日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西川きよし特集

西川きよし

【西川きよしさんのケース】まずはPSA検査で治療のタイミング探る


前立腺がんであることを公表した西川きよしさん(69)は「薬での治療も考えましたが、病院の先生と相談し、今後のことを考えたら、早く除去する方がいいとのことだったので手術する決断をしました」と語っています。早期ということから、がんは転移せず、前立腺内にとどまっていて、根治を期待して手術を選択されたのでしょう。 ■悪化するまで最大10年 薬での治療は、ホルモン療法とみられます。1~3カ月に1回、男性ホ…

西川きよし&ヘレン夫妻

【西川きよしさんのケース】前立腺がん“治療しない”選択肢もある


タレントの西川きよしさん(69)が、前立腺がんの治療で休養すると報道されました。すでに入院し、手術を受けた後、経過を見て2月中旬に復帰するそうです。昨年末の定期健診で見つかったがんが早期だったことが短期間の休養で済む要因と思われます。 前立腺がんの患者数は昨年の推計で約9万8400人。大腸、肺、胃の3大がんより4万人ほど少ないものの、この30年で20倍に増加。昨年の罹患数予測では男性のがんのトッ…

政界への転身はキッパリ否定

不運のエド・はるみ 小池塾参加で狙う芸能界へのリベンジ


お笑い芸人から政治家へ転身した例としては、古くは元参院議員のコロムビア・トップ、青島幸男、西川きよし、元大阪府知事の横山ノック、前宮崎県知事の東国原英夫などがいるが、女芸人なら本邦初か。政界進出の野望は顔からにじみ出ているだけに、“小池劇場”に便乗してリベンジで「グゥ~」となるか。…

大崎洋社長(右端)と西川きよし 、木村祐一らも登場

映画祭に学校設立も 吉本興業“沖縄ぜんぶ”エンタメ計画


西川きよし(69)や沖縄出身の芸人・宮川たま子(35)らと登場すると、笑顔でレッドカーペットを練り歩いた。 大崎社長は20日に沖縄での「エンターテインメント人材育成」を目的とした学校法人の設立を正式に発表。18年までの開設を目指し、芸人やダンサーなどのパフォーマー育成だけでなく、大道具やADなどスタッフの育成にも力を入れるという。吉本が沖縄からエンタメ界を活性化させそうだ。…

故・岸川均さん(左)石橋凌

デビュー1年で挫折も「頑張れ」 石橋凌が継いだ恩人の遺志


縦ストライプのスーツを着て、パンチがかったパーマをかけ、漫才コンビ「横山やすし・西川きよし」のやすしさんみたいな風貌でした。当時は一切笑わず、チューニングやコーラスとかの音(ピッチ)に厳しい方で。チューリップや海援隊といった九州のたくさんのミュージシャンを、東京へと後押ししてくださった方なんです。 高卒後、自分のバンドはメンバーが就職したりして自然消滅。それでも、ビルの窓ふきとかデパートの配送…

駆け落ちエピソードを語る西川きよし&ヘレン夫妻

きよし夫妻トーク空振り オリラジ藤森の破局報道に「えー!」


29日、西川きよし(69)とヘレン(69)夫妻がフランス映画「エール!」の公開記念トークショーに登場した。 きよしが長女・かの子(41)がアメリカに留学する際、安全祈願のために禁煙したというエピソードを披露すると、ヘレンは「あんまり願掛けがきつかったのか、結婚後もすぐ戻ってきました」と、かの子が3年半で離婚したことをネタに。これにはきよしも「おまえ、アドリブが利くようになったな」と脱帽。 さらに…

オール阪神・巨人

「飲み行こか」ってつかまったら地獄やった


巨人 僕らがこの世界に入った頃、漫才のトップに立っていたのが横山やすし・西川きよし師匠です。もう劇場に来るだけで、うわっ! って思うくらい別格やったね。 阪神 おふたりが司会をしてた毎日放送の「モーレツ!!しごき教室」に出させてもらった縁で、きよし師匠からは「新年会やるから、家おいでや」という感じで、ようご馳走になりました。たまに若手を30人も40人も集めて食事会をしてくれたんですが、毎回テーブ…

火野正平

火野正平は“自然体”で 人選の善し悪しで決まる「散歩番組」


大阪では西川きよし、福岡では前川清も歩いている。 そんななか、徒歩ではなく自転車で全国を回り異彩を放っているのが俳優の火野正平。視聴者から寄せられた思い出の地を火野が自転車で訪ねる「にっぽん縦断こころ旅」(NHKBSプレミアム)も好評だ。 芸能界一の「プレーボーイ」といわれた男と健康的なサイクリング旅が結び付きにくい。芸能界に「プレーボーイ」と呼ばれた男は何人もいるが、火野を超える人はいないと思…

「橋下徹批評が的確すぎる」と話題に

西川のりおが語る「橋下氏は問題提起だけで解決していない」


在学中に西川きよしに入門。75年に上方よしおとコンビを結成。著書に政治家との対談集「橋下徹はなぜ大阪で独裁政治ができるのか?」など。週刊誌で政治コラム「西川のりおの橋下維新ウォッチング」の連載もしていた。…

たむらけんじと橋下大阪市長

「都構想勉強会」を開催 たむらけんじに透けて見えるスケベ心


簡単にいくかどうか」 とはいえ、横山ノックや西川きよしセンセイを輩出したお土地柄。“2万パーセント出ない”と言って出馬した橋下氏に倣うなら、たむけんの政界進出は“アリ”だろう。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事