日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

増田寛也特集

都民に即刻明らかにすべき

増田寛也氏 社外取締役だった「東京電力」との本当の関係

自民党推薦で都知事選に出馬した増田寛也元総務相(64)。さっそく「赤坂二億円豪邸は大臣規範違反?」(週刊文春)と、スキャンダルを報じられている。「大臣等規範」は、在職中の不動産取引の自粛を求めているが、増田総務相(当時)は、港区赤坂に2億円の超豪華マンションを購入していたというのだ。 自民党はクリーンな人物として擁立したようだが、ネット上には、増田氏の過去の悪行に関…

岩手県知事時代には借金を2倍にしてトンズラ

岩手に残した借金1.4兆円 自民が担ぐ増田寛也氏の“正体”

小池百合子元防衛相(63)の出馬表明で、動向が注視されるのが自民党都議団が都連に擁立を申し入れた増田寛也元総務相(64)だ。 4日、都内の特別区長会の有志による出馬要請に対し、「これまでの実務能力で都政の役に立てるか慎重に考えないと」なんて神妙な面持ちで答えていたが、ホンネは意欲マンマンだろう。旧建設省の官僚出身で、岩手県知事の経験もあることから、「地方自治に精通し…

矛盾だらけ

自民都議団に疑問噴出 なぜ“宿敵”の増田寛也氏を担ぐのか

増田寛也元総務相(64)を都知事に担ごうとしている自民党都議団に対して、疑問の声が噴出している。都議団にとって増田は“宿敵”だったはずだからだ。 ■「東京縮小化」を主張してきた増田氏 もともと岩手県知事だった増田は、「東京に金が集まりやすいような税体系は切り替えていかなければならない」と話すなど、東京をいかに小さくするかを主張してきた「東京縮小化論者」。あまり知られ…

NEWSを読み解く今週のキーワード

「都民ファースト」を掲げ、連日注目を集める東京都・小池知事の「劇場政治」に迫る。

都知事選で有力対抗馬だった増田寛也候補の失墜の裏側など読ませる例も多い。(ワニブックス 880円+税)…

打算と欺瞞(若狭候補の応援に駆け付けた安倍首相と小池都知事)

巻頭特集

補選でハッキリした本籍自民党 小池劇場幕引きの懸念

安倍首相は、都知事選では自民党が推薦した増田寛也氏の応援演説に立たなかったのに、今回は若狭氏の応援に駆けつけた。節操がないと言われようが、勝ち馬に乗ることを優先したのです。ただ、東京10区での勝利は、あくまで小池劇場の延長戦上にあり、若狭氏以外の候補者だったら勝てなかったかもしれない。決して自民党の力で勝ったわけではないのに、これでまた政権与党が『信任を得た』という…

汚れた魂胆

巻頭特集

有権者は唖然だ 小池百合子都知事と自民党の呉越同舟選挙

安倍首相も党推薦候補の増田寛也氏の応援には一度も足を運ばず、小池知事の就任早々、官邸で会談し『一本取られました』と笑って握手でした。その上、都連に歯向かった若狭候補の応援に駆けつけるのだから、“都連のドン”にすればハラワタが煮えくり返る思いのはずです」 双方ともに打算と欺瞞に満ちた薄汚い関係としか言いようがない。 「都民ファースト」「身を切る改革」……。次々に繰り出…

窮地に立たされた石原親子

“盛り土”弁明が命取り 石原ファミリーが政界から消える日

実際、都知事選で自民が推薦した増田寛也候補の得票率を衆院選挙区別にみると、伸晃大臣の8区(杉並区)は25.8%。都平均27.4%を下回り、票の掘り起こしは不発に終わった。 前回選挙での8区の旧民主・共産両候補の得票数を足せば伸晃大臣に約5000票差に迫り、野党系無所属の票を加えると、約1万2000票差で逆転する。民進党は既に新人の吉田晴美氏(44)を公認。写真の通…

福井謙二さん

この人に密着24時間

福井謙二さん テレビで広島戦を見ながらビールをグビッ!

8時からの「ニュース物申す!」は都知事選をテーマに、藤吉氏が3候補(小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎)の選挙戦を分析。「フクイの雑談」(7時24分~)や「グッモニ文化部 エンタメいまのうち」(8時25分~)などが人気コーナーだ。 ■番組終了後70通のメールをチェック 放送が終了すると、リスナーのメールをチェック。 「30分くらいで60~70通のメールを読みます。トチ…

左から、鳥越俊太郎、増田寛也、小池百合子の3氏

匿名放送作家「Z」 TVのトリセツ

番組編集で分かる 私が「鳥越サンはないな」と呟いた根拠

どの局も、揃って鳥越俊太郎、増田寛也、小池百合子の順番で映像を流していたからだ。 街頭インタビューであれ、グルメ特集であれ、視聴者の頭に残るのは一番最後。最後以外はほとんど残らないのである。そのため、どんな特集も一番最後にその最も伝えたいところ、PRしたい要素をぶち込むのはテレビマンなら誰もが知っているし、やっている。 たとえば街頭インタビューで、スキャンダルの渦中…

None

同時進行!! ウイークリー馬券小説 止まり木ブルース

先週は18万買って9万戻りの取りガミ興行。レパードSもまた堅そうで、3連複2点か3連単12点かで迷った結果……

「当たる馬券は配当がつかねえナァ……」 の健坊に、 「兄貴……ネロとベルカントにプリンセスムーンの3頭立ての競馬だとずうっと言ってたじゃないッスか……3連複の1点勝負で18万ぶち込めば、480円ついてたから86万4000円になったのに……」 何やら掛け算してたサブが舌打ちまじりに言うと、 「終わってからなら、なんとでも言えるわい……都知事選なら、①着小池百合子、②…

None

同時進行!! ウイークリー馬券小説 止まり木ブルース

あの健坊がお金を貸すことがある!? いや、2月の東京新聞杯で取り損なった分を返してもらうだけだそうだが……

大西が増田寛也に4万円。 単騎の留公か大西が勝てば8万円の儲け。 健坊たちが勝つと2万6000円ずつで2000円余る計算だ。 「蓮舫が3連休の間に鳥越の応援に駆けつけたらしいが……民進党や共産党の女性議員の応援じゃ“華”がねえ……」 ムード的に小池百合子が1馬身ほど先行してるって感じているのか、小さな賭けだがヤキモキしてる健坊。 「しかも、鳥越は週刊文春に女性がら…

魔法使いサリーちゃんのコスプレ

参院選では29万票も 都知事選を左右する“オタク票”の行方

接戦になれば、オタク票は無視できないというわけです」(永田町関係者) 問題は元防衛相の小池百合子氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、元総務相の増田寛也氏――有力3候補の誰にオタク票が流れるかだ。 小池氏はそれを狙ってか、選挙サンデーの17日に秋葉原駅前で“東京アニメランド計画”をブチ上げたり、自身のツイッターにコスプレ姿をアップ。〈魔法使いユリーを都知事に!〉〈東京都…

ミルクボトルを手に自慢話

“改革派”自任の小池百合子氏 豊洲で移転問題に一切触れず

ちなみに、自公が推す増田寛也候補は予定通り移転推進だろう。一方、「移転中断」を公約にしていた弁護士の宇都宮健児氏の政策を引き継いだ鳥越俊太郎候補は、「ゼロベースで考えていきたい」と見直しの立場だ。 (取材協力=ジャーナリスト・横田一氏)…

増田氏(左)と鳥越氏(右)

増田氏は今井絵理子を動員 都知事選“候補者たちの選挙戦”

小池百合子元防衛相(64)、増田寛也元総務相(64)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の主要3候補の遊説は三者三様だったが、結局は“有名人”頼みだ。先頭を走るのは先出しジャンケンの小池氏。逃げ切るのか。 ■序盤リードの小池氏 序盤の世論調査では小池氏と鳥越氏が競り合い、増田氏が追う展開だ。共同通信社の情勢分析によると、保守分裂の片方の小池氏は自民党支持層の3割強…

都知事選候補者の街頭演説を聞く有権者

金子勝の「天下の逆襲」

都知事選 有権者は“困りごと”を候補者にぶつければいい

自民党が担いだ増田寛也は、岩手県知事を3期務めた実績を売り物にしているが、建設官僚出身の彼は、箱モノ公共事業を乱発し、任期中に県の負債を2倍の1兆4000億円に膨らませた人である。東京五輪が行われる東京で同じことをやられたら恐ろしいことになる。 しかも、東京電力を支援する原子力損害賠償支援機構の運営委員をした後、東京電力の社外取締役に就任。行政と業界を行き来する姿…

安倍政権にブレーキをかけられるか

巻頭特集

都民にもう一度改憲を潰す好機 鳥越氏が勝てば内閣に衝撃

だからだろう、鳥越が参院選と同じ枠組みの野党統一候補として出馬することが決まった直後、増田寛也候補(64)を推す自民党は大慌てで世論調査を実施している。1日限りでサンプル数の少ない簡易的な調査らしいが、その結果が14日の告示日あたりから永田町周辺で出回っていて、「1位鳥越、2位増田、3位小池。それぞれの差は10ポイント以内」という。これを聞いた自民党幹部は、「まだ…

None

同時進行!! ウイークリー馬券小説 止まり木ブルース

高配当に魅せられ、わかっちゃいるけどやめられない3連単勝負。函館記念の軸はレッドだが、果たして相手は……

それで賭けをしようって……2万ずつの出しで、自分が小池百合子、大西が増田寛也、サブちゃんと赤シャツ君の連合が鳥越俊太郎てことで……」 留公の説明に身を乗り出した健坊。 「2万ずつか……4万にしねえか……俺ァ、サブと赤シャツと同じで鳥越俊太郎じゃねえかと睨んでるんで、4万円を3人で分けてもつまらんから……」 で健坊もサブと赤シャツに乗って2万円出したあと、 「選挙の中…

None

怒怒哀楽劇場

オバマ大統領は映画の原爆使用を禁止してくれ

参議院議員になった元SPEEDの今井絵理子も、東京都知事選に立候補中の小池百合子も増田寛也も知らないはずだ。7月16日は太平洋戦争末期の1945年、米国ニューメキシコ州で人類が初めて原爆実験をしでかした日だ。「神は世界を創造した」と言っておきながら、人は世界を滅ぼす死神を自ら作ってしまった。 製造計画の主導者で物理学者のオッペンハイマー博士は、その悪夢のような光景を…

テレビが密着

公明党支持者が支援 小池百合子氏が展開する“ウラ組織戦”

公明党は自民党と一緒に増田寛也元総務相(64)を推薦している。なのに、公明党支持者が小池サポートに回っているのだ。 「小池さんは公明党の女性支持者に人気があるんです。第一声にもかなり足を運んでくれていた。中には〈自民党のやり方は許せない。周りにも小池さんを応援するようにお願いしている〉とハッキリ口にする年配の方もいました。厳しい締め付けがないようです」(選対関係者)…

都連会長の石原伸晃(右)と幹事長の内田氏

親族が応援でも除名…自民都連の通告文は憲法を完全無視

14日告示された都知事選(31日投開票)で、増田寛也元総務相(64)を擁立した自民党都連が、党決定以外の候補を応援した場合に「除名」をほのめかす文書を党員に配っていた問題。さすが「自由」も「民主主義」も理解していない安倍独裁政権である。 文書は11日付。都連会長の石原伸晃経済再生担当相、幹事長の内田茂都議らの連名で、「都知事選挙における党紀の保持について」と題し、〈…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事