平沢勝栄議員(70)、石原宏高議員(51)、おおさか維新の足立康史議員(50)の3人だ。 平沢議員はこれ以上逃げ切れないと観念し、10日にヤジを飛ばした犯人だと認めた。ただし、出演したテレビ番組で「これ本当に女性が書いたのか」「日本語として汚い」「もっとまっとうな方法で訴えてくれればよかった」と、匿名ブログを書いた母親に難癖をつけている。…

「記憶にない」では済まされない

豊洲移転だけではない “命乞いの老醜”石原慎太郎の大罪


そこは石原氏の三男・石原宏高衆院議員の選挙区です。息子の選挙対策のために銀行を使っていると懸念する声も上がっていました」(都庁関係者) ■石原都政の負の遺産は計り知れない 結局、融資が焦げ付き、新銀行東京はわずか3年で1016億円の累積赤字に転落。都は最初に出資した1000億円を失い、さらに400億円の追加出資をすることになった。08年のことだ。本来なら、言い出しっぺの石原のクビが飛んで当然の大…

伸晃大臣に献金、宏高氏(右)は客員教授

不正支出1億円「嘉悦学園」 憶測呼ぶ石原家との“蜜月関係”


弟の石原宏高衆院議員も関係は親密だ。落選し浪人中だった2010年に、嘉悦大学付属「産業文化観光総合研究所」の客員教授に就任している。 一体、両者はどのような関係なのか。伸晃氏、宏高氏双方の事務所に嘉悦学園について問い合わせたが、回答は得られなかった。石原ファミリーを知る永田町関係者はこう言う。 「『嘉悦学園』は、医療法人『徳洲会』と大手パチスロメーカー『ユニバーサルエンターテインメント』と並んで…

苦戦必至の西川農相、上川法相、望月環境相/(C)日刊ゲンダイ

野党協力着々 「閣僚」「大物」「お騒がせ」自民39人落選危機


鈴木俊一氏(61)、御法川信英氏(50)、石原宏高氏(50)、越智隆雄氏(50)、橋本岳氏(40)といった落選経験者は、地盤も固めきれていない。とくに民主党の蓮舫氏(46)が参院から鞍替え出馬するとみられている東京6区の越智氏は、当選の可能性はかなり低くなりそうだ。 「自民党が予想外に苦しい戦いを強いられそうなのは、野党の選挙協力が着々と進んでいることです。しかも、中央主導ではなく、地元組織が…

ギャンブルやアルコール依存症研究の第一人者/(C)日刊ゲンダイ

社会学者・滝口直子氏 「カジノで成長戦略は絵に描いた餅」


その後、旧・アルゼはフィリピンのカジノ進出をめぐる贈収賄疑惑がアメリカで浮上、日本でもユニバーサルエンターテインメントによる石原宏高衆院議員への選挙支援がメディアで報じられた後、あまり報じられなくなりましたが、丹治さんが再び表舞台に出てきて、石原都政時代と同じようにカジノ推進を訴えるようになった。注目しているのは、舛添都知事の対応です。先日の知事会見でカジノ構想に対し慎重な姿勢を表明しています。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事