日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤岡弘特集

藤岡弘、と握手を交わす丸川大臣

藤岡弘、と環境談義 丸川大臣“都知事選出馬”の可能性は?


20日、俳優の藤岡弘、(70)が環境省を訪問し、丸川珠代環境大臣(45)と対面。動画募集キャンペーン「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」のリーダーに就任した藤岡は「我々の未来にとって大事なことなので、多くの人に意識してもらえるように発信していきたい」と語った。 藤岡の起用理由について丸川大臣は「藤岡さんは、世界中を回っていらっしゃって、自然の中に身を置いて地球を体感しておられ…

藤岡弘

藤岡弘、 命懸けの決意込め芸名に「、」付けた俳優原点


1971年に「仮面ライダー」(TBS系)で人気になって以来、今も第一線で活躍を続ける藤岡弘、さん(70)。大河ドラマ「真田丸」では本多忠勝役を好演している。武道家でもあるそんな藤岡さんの俳優人生を支えるのは、米映画「SFソードキル」主演の体験だった――。 「仮面ライダー」に出演できたのは、私の人生にとって大きな出来事でした。それと、84年に米映画「SFソードキル」(公開は86年)で主演したことは…

吉田羊

吉田羊演じる“鬼嫁” 敵になった義理の父弟に「狼藉者!」


真田昌幸(草刈正雄)の嫡男・信幸(大泉洋)は、徳川家重臣・本多忠勝(藤岡弘、)の娘で家康の養女となった小松殿(吉田羊)を正室に迎える。もちろん、これは政略結婚。信幸は徳川方にガッチリ取り込まれたのだ。 慶長5(1600)年、関ケ原の戦い直前まで真田昌幸、信幸、信繁(堺雅人)父子は徳川方にいた。ところが下野犬伏宿(現在の栃木県佐野市)で石田三成からの密書を受け取り、父と信繁は豊臣方に、信幸は徳川方…

中央から右へ「Negicco」のKaede、Nao☆、Megu

AKB参入に複雑? 新潟ご当地アイドル「Negicco」の正念場


リーダーのNao☆(26)は「電気が地道な努力でできたように、自分たちも地道に活動していけたらなと思いました」と何とか挨拶をまとめたが、同席した藤岡弘、(69)の迫力と小学4年生とは思えない鈴木福(10)の落ち着きにタジタジ。アピール不足は否めなかった。 イベントでの発言は控えめに終わった「Negicco」が今、戦々恐々としているのが「AKB48」グループの新潟進出だろう。今年1月に「NGT48…

真田昌幸役の草刈正雄が紅白を占拠?

SMAP不出場に備え…NHK紅白が密かにかける“3つの保険”


真田昌幸役の草刈正雄や本多正信役の近藤正臣、大谷吉継役の片岡愛之助、石田三成役の山本耕史、本多忠勝役の藤岡弘、らを総動員させる案で、脚本の三谷幸喜がノリノリで台本を書いているとか。本番では、赤い鎧に身を包んだ武者ら500人余りがNHKホールを占拠する計画もある。 2つ目は、今月に「YouTube」を中心に大ヒットしたピコ太郎をシークレットゲストとして出演させること。 「全米ビルボードで77位に入…

高島礼子

高島&高畑出演ドラマ そもそも設定と内容に無理があった


部下の西田敏行や藤岡弘(当時)たちが犯人を追って東京の街を駆け回っていた。その栄光のタイトルを復活させた「女たちの……」だが、出演者の身内のリアル逮捕以前に、設定と内容には無理があった。 京都中央警察署に勤務する3人の女性が活躍するわけだが、高島礼子は総務課、宮崎美子が広報課、そして高畑淳子に至っては食堂のおばちゃんである。誰もまともな捜査などできないのだ。 高島は署内をうろうろし、のぞき見をし…

家康役の内野聖陽に責任はないが…

「真田丸」視聴率ブレーキ 史実と異なる“家康”に問題あり?


軍略についても本多正信(近藤正臣)と本多忠勝(藤岡弘、)という2人の重臣にまかせっきりで、家康自身はまるで「ボク、何にも知らないも~ん」のような態度。 ホントにそうだったのか。作家の加来耕三氏が言う。 「大河ドラマでは家康が再三爪を噛むシーンが出てきますが、あれは史実通りです。ただし実物の家康は“鳴くまで待とう”というより“殺してしまえ”というタイプで、2人の本多の意見に従っているように見える…

時代劇も恋愛コメディーもOK

遠藤憲一、寺島進、大杉漣…連ドラ熟年三羽ガラスの共通点


今クールのドラマはこの1本だが、なんと大杉は3月公開の映画「仮面ライダー1号」で、藤岡弘、が45年ぶりに演じる仮面ライダー(本郷猛)と闘う宿敵ショッカーの幹部・地獄大使を演じるという。09年にも演じた役だが、顔がはっきり露出された黒ずくめの怪人を64歳でやるかよ! って感心してしまう。中高年オタクにはたまらない話題の映画とはいえ、怪人もやっちゃうところが面白い。芸の幅広さはナンバーワンだ。 この…

ランドセルのCMでブレーク

人気子役エヴァちゃん “毒舌封印”のワケは母からの威圧?


7日、映画「サバイバー」のイベントに藤岡弘、(69)に抱っこされて登場した人気子役のエヴァちゃん(7)。エヴァと初対面の藤岡は「食べちゃいたいくらいカワイイねえ。このまま連れて帰りたい」とメロメロだった。 エヴァはカナダ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフ。母親は「大阪人」で、エヴァも関西弁を使いこなしている。ランドセルのCMでハーフ顔で関西弁を話す姿がブレークのきっかけになったが、ギャップは…

ケンカ腰でレコーディング/(C)日刊ゲンダイ

イヤイヤ上京、社長愛人と同居…前川清の破茶滅茶デビュー


そういえば、その奥さまに藤岡弘さんもお世話になっていて、たしか一度、紹介されたことがありました。彼もまだ新人で食い詰めていたみたいで。 知り合いのツテでひょんなことから渡辺プロ預かりに。その翌日からいきなりテレビ出演して「長崎は――」が大ヒット。さすがに“鳥フン”からは脱却しましたが、しばらくは収入もさほど増えなくて。恵比寿での共同生活は結局、1年くらいは続いたんじゃないですかねぇ。 ■先輩方に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事