日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

金城龍彦特集

古巣の広島が心配する大竹(右)も二軍調整中

FA移籍組軒並み苦戦の巨人 “実力主義”が大物獲りの障害に


2年目の片岡治大(32)と1年目の金城龍彦(38)は故障で離脱中。開幕二塁の片岡だが、昨オフに球団が同じポジションのグリエル獲得に乗り出したことでも、チーム内の立場がうかがえる。 1年目の相川亮二(38)は第一捕手でも加藤との併用。4年目の杉内俊哉(34)こそ先発ローテを守っているが、FA選手だろうが「実力至上主義」を貫く原監督の“鬼采配”は、未来の大物獲得に影響がありそうだ。 「西の球団のF…

金城は一軍練習に参加したが開幕二軍

西村が救援へ、FA金城開幕二軍…巨人は開幕直前も“迷走中”


この日、出場選手登録が公示され、FAで今季入団した金城龍彦(38)が開幕一軍メンバーから外れた。 「金城? 落としたわけではなくて、内野手に比重を置くということ。長いシーズン、支配下選手全員とは言わないけど、チーム力で戦うわけだから」と原監督。 とはいえ、一軍の外野手が余剰気味だったのは、昨季から分かっていたことだ。正捕手を小林と争う相川のFA補強はまだしも、層が厚い外野手の補強は、チーム内から…

宮崎入りを延期した坂本(右)と高橋由、井端、金城、相川(左上から時計回りに)/(C)日刊ゲンダイ

巨人開幕スタメン「アラフォー4人」も 坂本腰痛発症で現実味


調整が遅れるようなら、打撃コーチ兼任の高橋由伸(39)やDeNAからFA加入した金城龍彦(38)がそろって開幕スタメンに名を連ねるかもしれない。あるチーム関係者がこう言う。 「もしそうなったら、ある意味で快挙。原監督は今季、『阿部(35)、村田(34)、杉内(34)、内海(32)に頼らないチームをつくる』として坂本や菅野(25)の年代まで主力を若返らせようとしている。それなのに、40歳手前の選手…

アラフォーが揃って入団会見/(C)日刊ゲンダイ

FA相川と金城が入団会見 巨人「特命アラフォーコーチ」増殖


8日、都内のホテルでヤクルト、DeNAからFAで巨人入りした相川亮二捕手(38)、金城龍彦外野手(38)が入団会見でのことだ。 こだわっていたヒゲをさっぱり剃り落として臨んだ相川は、「小林君などに負けない自信はある」と指揮官の言葉に呼応しつつ、「捕手として教えられることは教えたい」と話した。 FA補強とはいえ、“コーチ”が2人加わったという意味合いが強い。 原監督は「(高橋)由伸や井端のような役…

原監督は何を企んでいるのか/(C)日刊ゲンダイ

狙うはアラフォー2人…今オフも迷走する巨人の「FA補強」


CS4連敗でチームをつくり直すという原巨人が、国内FA権を持つヤクルト相川亮二捕手(38)とDeNA金城龍彦外野手(38)の獲得に乗り出すという。 相川は今季58試合の出場で打率・250、2本塁打、21打点。金城は90試合で打率・200、0本塁打、11打点。来年39歳になる両ベテランが再建の切り札になるとは考えにくい。巨人ナインも「無理してFAなんてやらなきゃいいのに……」とあきれ返っている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事