日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山里亮太特集

「努力賞以外で勝とうなんて、この世界、無理ですよ、我々は」by 山里亮太(南海キャンディーズ)

「『山ちゃん以前』『山ちゃん以後』で、漫才のツッコミの歴史が分かれている」 南海キャンディーズの山里亮太(38)のツッコミフレーズは、芸人仲間にそう評価されている。しかも、本人は膨大な数のフレーズを常に準備しているという。それでも「努力は見切れちゃいけないけど、それぐらいしないと無理です。隙間なんてないんですから」と嘆いたうえで語った実感が、今週の言葉だ。 山里が最…

アツアツ!サクサクのハムカツも絶品

地元グルメに詳しい山里亮太が絶賛 船橋の中華料理店「大輦」のソースラーメン

メガネにオカッパ頭のユニークな風貌と、巧みなツッコミの話術で活躍する「南海キャンディーズ」の山里亮太(37)。千葉県出身で、とりわけ地元グルメに詳しい。バラエティー番組で紹介していたのは、船橋市の中華料理店「大輦」だ。 場所は船橋駅から5分ほど歩いた静かな路地裏。昭和42年の創業以来、地元客に親しまれてきた大衆中華料理店で、現在は2代目店主の斉藤由則さんが切り盛りし…

アンガールズ田中

「女なんて俺の敵なんだから! ねじ曲げたのは貴女たちですよ!」by 田中卓志

山里亮太には「あの人の書く長編コントって笑いもあり、泣けるし、ストーリー面白いとか、脚本書いたらすっごいのよ」(TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」13年8月22日)と大絶賛され、オードリー・若林には「あの人こそ映画撮ればいいのに」(ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」13年9月28日)と言わしめる。 「クソみたいな人生」を歩んできた田中…

明暗くっきり

ピース綾部は“都落ち”危機? 作家デビュー又吉と開く実力差

3月18日のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で東野幸治(47)や南海キャンディーズの山里亮太(37)から、東京の仕事が減っていることや、苦しまぎれに英会話の勉強をしていることを暴露された綾部。又吉を東京に残し、“都落ち”する日はそう遠くないかもしれない。…

聞き手の山里亮太とYOU

TV見るべきものは!!

攻めのEテレを象徴 「ねほりんぱほりん」のリアリティー

ゲストはブタに、聞き手のYOU(52)と山里亮太(39)はモグラに変身している。 たとえば「元薬物中毒者」は、20歳で覚醒剤に手を出し、薬を打ちながら子育てをしてきた29歳の女性。「クラブに行けば簡単に手に入るんですよお」と語り、「吸引はどうやって?」と聞けば、「あぶりですね」とハキハキ答える。笑っちゃうほど赤裸々な告白だ。 先週の「痴漢冤罪経験者」の話もびっくりだ…

東野幸治

「総理見てると、イラチだと思うんですよ」by東野幸治

存在しないの」(TBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」13年6月12日) その距離感があるからこそ人間の本質をエグることができる。有吉弘行がまだ猿岩石でアイドル的な人気があった頃、いち早く、彼の闇や毒を指摘したのも彼だった。その有吉に東野は「二軍のボス」とアダ名を付けられてこう切り返している。 「『二軍のボス』になってくると、こういう自由がきくねんや!」(フジテレビ「…

奇しくも杏と山里が同じ誕生日

双子パパに 東出昌大“子供と晩酌”願望「一緒に飲めたら」

友人を招いて酒を飲む機会もあるそうで、「結婚祝いに親友からもらったグラスで一日の疲れを癒やしています」と話したが、東出夫妻の「友人」といえば、「南海キャンディーズ」山里亮太(39)が有名だ。 親交を深めたきっかけはドラマ「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)の飲み会に、YOUに呼ばれて参加したことだった。その後も誕生日プレゼントをもらったり、自宅でBBQや杏の手料…

妻は自称・社長令嬢

東野幸治も詐称被害か 妻の“自称社長令嬢”はウソだった?

21日、スカパー!「NO.1歌姫決定戦~第1回夢のステージで歌えるコンテスト~」の生放送後、MCの東野幸治(48)、山里亮太(38)らが囲み取材に登場。約1年かけて視聴者からのWEB投票やプロの審査員など厳しいジャッジを経て歌姫の頂点を決める番組で、この日は3次審査の結果が発表された。 スタジオで結果を見届けた東野は「最初この仕事の話を聞いたとき、『ついに秋元(康)…

訂正するなら今のウチ

ショーンに便乗? 国分太一、藤原竜也も「経歴詐称」告白

さらに、18日、今度は南海キャンディーズの山里亮太が「事務所のプロフィルに『ジャズバーでセッション』なんて書いてあるけど、実はカラオケだったんです」とやり、20日にはダイアモンド ユカイ(54)も「ウィキペディアに専修大学卒業なんて書いてあるけど、実は中退です」とカミングアウトした。 なんでこう次から次に出てくるのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「明らかに便…

昨年の「キングオブコント」では番狂わせで優勝

ヘン声芸人界の新星 コロチキ・ナダルは“間合い”の使い手

主な著書に「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事