日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

玉木正之特集

アテネ五輪マラソン金の野口みずきはゴール直後に嘔吐

東京は8日連続猛暑日…2020年五輪「秋開催」不可能な裏事情


スポーツ評論家の玉木正之氏が言う。 「米国では9月にNFLが、10月にNBAが開幕。また、10月はメジャーリーグのワールドシリーズがあります。米国はそれらの中継と五輪が競合するのを防ぎたい。その意向をくみ取ってIOCは夏開催という条件を出しているのです。米国という大国のエゴといえます」 玉木氏も東京五輪の時期変更は無理と読んでいる。理由は招致活動の際の“ウソ”だ。 「招致委員会がIOCに出した文…

「彼らの奇蹟」玉木正之編


(新潮社 710円+税)…

チャチな2本のアーチに765億円(左・有識者会議が示した模型)

デタラメ「新国立」 総工費・アーチ代・修繕費で5千億円超も


スポーツ評論家の玉木正之氏が言う。 「深刻なのは新国立の設計図が未完成なことです。キールアーチだけでなく、建設物を載せる大きく平らな土台を造るのにいくら必要かの詳細な費用も分かっていません。総工費が増えれば大規模修繕費や維持費もかさむ。2520億円は始まりであって、これからまだまだ雪ダルマ式に膨れ上がる恐れがあります」 その尻をぬぐうのが国民であっていいわけがない。JSCと有識者会議、安倍政権…

奇策をひねり出した下村大臣だが…

新国立「命名権&寄付で200億円捻出」下村大臣案を識者が批判


“安倍政権は財源を捻出しようと努力している”というパフォーマンスです」 スポーツ評論家の玉木正之氏の意見も辛辣だ。 「当事者意識が少しでもあるなら、命名権とか寄付などの安直なプランは絶対に口にできないと思う。仮に10万円の寄付を1万人集めても10億円ですよ? 焼け石に水です。どうせ、いざとなれば税金にツケ回せばいいという考えなのでしょう」 ネーミングライツの販売計画の問題は“稼げない”だけではな…

森元首相と新国立競技場イメージ図

新国立競技場「開閉式屋根」先送り招いた森会長のズサン計画


なんだか太平洋戦争に似ています」(スポーツ評論家の玉木正之氏) 森喜朗の顔が東条英機に見えてくる。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事