日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

横田一氏特集

劇的な逆転勝利(万歳する米山氏=央)

巻頭特集

新潟県知事選 安倍内閣の原発政策と謀略に有権者が鉄槌

現地で新潟県知事選の取材を続けてきたジャーナリストの横田一氏が言う。 「二階幹事長は7日に行われた経団連との懇談会でも、『電力業界などオール日本で勝たせる』と言っていました。それで電力、建設、土地改良など企業・団体をフル稼働させたにもかかわらず、敗北を喫した。原発再稼働の是非が正面から問われ、争点そらしができない選挙で、野党と脱原発の民意が勝った画期的な選挙なので…

都民の期待を裏切るのか

都知事選もグダグダ 野党系分裂の元凶は民進党の都連会長

石田氏の会見を取材したジャーナリストの横田一氏は「それでも、野党共闘を促したという点で評価できる。(石田を推した)市民団体も石田さんも、分裂状態とはいえ先行している自民党に対し、足並みがバラバラの野党、とりわけ民進党にしびれを切らしたのでしょう」と指摘する。 まあ、しびれを切らすのも当然で、民進党は当初、元防衛副大臣の長島昭久衆院議員(54)で調整を進めていたと思…

豊洲新市場は11月7日に開場予定(左は森喜朗元首相)

東京五輪、築地移転、大地震…次の都知事を襲う“三重苦”

裏金疑惑などを含め、知事に求められる“調整力”は並大抵ではありません」(ジャーナリストの横田一氏) さらに、築地市場移転問題がのしかかる。豊洲の新市場の開場時期は11月7日と、もう半年も残されていないが、いまだに築地の仲卸業者の多くは移設反対、開場延期を訴えている。設計不備まで明らかになり、「新市場は設備の重量に耐えきれず、店舗の床が抜ける」「割り当てられた店舗が狭…

TPPがダメならカジノ

巻頭特集

恐らくこれも強行採決 カジノが成長戦略の目玉になるのか

延長国会のドサクサで通してしまえ、ということです」(ジャーナリスト・横田一氏) ■維新抱き込みの怪しい事情 安倍政権は、IRを成長戦略の「目玉」に位置付けている。刑法の賭博罪との兼ね合いで、民間賭博であるカジノ法案の設計が難しいと慎重だった谷垣前幹事長からIRに前向きな二階幹事長に代わったことも、推進派からすれば“絶好のチャンス”だ。 「ホテルやレストラン、国際会議…

国民の命よりも…(左は当選した米山隆一氏)

巻頭特集

国民の安全安心よりもゾンビ企業・東電の再建なのか

新潟県知事選の取材を続けてきたジャーナリストの横田一氏がこう言う。 「メディアは本質を捉えていない。柏崎刈羽原発で事故が起きれば、新潟だけの問題では済みません。関東にも被害が及ぶのです。東京都の小池知事の動向も大事でしょうが、それ以上に米山知事誕生の意味は重いのです」 「原発待った」を掲げる知事の当選は、7月の鹿児島県知事選で九州電力・川内原発の一時停止を公約に掲げ…

米山隆一候補は激戦を制するか?

巻頭特集

野党候補猛追 新潟県知事選次第でデタラメ政治も激変

現地で取材を続けるジャーナリストの横田一氏が言う。 「原発推進の官邸や東電にとって、柏崎刈羽原発の再稼働を認めない泉田知事の存在は目の上のタンコブでした。地元の自民党県議が官邸や党本部へ陳情に行くと、『知事を代えるのが先だ』などと難癖をつけられたそうです。そうした官邸の意向を受けて、県議会の反知事派が新潟日報に泉田批判記事を書かせたという話もある。官邸の意向に忠実に…

15日午前、登庁した舛添都知事

巻頭特集

ようやく辞表提出 “史上サイテー知事”が辞めた後を分析

そんな思惑だったのです」(ジャーナリスト・横田一氏) だから自公は何が何でも、次も自分たちの息のかかった都知事にしたい。そして、当選すれば新知事は自公に恩を着せられ、言われるがまま。五輪費用はどんどん膨らんでいくのだ。 「舛添知事に対する都民の不満は、公私混同問題だけでなく、期待に応えていないこともあるでしょう。『コンパクト五輪』のはずが、どんどんハードの費用が膨ら…

与党にやられっぱなし

巻頭特集

自民党はバラマキ放題 ボケナス野党「参院選」への不安

ずっと現地に入っていたジャーナリストの横田一氏はこう言った。 「野党共闘を民共合作だとして、徹底して共産党をネタにしたネガティブキャンペーンを展開していました。共産党の綱領を持ち出し、“危ない革命政党”が民進党と一緒に政権奪取を狙っている、というチラシを配ったり、〈共産党政権を巡る主な大量死事件一覧〉なんて怪文書も出回っていました。それでなくても、和田義明候補の事務…

全容を知る甘利前担当大臣(左)は辞任

巻頭特集

恐るべき政治の劣化 亡国TPPに群がる“卑しい面々”

何の材料も出さず、まともに答えないまま数の力で決めてしまおうなんて、あまりに横暴で、野党が審議を拒否するのは当たり前です」(ジャーナリストの横田一氏) ところが自民党の高村副総裁は、8日の特別委で民進党が途中退席したことを猛批判。「選挙向けのパフォーマンス」と八つ当たりしていた。安保法制審議以降、高村の妄言は尽きない。耄碌したのか知らないが、選挙のためならTPPでも…

「戦争法廃止・安倍政権の暴走許さない! 3.19総がかり日比谷大集会」

巻頭特集

危機をデッチ上げた安保法制より原発テロ対策が急務だ

テロリストに狙われたら、一発でやられてしまう」(ジャーナリストの横田一氏) 安倍政権が本当に日本国民の生命、財産を守りたいのであれば、最優先で取り組むべきは原発テロ対策であって、そのコストと困難さを考えれば、原発は止めたままにしておくべきだ。戦争法案よりもこっちの方がよっぽど重要なのである。 ■「何もしていない」日本の原発のテロ対策 実際、日本の原発のテロ対応を見て…

甘えの構造(事故当時の東電経営陣)

巻頭特集

値下げ競争の裏に原発再稼働 電力自由化に騙されるな

経産省と電力会社の間で、電力自由化を導入する代わりに、原発再稼働を強力に進めるという密約があったともいわれています」(ジャーナリスト・横田一氏) ■「安全神話」が完全復活 怪しい謀議を裏付けるかのように、原発再稼働は着々と進んでいる。 すでに九州電力・川内原発の2基と関西電力・高浜原発3、4号機が再稼働開始。四国電力・伊方原発3号機も原子力規制委員会の審査に「合格」…

不都合な事実は無視

巻頭特集

福島原発の惨状でわかった“犯罪”蔓延国家の実態

原発問題に詳しいジャーナリストの横田一氏が言う。 「事故以来、東電は想定外の津波で電源喪失したことがシビアアクシデントにつながったと説明してきましたが、それ以前に、設計上の問題があったわけです。 同様のシール材は、再稼働に向けた審査を申請済みの柏崎刈羽原発をはじめ、全国の原発で使用されている。そこに抜本的な対策を講じる前に、見切り発車で再稼働を推し進め、海外にも輸…

豪雨災害の対応では梅津氏(右)に軍配か

市長選に大異変 「山形ショック」で安倍政権は終わりの始まり

現地で取材を続けているジャーナリストの横田一氏がこう言う。 「佐藤陣営は安保法案に全く触れず、議論を避けるのに必死です。11日金曜に石破大臣が応援に入りましたが、演説ではひと言も触れず、記者に『安保法案の影響は?』と聞かれると、『市長選とは関係ない』と答えるのが精いっぱいでした。しかし、自民党支持者だって安保法案への関心は高いわけで、地元の自民党県議のひとりは、『…

地元の選挙に遠藤五輪相も必死(左)吉村知事が梅津氏を全面支援(右)

山形市長選告示 自公敗北なら安保法案がフッ飛ぶ大激震に

現地で取材しているジャーナリストの横田一氏がこう言う。 「3000人という人数は、国政選挙を含め山形市内で行われた出陣式で過去最高だそうです。山形市は『平和都市』を宣言している。梅津さんは『山形から安倍首相の暴走を止める』と安保法案を争点に打ち出し、国連の軍縮会議を誘致する政策を掲げています」 自公推薦の佐藤候補はとにかく安保法案を避ける戦略。第一声でも安保には一切…

問題の会合で発言する百田尚樹氏(左)

木原氏更迭では済まない 安倍政権は「勉強会発言」が命取りに

こんなムードがあったのは間違いないと思います」(ジャーナリストの横田一氏) ■言論弾圧政党の正体暴露 実際、安倍自民党と官邸はメディアコントロールと言論機関への“圧力”に血道を上げている。「報道ステーション」で古賀茂明氏が官邸からの圧力を暴露し、菅官房長官は否定していたが、やっぱり圧力はあったわけで、だから、若手からこういう発言が出る。 「安倍首相自らがジャーナリス…

翁長沖縄県知事

翁長沖縄県知事「訪米」の成否を左右する“女性弁護士”とは?

ワシントンに幅広い人脈を持ち、今度の知事訪米も猿田さんの知恵と人脈が役立っていることは間違いありません」(ジャーナリスト・横田一氏) その猿田氏については、ある週刊誌が中国との深い関係を示唆、猿田氏は別の週刊誌で「事実と違います、びっくりしちゃいました」とコメントしていた。今や時の人でもある。 翁長知事はワシントンでは国務省や国防総省の次官補、次官補代理クラスとの会…

谷垣自民党幹事長も佐賀入り/(C)日刊ゲンダイ

知事選3連敗か 安倍自民が推す“佐賀の橋下徹”の嫌われ方

とんだおごりであり、勘違いです」(現地で取材をしているジャーナリストの横田一氏) ■“敵”をブログで徹底攻撃 地元の多くの首長や県議、農協、有明海漁協などは山口氏の支援を表明。山口氏は「中央対地方の戦いだ」と訴えている。自民党は青ざめているが、もうひとつ、樋渡氏が苦戦している理由がある。「佐賀の橋下徹」と呼ばれるほど、攻撃的で、敵が多すぎるのである。 「敵と味方を峻…

カチャーシーで祝う赤嶺政賢氏の事務所/(C)日刊ゲンダイ

沖縄で全敗した自民党 辺野古移設を強行すれば“血の雨”も

1~4区のすべてで共産党を含めたオール野党体制を敷き、自民との対決構図を作り上げた結果の勝利です」(ジャーナリスト・横田一氏) 前回の衆院選後、沖縄選出の自民党議員は“辺野古移設反対”の公約をほごにして寝返った。今回、沖縄県民は「それを絶対に許さない」という強い意思表示をしたのだ。 ■名護市長選、沖縄県知事選に続く3連敗 自民はこの1年で、名護市長選、県知事選、衆院…

今も堂々と(本人のフェイスブックから)

TPPで逆風…“徳洲会出直し”で浮上 自民の選挙違反疑惑

A1サイズの大きさで非常に目立ち、かなり威圧感を与えます」(現地を取材中のジャーナリスト・横田一氏) 公職選挙法は145条で、選挙期間中に国や地方が管理する「公共物」へのポスター掲示を禁じている。違反すれば1年以下の禁錮、または30万円以下の罰金を科せられる。金子陣営の行為は法に抵触する恐れがあるのだが…。 「他陣営がポスターの撤去を申し入れても、金子陣営は意に介さ…

トランプに取り入り、組織を抱き込む

巻頭特集

どさくさ議員立法に拙速審議 誰が得をする、カジノ法案

ジャーナリストの横田一氏がこう言う。 「安倍政権が大阪万博推進を後押しする。これに対し、維新は憲法改正に賛成する。そんなバーター条件になっているともっぱらです。地域政党が軸の維新は地元(大阪)に見返りがあれば、国政はどうでもいいという発想。そして、自民と維新が接近すればするほど、自民と連立を組む公明への牽制になる。昨年の安保法制審議の真っただ中にも4者会談が行われ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事